イスラム教 キリスト教 対立 5

近年は2つの宗教の信徒同士の対話も増え、特に中東や極東では、慈善活動においても協力体制が敷かれている。, イスラームの芸術文化は、キリスト教の芸術文化に影響を受けたり与えたりしてきた。

城取良太(しろとり・りょうた) 遺した「慣行(スンニ)」や「教え」。 質問が全く挙がっていないという立場をとるか、質問されればムスリムについていくらかは言及するという立場をとるかが問題であった。 イエスは神の子と考えられており、そのあとの天啓は余分な異端だと考えている。 イスラームではイーサーは人間の預言者で、他の預言者同様、イスラエルの子らがただ一人の神を崇拝するように努めた人物である。 「イスラム国(is)」の宗派は何か? サウジアラビアとイランの国交断絶の背景にある宗派対立とは? 中東問題を理解する上で、 最低限必要な「イスラム教の宗派の違い」についてまとめてみました。 サウジアラビアとイランの国交断絶の背景にある宗派対立とは? 中東問題を理解する上で、

キリスト教徒は、聖霊とは神もしくは神のペルソナであり、ヨハネによる福音書に登場したパラクレートスであり、ペンテコステの日に降臨したと信じている[14][15]。, しかしイスラームでは通常、聖霊とは天使ジブリールのことだと思われていて[16]、パラクレートスとの関係は、ムハンマドの登場を預言するものであるとされる。, ムスリムは、天使ジブリール(ガブリエル)を通してクルアーンは神からムハンマドに啓示されたのだと信じている[18][19]。 信心深いムスリムは、さまざまな時と場所でムハンマドを思い浮かべるが、その偶像を決して崇拝しない[26]。, 一般的にキリスト教徒は、聖書の中にムハンマドについて記述した部分も暗示した部分も存在しないと信じている。 同じ部屋に住み、同じモスクで礼拝をしていました。

プライム会員なら最大2.5%ポイント還元されます。, イスラーム圏で絵画や彫刻が発達しなかったことにはこういう背景があります。イスラーム美術はアラベスク模様ともっぱらコーランを美しい書体で書き表すことが尊ばれたのです。. シリアではスンニ派は多数派ではあるにもかかわらず、 1963年の第2会期までには、この課題を含む議題提案が中東の司教から挙げられ始めていた。 キリスト教徒とムスリムは、イシュマエルを「アラブ民族の父」、イサクを「ヘブライ民族の父」と見なしている。 "The Smalcald Articles," in Concordia: The Lutheran Confessions. モリスコ シューラー • イフティラーフ この一冊で「聖書」がわかる!

①「異教徒」 近年ムスリムの多くは、ムハンマドを心に思い浮かべるのは誤りだと信じているが、必ずしもそれは真実ではなかった。

ワッハーブ運動

それゆえ、ムスリムが礼拝をおこなうモスクには、他宗教の寺院や聖堂とは異なり、内部には宗教シンボルや聖像など偶像になりうる可能性が存在するあらゆるものがない。ただ、広い空間に絨毯やござが敷き詰められているだけで、人びとはそこでカアバがあるメッカの方角(キブラ)をむいて祈る。モスクには、メッカの方角の壁にミフラーブと呼ばれるアーチ状のくぼみがあり、ムスリムはそれによってメッカの方向を知る。, 写本絵画などにおいては、預言者ムハンマドの顔には白布をかけて表現されることが多いが、これも偶像崇拝を禁止するイスラームの教義に由来している。, 「イスラーム」とは、唯一神アッラーへの絶対服従を意味しており、モーセ(ムーサー)やイエス(イーサー)も預言者として認めている。ただし、イエスもムハンマドもあくまで人間として考えており、それゆえ、イスラーム暦の元年はムハンマド生誕の年ではなく、西暦622年にメディナにウンマ(イスラーム共同体)ができたヒジュラの年を元年にしている。, イスラム教の聖典『クルアーン』(コーラン)には信徒間の平等が記されているとする意見があるが、少なくとも『クルアーン』には、「アッラーはもともと男と(女)の間には優劣をお付けになったのだし、金は男が出すのだから、この点で男の方が上に立つべきもの。だから、貞淑な女はひたすら従順に」と、男女不平等を明記する記述もある[8]。イスラーム社会では、他の宗教にみられるような聖職者・僧侶階級をもたない。宗教上の指導者を有するのみである。, 現実には、ウマイヤ朝では、シリア総督であったムアーウィヤは、シリア優先主義を採り、アラブ人、特にシリアに移住したアラブ人の優越主義が採られ、アラブ人ムスリムと改宗ムスリム(マワーリー)との税制・待遇面の格差は著しかった。対して、アッバース朝ではその反動から、シュウービーヤという思想が起こり、これはカバーイル(アラブ人)にシュウーブ(ペルシャなどの先進文化地域民)を対比させ、シュウーブの優越を主張したものであった。結果、アラブ人の特権は、廃止された。このように、果たして平等かどうかは、時代によって波がある[9]。また、インド圏のイスラム教徒の間には、アシュラーフ等とするカースト的な慣行が存在しており、平等ではない。, イスラームにおける天国(جنّة jannah) は、信教を貫いた者だけが死後に永生を得る所とされる。キリスト教と異なり、イスラム教の聖典『クルアーン』ではイスラームにおける天国の様子が具体的に綴られている。, また決して悪酔いすることのない酒や果物、肉などを好きなだけ楽しむことができるとされている。[注釈 9], 後述する「ジハード」に関しても、過激派組織が自爆テロの人員を募集する際にこのような天国の描写を用いている場合が少なくないとされ、問題となっている[10]。, しかし、これらの描写は比喩的なものに過ぎないという意見もある。また、処女とは間違いで、実際は白い果物という意味だという説もある。650年頃に編纂されたクルアーンの書かれた地域のアラビア語の方言と、現在使用されているアラビア語では、意味が違ってくることを理由としている。2005年にドイツのクリストフ・ルクサンブルクが、古代に書かれたクルアーンを古代アラブ・シリア語の語彙で解読すると、先述したように、意味が違ってくると主張している[11]。, クルアーン第7章46-47節に説かれており、天国と火獄を隔てる高い壁として存在する。その住人は、敬虔ではなかったため天国に入れないが、不義の者ではなかったため地獄にも行かず、快楽も苦痛もない中庸の生活を送る。, 火獄、すなわちイスラームにおける地獄(جهنم jahannam)は、不信仰者が永遠に責め苦を受ける所とされる。, クルアーン内でも多くの章で繰り返し説かれ、アッラーの印(啓示)を偽りであるとして拒否した者が落とされるという。住人は文字通り火で焼かれる上、ザックームや膿汁のような不浄物しか食べられない[注釈 10]。, このように地獄の内容が火責めであることから、イスラム世界では火刑を神のみに許される行為としており、人間が行うことは越権であると見做される傾向にある[13]。, ムスリムは、クルアーンのほかに、預言者ムハンマドの膨大な言行をまとめたハディース(伝承)に、クルアーンに次ぐ指針としての役割を与えている。その理由は、ムハンマドは神に選ばれた最高の預言者であるから、彼の言行のすべては当然に神の意志にかなっていると考えられるからである。また、ムスリムの実生活上の宗教や日常に関するさまざまな事柄を規定するために、クルアーンやハディースを集成してシャリーア(イスラーム法)がまとめられている。, これらは教典ではないが、教典を補ってムスリムの社会生活を律するものとされており、その範囲は個人の信条や日常生活のみならず、政治のあり方にまで及んでいる。信仰の共同体と政治的な国家が同一であったムハンマドの存命中の時代を理想として構築されたイスラーム社会の国家は、政教一元論に立っているのであり、ヨーロッパのキリスト教社会の経験から導き出された「政教分離」という概念は、そもそもイスラームに適合しないという意見が存在するのは、このためである。, ただし後述する様に、その遵守の度合いは極めて大きな差があり、トルコやインドネシアのような世俗主義国家も存在しているため、一概に政教分離が不可能であると決め付けることは出来ない。イスラムの特異性を過度に強調したステレオタイプ、もしくはキリスト教優越主義や欧州中心主義ではないかという批判もある。, ムスリムは少なくとも建前の上では、クルアーンやシャリーアの定めるところにより、日常生活においてイスラームの教えにとって望ましいとされる行為を課され、イスラームの教えにのっとった規制を遵守することになっている。教義の根幹として掲げられる五行はその代表的なものであるが、これらは社会に公正を実現し、ムスリム同士が相互に扶助し、生活において品行を保ち、欲望を抑制して、イスラームの教えにのっとってあるべき社会の秩序を実現させようとするものである。, 公正の実現と不正の否定は、伝統的なイスラームの社会生活において特に重要視されていたとされる。伝統的社会においては、個々人がシャリーアを遵守し、イスラーム的価値観にのっとった公正を実現すべきものとされた。公正は商取引の規制にまで及んでおり、シャリーアに適合しない商取引は不正とみなされる。, また、ザカート、サダカなどの喜捨の制度によって弱者を救済することは、現世の罪を浄化し、最後の審判の後によりよい来世を迎えるために望ましい行為とされ、イスラーム社会を支える相互扶助のシステムとなっている。社会的弱者に対する救済は、イスラームの教えにおいて広く見られ、一夫多妻制のシステムも、建前の上では母子家庭の救済策であったとされている。, 品行を保ち、人間の堕落を防ぐためとして、自由を制限する教えもみられる。保守派ムスリムが女性に対して、家族以外の男性に対して髪や顔を隠すよう求めていることはよく知られているが、これは性欲から女性を保護する目的が本旨であると保守的イスラムを擁護する論者は主張している。このためキリスト教同様、婚前交渉を禁ずる教派がほとんどだが、実際には国家や個人、世代によって戒律を遵守するか無視するかは多様である。, 酒は戒律上禁止されているとする教派が主流であるが、それは飲酒が理性を失わせる悪行であると考えられているからである。しかし、コーヒーやタバコのように、イスラム教の教義が確立後にイスラーム社会にもたらされた常習性や興奮作用のある嗜好品については、酒と類似のものとして規制する説も歴史的には見られたものの、今日では酒と異なって合法とみなされており、いずれもムスリムの愛好家は非常に多い。タバコについては身体に害のあるものは禁じられていると言う見地から「避けるべき」と考えるムスリムもいる。, 「清浄」に対する強い意識も特色であり、動物の死肉や血など不浄なものが体に付着したまま宗教的行為を行ってもそれは無効とみなされる。また、礼拝の際には、体の外気に触れている部分(手足、顔など)は必ず水か砂、石など自然のもので清めなければならないとされている。, 総合的に見ると、やはり中東地域(特にイラン、サウジアラビア)から離れるほど、一般的に律法としてのイスラームの教えは緩和されている。, イスラム教における信徒の共同体(ウンマ)は、すべてのムスリムが参加する水平で単一の組織からなっていると観念されることが多い。, 従って、キリスト教におけるように、宗教的に俗人から聖別され、教義や信仰をもっぱらにして生活し、共同体を教え導く権能を有する「聖職者」は建前の上では否定されており、これが他宗教に見られない特徴と主張する人間もいる。このことから「イスラムに『教皇』はいない」と言われることもあるが、歴史的にはカリフや、現代では大ムフティーなど教皇に近い立場の指導者は存在している。また、六信や五行に代表されるような信仰箇条や信仰行為の実践にあたって、ムスリムを教え導く職能をもった人々としてウラマー(イスラーム知識人)が存在するため、実質的には聖職者が存在するともいえる。宗教的ヒエラルキーには教派による違いも存在している。, ウラマーは、クルアーン学、ハディース学、イスラーム法学、神学など、イスラームの教えに関するさまざまな学問を修めた知識人を指すが、彼らは社会的な職業としてはイスラーム法学に基づく法廷の裁判官(カーディー)、モスク(礼拝堂)で集団礼拝を指導する導師(イマーム)、宗教的な意見(ファトワー)を発して人々にイスラームの教えに基づく社会生活の指針を示すムフティー、イスラームの諸知識を講じる学校の教師などに就き、ムスリムの信仰を導く役割を果たしている。ウラマーは信仰においてはあくまで他のムスリムと同列に置かれており、建前の上では聖職者ではない。そのためキリスト教や仏教などと違い社会的な特権(税金の免除など)はなく、妻帯禁止や禁欲など制限も存在しない。ただし、モスクを維持するために信者から集められるワクフが実質的にお布施のような物となり、モスクの管理者であるウラマーは信者からのワクフによる収入で暮らしていることも珍しくない。十分なワクフを集められない小規模組織では普段はほかの職業の就いていて週末のみウラマーとして働くこともある。ウラマーは実際上、他の宗教における聖職者と同様の役割を果たしているため、マスコミなどではしばしば「イスラム教の聖職者 (cleric)」と報道されている。イスラームの原則として内心のことを判断できるのはアッラーのみなので、建前上、ウラマーなどの権威は当人の信仰の確かさに基盤があるのではなく、クルアーン、ハディース、シャリーアなどについての知識によるものである。, 西暦610年頃に、ムハンマドはメッカ(「マッカ」とも言う)郊外で天使ジブリールより唯一神(アッラーフ)の啓示を受けたと主張し、アラビア半島でイスラーム教を始めた。当時、メッカは人口一万人ほどの街で、そのうちムハンマドの教えを信じた者は男女合わせて200人ほどに過ぎず、他の人々は彼の宗教を冷笑したが、妻のハデージャや親友のアブー・バクル、甥のアリー、遠縁のウスマーン達は彼を支えた。, しかし、メッカでの信者達は主にムハンマドの親族か下層民に限られており、619年に妻と、イスラム教徒にはならなかったが強力な擁護者であった叔父が他界すると、彼はメッカの中で後ろ盾を失い、批判は迫害へと変わった。そのため、彼は622年、成年男子七十名、他に女子供数十名をヤスリブ(のちのマディーナ(メディナ))に先に移住させ、自身も夜陰に紛れメッカを脱出し、拠点を移した。これをヒジュラ(聖遷)と言い、以後、彼らはメッカと対立した[14]。, マディーナでは、ムハンマドはウンマと呼ばれる共同体を作り、これは従来のアラビアの部族共同体とは性格を異にする宗教的繋がりであったが、同時に政治・商業的性格をも持っていた。しかし、全てが順調に進んだわけではなく、やがて現地のユダヤ人と対立し、それは後には戦闘を含む規模にまで激化し、そのためムハンマドは教義を一部変更し、当初はユダヤ教の習慣に倣って、イスラム教徒もエルサレムに向けて礼拝していたところを、対立たけなわの頃からメッカのカーバ神殿へと拝む方角を変えたりした。現在でも、世界中のイスラム教徒がメッカへの方角に拝礼するのは、この時に始まる。また、ハデージャの死後、やもめとなっていたムハンマドは、マディーナでアーイシャという後妻を娶るが、彼女はまだ9歳の少女であった[15]。以後、彼は8人の妻を娶る。アイーシャ以外の妻はハディージャも含めて全て未亡人であった。, また、ある時、ムハンマドはメッカの千頭ものラクダを連れた大規模な隊商を発見し、上述の70人とメディナで得た200人ほどの支援者と共にこれを襲おうとしたが、メッカ側も危機を察し、950名を派遣して、バドルで激突した(うちメッカ側300人は途中で引き返す)[16]。624年9月のことであり、ムハンマド側が勝利すると、これを記念して、以後、イスラム教徒はこの月になると、毎年断食をするようになった[17]。(後にヒジュラ暦が制定されると、この月はラマダーン月となった。今ではこの断食のことを、よくラマダーンと呼ぶ。), この後もメッカや近隣のユダヤ人との攻防勝敗を繰り返しながら、ムハンマドは周辺のアラブ人たちを次第に支配下に収め、630年ついにメッカを占領し、カーバ神殿にあったあらゆる偶像を破壊して、そこを聖地とした。なお、メッカを占領する頃になるとムハンマド達は一万人の軍を組織できるようになっていたが、このムハンマドを巡る抗争で弱り切ったメッカを背後から襲おうと、南ヒジャーズ地方の人々一万人が武装して、メッカ近郊に待機していた。メッカを手に入れると、直後にムハンマドはこれらを襲撃、大破したが、アラビア半島で万単位の軍が激突することは、数百年来なかった大事件であった。このため、ムハンマドの声望は瞬く間にアラビア中に広まり、以後、全アラビアの指導者たちがムハンマドの下に使節を送ってくるようになった。こうして、イスラム教はアラビア中に伝播した[18]。(ちょうど、東ローマ軍の侵攻で、近隣のササン朝ペルシア帝国が衰退していた時期でもあり、それもこうした動きに拍車をかけた[19]。), その翌々年にムハンマドはマディーナで死ぬが、マディーナの民は紆余曲折の末、イスラム教の後継者にアブー・バクルを選び、その地位をカリフと定めて、従った。しかし、アラビア中でそれを認めない指導者は続出し、中には自ら預言者と主張する者も現れ、まとまってマディーナを襲う準備を始めた。アブー・バクルたちから見ればとんでもない動きであり、以後征討戦が繰り広げられ、アブー・バクル側が勝利すると、カリフ制度はイスラム教の政治的中核として定まった。こうしたムハンマド死後の一連の後継者紛争を、イスラム側の史書では、リッダの戦い、と呼ぶ[20]。, ところで、イスラム教はこうして発足したが、結集した軍隊を解散してしまえば、軍隊を構成していた群衆は元の民に戻ってしまうため、イスラム教を存続させられるかさえ分からない有様であった。しかし、軍に給与を払うほどの財源はマディーナにはなく、そのため、軍隊を維持するには、敵とそこからの略奪品を求めて、常に戦い続けるしかなかったのである。こうして、常に常に新たな敵を求めて、以降も、イスラム教徒による征服戦争は続けられた[21]。, まずは、近隣の東ローマ領となっていたシリアに侵攻したが(633年)、当時東ローマとササン朝・ペルシアは上述の大戦争のため、共に疲弊しており、さらには、シリア住民は単性論者が多く、これはキリスト教では異端であり、迫害の対象であった。一方、やってきたイスラム教徒は住民に歓迎され、東ローマ軍は多少の抵抗をしたものの、十年もしないうちに降伏し、こうしてイスラム教徒はシリアとエジプトの肥沃な領土を手に入れた[22]。, ほぼ同時期に、サーサン朝に対しても事を起こす。この帝国は当時、戦争による疲弊に加えて、皇帝不在がその直前まで続いており、極度の混乱状態にあった。そのため、イスラム教のアラビア人による略奪と征服は、自然発生的に行われていたが、その略奪隊を組織するため、ハリードがイラクに派遣された。彼は複数の街を征服した後、シリア戦線に去ってしまい、残されたイスラム軍は統制を欠き、進軍は停滞し、各所で敗戦を重ね、サーサン朝が勝利するかに見えた。, しかし、アブー・バクルの後で2代目カリフとなったウマルは、新たに将軍を任命し、態勢を立て直し、636年、カーディシーヤで重装の騎兵や象兵を含むペルシア軍を撃破し、642年にはニハーヴァンドでペルシア皇帝自らが率いる親征軍を大破して、皇帝は数年後に部下に殺されて、こうしてペルシア地域も、イスラム教徒に下ったのであった[23]。 啓示はおよそ23年間かけて少しずつ行われ、西暦紀元609年12月22日に始まり[20]、西暦紀元632年ムハンマドの死により終わった[21][22][23]。, ムスリムは、クルアーンはムハンマドにもたらされたもっとも重要な奇跡であり、彼が預言者たる証しであり[24]、アーダムに始まりムハンマドに至るまでに示された、一連の神の啓示の頂点に当たると考えている。 4月16日、17日に行われた調整委員会の会議で、チコニャーニ枢機卿はムスリムについて話をする必要性を認めている[33]。, 第1会期の終了後、第2会期の開始までに、ヨハネ23世からパウロ6世へと教皇座が移った。 イバード派

多数派を占めるシーア派によってスンニ派は政治の中枢から キリスト教徒は、イエスはサンヘドリンとローマ帝国総督ポンティウス・ピーラートゥスのために磔刑に処せられた後で復活を果たしたと信じている。, イスラム教では、イーサーは最も重要な予言者の1人で、神ではなく人間だと教える。 ハンバル学派 ゴダールはニケタスの見解を次のように要約している。, さらにゴダールは、ニケタスの著作にはクルアーン、特にスーラ2-18に対する広範囲な知識が見られることに注目している。

世界最古の都市のひとつエルサレム。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3つの宗教の聖地として知られています。この記事では、聖地となった経緯と、この土地が抱える複雑な事情をわかりやすく解説。またおすすめの関連本も紹介していくので、ぜひご覧ください。, エルサレムは、紀元前30世紀頃に築かれたとされる世界最古の都市のひとつ。ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3つの宗教の聖地で、「オフェルの丘」と呼ばれる標高800メートルほどの小高い丘の上にあります。, 現在はイスラエルの統治下で、アラブ人居住区の東エルサレムと、ユダヤ人居住区の西エルサレムに分かれています。イスラエルはエルサレムを自国の首都と宣言していますが、国際連合をはじめとする国際社会はこれを認めていません。, さらにパレスチナ自治政府が東エルサレムを自国の首都と主張していて、エルサレムの帰属は「パレスチナ問題」の焦点のひとつとなっています。, 東エルサレムは、1948年に勃発した「第一次中東戦争」の際に、ヨルダンの支配下に置かれた地域のこと。1967年の「第三次中東戦争」にてイスラエルに占領・編入されました。3宗教の聖地である城壁に囲まれた「旧市街」も東エルサレムにあり、旧市街の近くには『聖書』などにも登場する「オリーブ山」があります。, 旧市街を囲む城壁は、オスマン帝国のスレイマン1世によって築かれたものです。内部は東西南北に分けられ、北東地区はイスラム教徒、北西はキリスト教徒、南西はアルメニア正教徒、南東はユダヤ教徒の居住区となっています。1981年には「エルサレムの旧市街とその城壁群」として世界遺産にも登録されました。, 一方の西エルサレムは、「新市街」とも呼ばれ、ヘブライ大学やイスラエル博物館、国会、各省庁などが建ち並ぶ近代的な都市です。, イスラエルはテロが頻発する危険地帯という印象があり、実際に日本の外務省が発表している危険情報でも、ガザ地区およびレバノン国境地帯は「レベル3:渡航中止勧告」、ヨルダン川西岸地区は「レベル2:不要不急の渡航は止めてください」となっています。, 一方でエルサレム地区に関しては「レベル1:十分注意してください」となっていて、特に警備が厳重な西エルサレムでは安全に観光を楽しむことができるでしょう。, ただ旧市街のイスラム教徒居住区への入り口であるダマスカス門周辺では、ユダヤ教徒とイスラム教徒の衝突などが頻繁に起こるので注意が必要です。, ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3つの宗教の聖地となっているエルサレム。それぞれどのような経緯や歴史があるのか解説していきます。, まずユダヤ教徒にとってエルサレムは、紀元前1000年頃にヘブライ王国の第2代国王ダビデによって都に定められました。第3代国王であるソロモンの時代に全盛期を迎え、「エルサレム神殿」が築かれています。, 紀元前930年頃にヘブライ王国が南北に分裂した後も、エルサレムはユダ王国の都として栄えました。しかし紀元前597年に新バビロニア王国にされ、紀元前586年にユダ王国が滅亡。この時にエルサレム神殿も破壊され、住民はバビロンへと連行されます。これが有名な「バビロン捕囚」です。, 紀元539年、新バビロニア王国がアケメネス朝ペルシアのキュロス2世によって滅ぼされると、捕らえられていた人々は解放され、紀元前515年にはエルサレム神殿も再建されました。これを「第二神殿」といいます。, アレクサンドロス帝国、セレウコス朝シリア、ハスモン朝などが統治した後、紀元前37年にはローマの属国としてヘロデ朝が興り、エルサレム神殿を改築。これを「ヘロデ神殿」といいます。, しかし66年にローマ帝国に反発したユダヤ人が蜂起し、「ユダヤ戦争」が勃発すると、エルサレムはローマ帝国軍に攻略され、エルサレム神殿も破壊されてしまいました。神殿の跡にはローマ神話の主神であるユピテルを祀る神殿が築かれ、都市名もエルサレムから「アエリア・カピトリナ」に変更されます。, ユダヤ教の聖地である「嘆きの壁」は、この時に破壊されたヘロデ神殿の外壁の一部です。全長490メートル、高さ32メートルにおよぶ巨大な壁で、2トンから8トンの巨石が地上28段、地下17段にわたって積み上げられています。, 地上7段目まではヘロデ大王時代のものとされ、8~11段目は7世紀にウマイヤ朝によって、12~25段目は1866年にイギリス人実業家のモーゼス・モンテフィオーレ卿によって、26~28段目は1967年にイスラム教の宗教指導者によって追加されました。, キリスト教徒にとってのエルサレムは、イエス・キリストが活動し、処刑され、復活を遂げた場所です。, 最初の大きな転機となったのは313年、ローマ皇帝のコンスタンティヌス1世が、全帝国市民に対して信仰の自由を認める「ミラノ勅令」を発布したこと。キリスト教が迫害の対象ではなくなります。320年、コンスタンティヌス1世の母である聖ヘレナが巡礼をし、当時「アエリア・カピトリナ」と改名されていた都市名が再びエルサレムになり、キリスト教の聖地とみなされるようになりました。, 325年、コンスタンティヌス1世によって、イエス・キリストが処刑されたとされるゴルゴタの丘に教会が建てられました。キリスト教徒の聖地である「聖墳墓教会」です。, 638年にイスラム教に支配されますが、1099年に十字軍によってエルサレム王国が成立。十字軍の指導者だったゴドフロワ・ド・ブイヨンが初代国王に選出されます。ただイエス・キリストが命を落とした場所で王を名乗るのは恐れ多いとして「聖墓の守護者」と名乗りました。, その後エルサレムは、十字軍とイスラム勢力による争いの的となり、1187年にはアイユーブ朝の創始者サラディンに占領されます。1918年にオスマン帝国が「第一次世界大戦」に敗れるまで、イスラム教の支配下に置かれました。, 現在の「聖墳墓教会」は、カトリック教会、アルメニア使徒教会、東方正教会、シリア正教会、コプト正教会による共同管理とされていますが、各宗派による争いを防止する目的から、エルサレムでもっとも古いイスラム教徒といわれるヌセイベ家など2つの一族が鍵を管理しています。, イスラム教にとってのエルサレムは、創始者のムハンマドが、メッカのカアバ神殿から神の御前まで旅をした途中に立ち寄った場所。この時ムハンマドは、大天使ガブリエルにともなわれ、エルサレム神殿の岩から天馬に乗って神の御前に向かったといわれています。, 東ローマ帝国の支配下にあったエルサレムがウマイヤ朝に征服された後、ムハンマドが天馬に乗ったとされる聖なる岩を囲むように「岩のドーム」が建てられました。この岩はもともと、預言者アブラハムが神のために息子のイサクを捧げようとした台だとされています。, ヘブライ王国のソロモン王がエルサレム神殿を建てたのも、そもそもはこの岩のため。初期のキリスト教でも聖地とされていて、いわばエルサレムの核です。, 「岩のドーム」は聖なる岩を囲む円陣を中心に、八角形の歩廊が二重に取り巻く構造になっていて、メッカのカアバ神殿と同様に、巡礼者が時計の針とは逆向きに巡回できるよう設計されました。ドームの直径は20.4メートル、高さは36メートルで、創建当時は木造でしたが1960年に修復された際に鉄骨になっています。, 外壁は青を基調としたタイルで装飾されていますが、これは1561年にオスマン帝国のスレイマン1世が修復した時につけられたもの。タイルはトルコ製です。, 現在はイスラム教が管理していますが、南西の壁の外側の一部はユダヤ教の管理下に置かれ、「嘆きの壁」として礼拝されています。, エルサレムが誰のものであるのかを議論する際、ユダヤ人は旧約聖書を紐解き、アラブ人はオスマン帝国の土地台帳を持ち出すといわれています。現在の「パレスチナ問題」に代表されるように、世界でも突出して複雑な事情を抱えているのです。, 本書は、そんなエルサレムに25年以上暮らしこの地を「第2の故郷」と呼ぶ作者が、『旧約聖書』以前までさかのぼり、それぞれの宗教において聖地となった来歴を解説していくもの。まるで物語のような文章で丁寧に説明されているので、わかりやすいでしょう。, 数千年のなかでもつれた糸をほどくことは簡単ではありませんが、パレスチナに関する現状を理解するうえで非常に役立つ一冊です。, 本書は、切手などの郵便資料から国家や地域のあり方を読み解く「郵便学」を提唱した作者が、エルサレムを象徴する「岩のドーム」にまつわる郵便資料からパレスチナの歴史を紐解く作品。ユニークな視点の分析で、混迷する中東問題に新たな光を当てています。, 支配者が入れ替わる複雑な土地ですが、郵便物は「小さな外交官」といわれるほど時代や地域をあらわすもの。具体的なビジュアルも含めて、歴史的経緯を理解できるのが特徴です。歴史に詳しくない人でも、飽きずに読み進めることができるでしょう。, ホンシェルジュはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。, 5分でわかるサウジアラビアの歴史!宗教、女性の人権、石油産業などをわかりやすく解説, 5分でわかるクウェートの歴史!宗教、石油問題、イラクのクウェート侵攻などを簡単に解説.

Apple Music プレイリスト 本名 7, ひまし油 効能 アトピー 4, 仕事中 勉強 英語 4, ラウール 名前 英語 10, アジア パイロット 採用 4, Tsutaya 閉店 理由 18, 大奥 ドラマ 相関図 8, 三井住友海上あいおい生命 女性特約 帝王切開 5, 銀魂 Pixiv クロスオーバー 8, 家事ヤロウ ナレーション 嫌い 13, 蚊取り線香 灰 有効活用 9, 幽霊東京 歌詞 意味 6, Low Scat 意味 6, 二次創作 小説 上手い 16, 斉木楠雄のψ難 可愛い ランキング 4, 柔軟剤 Iroka 変わった 6, Pso2 パルチザン 2019 6, 子どもがいじめられたら親は どうする ゆっ ぺ 5, 充電 させ てもらえませんか グッズ ローソン 4, 寝屋川市ミニ バスケットボール チーム 32, Imitation Rain 歌詞 和訳 5, 乃木坂 Shiro 香水 4, 彼女持ち 告白 させる 31, てのひら 開拓村で異世界建国記 な ろう 6, ディオール タンドゥルプワゾン 廃盤 8, 内職 千葉 在宅 5, 星の王子様 あらすじ 羊 5, Ark Tek恐竜 能力 10, 如何様にも 対応 させ て いただき ます 4, 無効電力 遅れ 進み 6, Pso2 アトラ Sop 8, 岡村靖幸 カラオケ ランキング 5, Pubgモバイル 強ポジ まとめ 10, ツイキャス コメント 全部見る 26, ポケコロ 秘密の 言葉 9, 羅生門 映画 赤ちゃん 誰 5, スーツ 7話 動画 13, シチズン 歴代 社長 5, Youtube Pc画面 録画 12, 藤崎マーケット Ten 卒業 11, ガールズガールズ テレビ出演 情報 26, Pso2 エキスパート条件 Ep6 5, キングコング2 怒りのメガトンパンチ Bgm 4, 先生 好きです 市川 5, セコム 年収 低い 5, いじめ っ 子 といじめられ っ 子 恋愛 7, 芸能活動 高校 公立 11, 不信のとき~ウーマン ウォーズ 動画 7,