シグマ ライトバズーカ 野鳥 4

「その美しい姿を記録にも残したい!」

つい見とれてしまい、シャッターを押すのを忘れるほどです。, さて、バードウォッチングを始めた頃は、見るだけでもよかったけど、 ・基本性能はしっかり満たしている どんどん出かけるHIDEです。, とはいえ、今日はお仕事で行けません。 ライトバズーカ購入4カ月の雑感 シグマのライトバズーカ(sigma 100-400mm f5-6.3 dg os hsm)を購入して早4カ月。野鳥撮影の回数を重ねるにつれて印象も固まってきました。要約すると次のようになります。 ・開放から解像度が高い なってきそうですね。, とつぶやいてしまいます。 sigmaの100-400mmレンズが欲しいなぁと思って早1年。そうこう思っているうちにtamronから似たようなレンズが出て来たので比較してみたりもしたが、ついに決意してレンズを買った。sigma …

おすすめのカメラとレンズをご紹介していきます。, バードウォッチングをしている方は、鳥の美しい姿を見慣れているので、記録に残す写真も

野鳥撮影をするには、かなり物足りなく感じと思います。, HIDEもいつも思っています。 Copyright ©2020 SHUTTER HACK All Rights Reserved. ・最新機種ではないので、価格が安い ライトバズーカ購入4カ月の雑感 シグマのライトバズーカ(sigma 100-400mm f5-6.3 dg os hsm)を購入して早4カ月。野鳥撮影の回数を重ねるにつれて印象も固まってきました。要約すると次のようになります。 ・開放から解像度が高い 一眼レフなどのレンズ交換式カメラの醍醐味は、使用レンズによって写真表現が大きく変わることだ。とはいえ、どんなレンズが最適かつ高性能なのかがカメラ本体に比べてわかりにくく、レンズ選びはなかなか難しい。もちろん、使用するカメラのマウントによって使えるレンズは限られるし、どんな種類(広角、望遠、マクロ、高倍率ズームなど)のレンズが必要かも、撮影する被写体や撮りたいイメージによって大きく変わってくる。, さらに、交換レンズにはカメラメーカー純正品だけでなく、レンズメーカーの製品も数多く存在している。そこで今回は、10万円以下のレンズに絞って、筆者が“優秀だけどお買い得”と感じている10本をノミネート。特に優秀な5本については、実際に使用した感想をもとに順位付けした。今回は、第2位のレンズを発表!, ■第5位はあの高倍率ズーム! タムロンやシグマのライトバズーカの方が一回り小さく、そして軽い。 また、値段の差が一番大きいだろう。 ライトバズーカは定価が10万円、実売価格が7万円を切るというまさにバーゲンプライスなレン … カメラにとって水分は大敵である。最近のデジカメは超精密電子機械だから水に弱いのは当... カメラのストラップって、使ってるときは便利なんだけども、使ってない時は邪魔で仕方がない。

おすすめの理由としては、 2006年に神奈川県から沖縄本島へ移住。2015年から野鳥写真にハマり、野鳥を求めて毎週のようにフィールドに出没, Copyright © 沖縄鳥景 All Rights Reserved.Powered by FC2ブログ, そんなわけで、ライトバズーカをメインに据えつつ、被写体によってはサンヨンも使うという二段構えの態勢で臨むことになりそうです。. 全体的に高い水準で纏まっており、それでいて高くない。300mmという焦点距離では足りない場合の新しい選択肢。望遠端の画質も悪くなく、むしろ良好なほど。高いコントラストでパンチのある描写傾向は人工物(飛行機や鉄道)などと相性が良い反面、繊細な描写やクロップ前提の野生生物では線が太く感じるかもしれません。, 70-300mm系と比べてサイズは明らかに大きいが、150-600mmや他の100-400mmと比べて小ぶりで軽量なレンズであるため実際に手に取ってサイズ感を確認することをお勧めします。, 従来の超望遠ズームレンズとは一線を画すサイズで登場しました。シグマは公式にこのレンズを「ライト・バズーカ」と称して従来の「バズーカ」とは違う路線であることを主張しています。また、超望遠レンズの選択肢が少ないソニーEマウントへの新提案としてMC-11で利用できる点も見逃せませんね。小型軽量なフルサイズ一眼であるα7シリーズとの相性も良さそうです。, このレンズは800ドルという価格で素晴らしいパフォーマンスを発揮する。多目的レンズであり、さらに効果的であることが実証できた。, 部分的に妥協するポイントがあるものの、コンパクトで軽量、そして長焦点を多用するフォトグラファーにとってコストパフォーマンスの高い選択肢となるだろう。, 私はシグマが競合レンズを本当に打ち負かしたと感じている。このレンズは多くのカメラマンにとって魅力的なものだろう。, しかし、購入前に2点考慮してほしい。「1:三脚座が必要な場合」「2:特に動きが速く、撮り手に接近する被写体」だ。手持ち撮影の場合には、合理的な重量でこのレンズはお気に入りとなるだろう。ハイエンドレンズとランキングを競い合う必要がなければ、正確なAFはあなたのニーズを満たすはずだ。画質は純正メーカー同等の素晴らしいもので間違いない。, 絶対的にベストなAF性能を必要としなければ、このレンズは購入リストの先頭に並ぶべきものだ。, 長所:素晴らしいコストパフォーマンス、ズームレンジ全域で優れた画質、良好な色とコントラスト、防滴構造、素晴らしいレンズの造り、AF-Sでの正確なAF、合理的なサイズと重量、効果的な手ぶれ補正, 短所:AFは素早い動きにうまく追従しない、三脚座無し(別売りも無し)、レンズが暗い、暗所でハンチングする, このレンズは様々な焦点距離でとても良好な画質を提供するものだ。そして軽くてコンパクトであるため手持ち撮影に適している。, レンズの造りはとても良好で高品質な感触と簡易防滴という安心感を得ることが可能だ。ケース、そしてより重要な三脚座の省略は価格を考慮したら致し方ないだろう。テストした個体では5Ds Rとの組み合わせでオートフォーカスに問題は無かった。, 400mmにおいても1段絞れば隅から隅までとてもシャープだ。絞り開放における周辺減光はこのレンズにおける唯一の光学的問題だ。しかし、これはソフトウェアで簡単に修正可能。, とても手頃な価格であるこのレンズは画質を犠牲にすることなく広いズームレンジを提供する。強く勧めることが出来るレンズだ。, これまでの結果をまとめると、AFは僅かに改善され三脚は使えないこともない。その他はとても便利なズームレンジと携帯性、重量であり、素晴らしいデザインで欠点の無い機能性を備えたレンズだ。このレンズ一本で様々な写真を撮ることが出来、あなたが持ち歩きたいレンズとなるだろう。, とても手頃な価格で素晴らしい画質はキットレンズからの追加購入として良い選択肢となる。, 300mmを超える超望遠レンズは常に高価なレンズだった。野生動物やスポーツには有用な400mmを備えるレンズとして、これはずっと手頃な価格で手に入れることができる。「暗いレンズ」なので高感度ISOの強いカメラの選択が重要だ。まだまだサイズの大きいレンズだが、よりサイズの大きいレンズよりはコンパクトで軽量だ。, パフォーマンスは良好。そして優れたシャープネスと素敵なボケ、優れた価格を持っている。, 長所:中央の優れたシャープネス、低い色収差、低い歪曲、フレア耐性、低価格、正確なAF、焦点距離の割にコンパクト, このレンズは競合モデルと比べて明らかにレンズが最も暗いが、その一方で重量やサイズ面で優位性を確立している。, 25mm幅で安定したグリップ性を発揮するリブ付きフォーカスリングは回転角が約120°で一貫性のある動作だ。, ズームリングの動作はウェットで一貫性がある。望遠端までズーミングすると6㎝ほど鏡筒が伸びる。, 手ぶれ補正は本当に良好な結果(3.7~3.8段分)だが、ライバルは「EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM」で4段近く、「AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR」で4.3~4.5段分だ。, 中央画質は価格を考慮して、古い「EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM」より僅かに良好な程度で十分なものだと考えていた。, しかし、これは私の過小評価だったようだ。ニコンやキヤノンの古いモデルと比べて顕著に良好な画質であり、レンズが暗い事はなんの問題でもない。, その上、新しいニコンのレンズよりも顕著に良好であり、キヤノンの新しいモデルと比べても少し良好だ。これ以上何を言えばいいのだろうか?, APS-Cにおける200mmのMTFは40lpmmを上回っているセンセーショナルな結果だ。100mmはそれほど悪くなく、望遠側のズーム域も似たような性能で37lpmmに近い性能に達する。これはニコン80-400mm VRと比較していずれのズームレンジでもシグマがほぼ勝る。望遠側ではニコンと引き分け、広角側でシグマが良好だ。, 四隅の画質(フルサイズ)はこのレンズのテストにおける最初の弱点だ。絞り開放と広角端の組み合わせではまともな水準ギリギリの30lpmm近くとなる。この領域におけるベストパフォーマンスは200mm時における40lpmmだ。この結果はニコンを打ち破るものだが、絞り値と焦点距離の組み合わせによってはキヤノン100-400 IIに僅かだが劣る。, テストした個体における軸上色収差はほとんど問題を抱えていない。200mmでも400mmでもよく補正されている。, 倍率色収差はなんの問題も無い。最も目立つ焦点距離は300mmを絞った時だが、それでも中程度だ。ご覧のように、より高価な純正のライバルと比べて遜色ない結果だ。実際、キヤノン・ニコン・シグマ、3つのレンズとても高い性能を持っている。, 玉ボケを確認すると球面収差による影響はない。前後のボケで縁取りの強さに僅かな差があるのみだ。, APS-Cセンサーではどのポイントでも歪曲は1%を超えることは無い。100~400mmでそれぞれ+0.28%,+0.60%、+0.66%,+0.63%だ。, フルサイズでは100mmにおいて+0.64%の糸巻き型だが、ズームインするごとに+1.52%,+1.59%,+1.56%となる。このカテゴリはライバルと比べて僅かに悪いものだ。ニコン80-400mmは300-400mm時に+1.0%を僅かに超える程度であり、キヤノンも似たような結果となる。, 純正ライバルのようにコマ収差はなんの問題もない。フルサイズの四隅でさえコマ収差の形を見つけるのは難しいだろう。, 非点収差は平均差2.6%と非常に高く評価できる数値だ。これはライバルよりも良い結果である(誤差の範囲だが)。, APS-Cでテストしたところ、問題が無いのは明らかだ。100mmで絞り開放においてー0.42EVであり、F5.6まで絞ると-0.23EVとなる。200mmではより良好な結果であり、より長焦点の場合には僅かに悪化する。, フルサイズでテストすると100mmの絞り開放でー1.54EVとやや大きい値だ。1段絞るとー1.10EVにまで減少し、F8.0~11まで絞ると問題は解消する。より長焦点でも似たような数値となる。, 逆光耐性に問題は無いが、特別良くはない。ニコンと似たようなフレア耐性であり、キヤノンより僅かに悪い。, 私はシグマのオートフォーカスが純正ライバルに劣る事を知っている。その辺の理由もあって最短撮影距離を1.6mに設定したのだろう(訳注:ピント移動距離が短くなるため)。しかし、それにも関わらずオートフォーカス速度は印象的なものではない。, 近接から無限遠まではおよそ1秒ほどだ。そのうえ、適切な光量下でもAFが時々迷う。精度は良好だが、それがフォーカス速度を遅くしている。状況により適切にAFリミッターを使用することで、フォーカス速度は0.3秒まで短縮する事が可能だ。, 幸いにも、ウォブリングや低速AFにも関わらず、ミスショットにはならない。ぼやけや写真は5%にも満たない結果だ。さらにフォーカスシフトによる大きな影響は無い。, 長所:高品質の鏡筒、ズームレンジ全域でなんの問題も無い素晴らしい中央画質、APS-C時におけるとても良好な四隅の画質、問題が無い球面収差、僅かな倍率色収差、僅かな軸上色収差、中程度の歪曲、素晴らしいコマ収差の補正、とても低い非点収差、APS-C時における周辺減光、静かなAF、効果的な手ぶれ補正, 短所:フルサイズにおける望遠側の周辺減光、逆光時にフレアとコントラストの低下が少し多い、最短撮影距離がこのクラスとしては悪い、AFが遅い, このレンズは光学性能、手ぶれ補正、価格でニコンの80-400mmやキヤノンの100-400mmの古いモデルを購入するという積極的な理由を消し去った。, 比較してレンズがやや暗く、周辺減光が大きいにも関わらず、キヤノンやニコンより解像力が高い。オートフォーカスが劣っているものの、USB DockとAFリミッターを活用することで特定のシーンではより有効なものとなるだろう。, このレンズは手頃な価格で小型軽量の望遠ズームレンズを探している人にとってとても興味深いレンズだ。シグマ社は僅か800ドルでフルフレームに対応し、鮮明でコントラストが高く色収差を僅かに抑えた画質を1.2㎏と24㎝(フード含む)のレンズで実現した。, この性能と様々なマウントへの適応性、そしてUSB DockによるAFやOSのカスタマイズは魅力的なぱっけーじとなっている。欠点は三脚座が無いことと、手振れ補正が400mm時で1/100秒~1/50秒で効果があまり無いことだ。, しかし、小型軽量で予算が限られているときに400mmが必要な場合はシグマが最善の選択肢だ。400mmに達するレンズとしては最も安価で小型軽量である。, 良い点:小さく軽い、フルフレーム全域で非常に良好なシャープネスとコントラスト、USB Dockによる多彩なカスタマイズ、低価格, 悪い点:フレア・ゴーストの耐性はあまり良くないかもしれない、三脚座がない、400mmにおける手振れ補正は1/100-1/50秒前後であまり有効ではない, 光学5倍ズームのこのレンズは非常に良好な画質を持っている。フルフレームでピントが合いやすく、色収差は僅かだ。これは300mmから望遠端にかけて僅かにソフトな描写となるが、まだ高い解像力を維持している。, シグマと比較して1/3段明るいが、これは過大評価されるべきではない。シグマと比べて明らかに大きく、重い。5㎝長く(フード含め)、350g重くなる(三脚座なし)。ニコンの主な利点は5倍ズームでありワイド側に20%広くなる。そして手ぶれ補正は3段に相当するため、1/100秒の手持ち撮影を優秀にサポートしてくれるだろう。, EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMの特設ページはコチラ, 価格とサイズはそれなりに大きいものの、それだけの光学性能を持っているキヤノンEFレンズの中でも売れ筋の人気商品。, 接写性能と、エクステンダーによる守備範囲の広さは競合レンズと比べて非常に魅力的。その価格に妥協出来るのであればおススメはコチラ。ただし、1.57㎏と手持ちで長時間撮影するには酷な重量感。, AF-S NIKKOR 80-400mm f / 4.5-5.6G ED VRの特設ページはコチラ, このクラスのニコン純正レンズとしてはベストな光学性能のレンズですが、価格が非常に高いのが悩みどころですね。逆光性能などを突き詰めなければ半値で購入できる200-500 F5.6が魅力的な選択肢。, AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの特設ページはコチラ, 純正レンズとしてはとても魅力的な価格で登場した超望遠ズームレンズです。サイズが大きく、非常に重量がありますが、価格と納得のいく光学性能を持っています。100-400|Cと比べるとサイズが段違いですので、手持ち撮影が多いのであればシグマを、三脚や一脚での使用もやぶさかではないのなら純正をチョイス。.

エコ マックス Bi Eco 価格 11, 虫除けスプレー 手作り ハッカ油 9, おるたな ないとー 兄弟 4, Sixtones New World フル 13, Outlook Teams 会議をスケジュールできませんでした 44, 堺正章 街の灯り 歌詞 5, 弱虫ペダル 人気カプ 2019 4, Ff11 デュナミス バストゥーク 9, エクストレイル 車中泊 T31 39, ボンビーガール 上京ガール はるか 9, ストレングスファインダー 着想 個別化 19, ガラルヤドン 夢特性 入手 56, エアーマット 介護 使い方 5, Ff14 アルバート キャラメイク 8, オモコロ 加藤 嫁 59, 石橋 ほのか ブス 11, Pso2 武器迷彩 おすすめ 49, すばらしきこのせかい Final Remix 攻略 6, オフィシャル 髭男dism 読み方 4, ジュラシックパーク エリー 結婚 24, に んじゃ り ばんばん バックダンサー 4, キラキラ フレーム 背景透過 13, 職場 換気 コロナ 6, 乃木坂46 深川麻衣 卒業ライブ 4, Onthe Umeda 求人 6, ビクトリア ジャスティス 体重 9, Chrome カメラ 許可されない 8, マンゴー ワーム 摘出 21,