ドラえもん 大人 映画 4

2020年、おかげさまで「ドラえもん」はコミック連載開始から50周年!たくさんの元こどもたちと今こどもたちに感謝の気持ちを込めて、ビッグなニュースが続々登場! Copyright © JUKKI Co., Ltd. All rights reserved. ドラえもんの映画は、幼い頃に観たことのある人も多いのではないのでしょうか。今回は初期の頃の大長編の中でも、当時の多くの子どもたちをトラウマにしたとも言われている、本当に怖いドラえもん映画をご紹介します。あの頃の恐怖を思い出すこと間違いないでしょう。, 国民的アニメの代表と言える「ドラえもん」大山のぶ代さん等の声優陣が変わってはや10年以上が経っています(!)今回は、敢えて旧声優陣の頃の大長編映画をご紹介します。昔の大長編映画では、通常のアニメ放送とは違い「恐怖」の要素が多く存在します。毎週の30分のアニメ放送ではのび太がいじめられる→ドラえもんが道具を出す→解決、もしくはのび太が調子に乗るという王道のパターンがありますが、大長編ではそう簡単にはいきません。道具が使えなかったり、仲間がバラバラになってしまったり…思いがけない展開があるからこそ、今でも記憶に残る作品が多いのかもしれませんね。, 1994年公開の映画作品。この作品の恐ろしいところは、次第に夢と現実の境目がなくなっていくところです。現実にも起こりえそうな気がして、地味に恐ろしくなります。そして映画なのに意味深すぎるラストにより、観た後にすっきりしません…, この鳥になったりおっさんになったりのキャラクターが、いい恐怖感を煽ります。夢に出てきて、現実にも存在するという逃げられない恐ろしさを感じますね。, ちなみにこの作品は、作者である藤子不二雄さんも「キャラクターが自分勝手に動きだし、自分が思い描いていたラストと変わってしまった」と話している通り、かなり異色な作品です。それぞれのキャラクターがバラバラな状態でラスボスを倒したり、のび太が普通に一回死んでいたり、ドラえもん映画をよく観ている人にも新鮮にうつる作品だと言えるでしょう。, 1992年公開の映画作品。こちらは、個人的に一番オススメの作品です。全編を通して環境問題をテーマにしており、大人が観ても考えさせられる部分が多くあります。作品内でドラえもんが壊れてしまうシーンが2回あり、ドラえもんさえいればなんとかなる!と思って観ている子供たちに相当な恐怖を与えていると思います。, 雲の王国を作っているシーンは本当にわくわくするのですが、どこでもドアを開けて地上の世界に帰ってきたら洪水になっていたシーンは怖すぎます…, ちなみに私は幼い頃にこの作品を観て初めて「株主」「大株主」という言葉を覚えました。ドラえもんは思わぬところで勉強させてくれます。感動と恐怖が凝縮されており、ラストは感涙必須です。, 1990年公開の映画作品。こちらも雲の王国と同じく、環境問題をテーマにした深い内容となっています。, なんと言ってもこのピンクのもやが怖い。大人になった今でも夜トイレに行くのが怖いのは、このピンクのもやのせいです。BGMも印象的で頭から離れてくれません。, ところどころ(主にピンクのもや)が怖いですが、観終わった後に「自分だけのことじゃなくて、地球のことも考えて生きていこう」と思わせてくれる素敵な映画です。, 1984年公開の映画作品。恐怖と言ったらこの作品!と思う方も多いのではないでしょうか。とにかく怖い。映画館の大画面で観た子供達は普通に泣くと思います。誰もが一度は憧れる「もしも魔法が使えたら」という願い。この作品を観たら、もうそんな願いを持つのはやめよう、と感じることでしょう。, そしてこのメドゥーサ。タイムマシンで逃げても現実世界までついてくる本当に恐ろしいやつです。, この作品は新キャストでも映画化されていますが、やはり大分恐怖がマイルドになっていました。旧ドラえもんの方の魔界大冒険は、一人で観ない方がいいかもしれない作品です。, 子供の頃に観るとただ単純に「楽しい」「怖い」という気持ちしか出てこないかもしれませんが、ドラえもんの映画は大人になって観てみると様々な意図に気付くことができます。環境問題や家族、友達との人間関係、人生がうまくいかない時の対処法…など、今だから気付ける事が沢山あるのです。たまには童心に帰って、ちょっと怖いドラえもんを楽しんでみてはいかがでしょうか。. 映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち/がんばれ!ジャイアン! お使いのブラウザは現在Javascriptが無効になっています。一部コンテンツが非表示ないしご利用いただくことができませんので、お手数ですがJavascriptを有効にして再度アクセスをお願い致します。, のび太が恐竜博の化石発掘体験で見つけた1つの化石。絶対に恐竜のたまごだ!と信じたのび太が、ドラえもんのひみつ道具“タイムふろしき”で化石を元の状態に戻すと…生まれたのは双子の恐竜!しかも、未発見の新種だった。のび太に似てちょっと頼りないキューと、おてんばなミュー。個性の違いに苦労しながら、親のように愛情たっぷりに育てるのび太だったが、やがて2匹が現代で生きていくには限界がきてしまう。キューとミューを元の時代に返すことを決心したのび太は、ドラえもんや仲間たちと共に6600万年前へと出発!キューやミューの仲間の恐竜たちを探す旅が始まった。, ドラえもん連載50周年記念作品、映画化40周年記念作品。シリーズ40作目となる本作は、完全オリジナルストーリーとなっており、『ドラえもん のび太の恐竜』『ドラえもん のび太の恐竜2006』とは全く異なっている。前々作『ドラえもん のび太の宝島』の今井一暁監督と脚本の川村元気が再度タッグを組んでいる。(作品資料より), 5歳の子供が映画館で初めて観た映画になりました。大人が観ても感慨深く、また単純に楽しめます。できない事も諦めないで頑張ろうという気持ちになります。太古の昔から進化を遂げて今地球で生きる全ての生き物が尊く、その一人である自分を大事に、今この瞬間を一生懸命生きることの大事さを学びました。でも難しい話でなく、笑って泣けて、キャラクター達が愛らしく、家族で観て明日から頑張ろうという気持ちにリセットできる素敵な映画でした。. 長らく世界中の子供たちに、夢と希望を与えてくれる「ドラえもん」は、映画シリーズも非常に多くの作品が公開されています。爽快なアクション作品から泣ける感動作品まで種類も豊富で、子どもから大人まで楽しめる作品ばかりです。今回はドラえもん映画の選び方と、人気でおすすめのドラえもん映画をランキング形式で紹介していきます。, ドラえもんの映画は、泣ける感動的な作品から愉快な作品までまで数多くの人の心に残る作品を世に送り出してきました。ドラえもん映画は大きく分けて「のぶ代版」と「わさび版」がありますが、これらの違いはご存知ですか?, 「のぶ代版」は2004年までの作品で、大山のぶ代さんがドラえもんの声優だった映画で、「わさび版」はそれ以降の水田わさびさんが声優の作品です。ドラえもん以外の声優の中にも、人気芸能人を起用した作品も多くあるのでそちらもしっかり把握しておきたいですね。, ここではドラえもん映画の選び方と、「おすすめ度」、「泣ける度」、「ストーリー性」を基準に、人気でおすすめのドラえもん映画を30選ランキング形式で紹介します。記事の最後には最新のドラえもん映画の情報も紹介しているので、ぜひとも最後までお読みください!, ドラえもんの映画は1980年の『ドラえもん のび太の恐竜』以降40年に渡って公開されています。また、テレビ版に至っては2020年で50周年を迎えます。, 映画版とテレビ版との違いはいくつかありますが、映画版では何といってものび太を筆頭に、登場人物のかっこいいシーンが数多く用意されていることです。テレビ版では普段の日常を中心にコミカルなシーンが多いですが、映画版ではかっこよく、感動的なシーンも多いです。, そのため、映画版の魅力としては普段の登場人物が活躍するカッコいいシーンや感動的な展開にあるといえるでしょう。この記事で紹介している映画にもそういったシーンが多い名作を紹介しているので、ぜひご覧ください。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61IGYZTOvyL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53437%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166981%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSZPZW?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSZPZW"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Foumiyanetyafooten%2F4bb003rszpzwnb.html"}], ※公開時点の価格です。価格が変更されている場合もありますので商品販売サイトでご確認ください。, 迫力満点の大冒険と、壮大なストーリーがドキドキさせてくれる「映画ドラえもん のび太の南海大冒険」になります。大人が見ても引き込まれるのは、さすがドラえもんといった感じでしょうか。, [{"key":"公開年","value":"1998年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★☆☆"}], 自分の初めての映画は「大魔境」でした。今、2歳の子供と一緒に楽しんでいるのが不思議です。子供はまだまだ内容を理解することはできませんが、動物がたくさん出てくるところが気に入っているようです。早く物語まで一緒に楽しめるようになるといいな。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61-QwzDD1VL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fsurprise-2%2Faznpcbe-53442%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fsurprise-2%2Fi%2F11231970%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01GFMV3BQ?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01GFMV3BQ"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fsurpriseweb%2Fpcbe-53442.html"}], 2003年に公開された「映画ドラえもん のび太とふしぎ風使い」は、のび太が台風の子供「フー子」と出会うことで今回の冒険が始まっていきます。ドラえもんの第6巻に収録されていた短編作品「台風のフー子」が原案となっている作品ですね。, [{"key":"公開年","value":"2003年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★☆☆"}], 兄達と毎年映画を見てきましたが末娘がようやく記憶の中に残っている作品。コミックの中でもこのお話は好きです。この頃は2本立て。懐かしいですね。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61H1c4NJuvL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fpcbe-53430%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fmifsoft%2Fi%2F10166239%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE6Y?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE6Y"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-53430.html"}], 1991年に公開された「映画ドラえもん のび太のドラビアンナイト」は、ひみつ道具「絵本入り込みぐつ」で、絵本の世界で迷子になってしまったしずかちゃんを助けに行くことから、のび太達の大冒険が始まっていきます。, [{"key":"公開年","value":"1991年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★☆☆"}], 昔ビデオでよくみていました!DVDがあったので買ってみましたwwとてもよかったです☆, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/619ISUOZxpL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53434%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166975%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE8M?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE8M"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-53434.html"}], ひみつ道具「創世セット」によって、新たな宇宙を作り地球型の惑星を作っていくことから物語がスタートします。宇宙、地球の成り立ちを知ることもできるのが特徴でしょう。, [{"key":"公開年","value":"1995年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★☆☆"}], 地球ってどうやって出来たの?とか、昔の人はどんなの食べてたの?とかが気になってきた小1の為に、ドラえもん映画史上一二を争う程(私が)好きなこちらを購入。1回みて大体理解したようで、それだけで満足です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61pBW8n6yLL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53426%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166955%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE5U?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE5U"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fks-hobby%2Fzxb003rsde5ukq.html"}], 8作目の映画として1987年に公開された「映画ドラえもん のび太と竜の騎士」は、地底が舞台となったハラハラドキドキの大冒険ストーリーになります。地底に生息する恐竜人は何者で、いったい何が目的なのかが見どころですね。, [{"key":"公開年","value":"1987年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★☆☆"}], 恐竜が熱い子供たちが食い入るように見ていました。昔のドラえもんがやっぱり好きです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61s0Hg4LKYL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988013463684%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2Fi%2F10575916%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01B5FCJ02?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01B5FCJ02"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-54260.html"}], 2010年に公開された「映画ドラえもん のび太の人魚大海戦」は、のび太達が人魚と協力して、怪魚族から宇宙を守るため戦うというストーリーになります。海底を舞台にした大冒険が始まります。, [{"key":"公開年","value":"2010"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 3歳の息子が気に入って見ています(^^)ドラえもんのシリーズは何枚ももっていますが、海の中の生き物がでてくるこのDVDがいまのところ1番好きなようです♪♪, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61p4ZhuLZXL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53429%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166964%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE6O?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE6O"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-53429.html"}], 「映画ドラえもん のび太とアニマル惑星」は、アニマル惑星(プラネット)を舞台にして、環境破壊について考えさせられるストーリーが特徴となっている作品です。子供と一緒に環境問題について考えてみるのに、おすすめできる作品ですね。, [{"key":"公開年","value":"1990年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], このドラえもんは今、人間が問題としている環境問題について描かれています。大人が見ても考えさせられるものですし、子供のためにもなると思います。親子揃ってみて欲しいです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61ExWye1zPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru2%2Fpcbe-53427%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru2%2Fi%2F10710091%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE64?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE64"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-53427.html"}], 「映画ドラえもん のび太のパラレル西遊記」は、西遊記をモチーフにした大冒険ストーリーになります。ストーリー設定自体がおもしろく魅力的で、大人も楽しめる作品ではないでしょうか。, [{"key":"公開年","value":"1988年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], これはいつものドラえもんとして観てはいけません!ハリウッド映画にも対抗できるくらいの良いできです!物語の展開がとてもよく、最後はなにげに感動。ドラえもんの中の最高傑作だと思います。大人になって観ても、ハラハラドキドキでした。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/617S8fNI-1L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988013402720%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2Fi%2F10530946%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSZQ1K?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSZQ1K"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fukshop%2Fb003rszq1k.html"}], 22作目のドラえもん映画として、2001年に公開された「映画ドラえもん のび太と翼の勇者たち」は、のび太達が人間界に迷い込んでしまった鳥人の少年グースケと出会うことで、鳥人の世界バードピアでの大冒険が始まってゆくのです。, [{"key":"公開年","value":"2001年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★☆☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 子供の頃に見た記憶がよみがえってきて、ドラえもんの声でおなじみの大山のぶ代さんや、のび太さんやジャイアンさんやスネ夫さんやしずかさんの当時の声優さんたちがとても楽しくて、何度観ても感動する素敵な映画作品です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61h7TiP-TrL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988013400726%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2Fi%2F10295000%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RS7QUE?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RS7QUE"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fks-hobby%2F4fb003rs7quede.html"}], 映画版ドラえもんの2作目として公開された「映画ドラえもん のび太の宇宙開拓史」は、のび太の部屋の畳が、コーヤコーヤ星という謎の星とがつながってしまうことでストーリーが展開していきます。, [{"key":"公開年","value":"1981年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], ふとドラえもんの映画を見たくなり、特別価格で安く買える為、月に一本ずつ集めている次第です。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61Pt6OZIFvL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53436%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166979%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSZPZ2?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSZPZ2"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-53436.html"}], 1997年に公開された「映画ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記」は、のび太が名付けたおもちゃの町「ねじ巻き都市(ねじまきシティー)」を舞台に大冒険を繰り広げる作品です。藤子にとって遺作となった本作品は、大きな注目を集めました。, [{"key":"公開年","value":"1997年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 夢があって、発想豊かで、面白かった!子供たちお気に入りのぬいぐるみに命を吹き込んで、星の住人にする発想が好きだな!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61LzmI4FWyL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcxe-50315%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10517253%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01B5FCKPQ?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01B5FCKPQ"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-54263.html"}], 2013年に公開された「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館」は、未来の博物館「ひみつ道具博物館(ミュージアム)」を舞台にした冒険大作となっています。ドラえもん映画には珍しく、未来が舞台となっている点に注目ですね。, [{"key":"公開年","value":"2013年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 家族みんなでわくわくしながら見ました!とても面白かったです!3歳の息子も声を出して笑っていました^ ^, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61OPUnNTb3L.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53431%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166969%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE78?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE78"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-53431.html"}], 「映画ドラえもん のび太と雲の王国」は、天上人の住む雲の王国を舞台に、ロマンあふれる大冒険が繰り広げられます。大洪水で地上文明を破壊する「ノア計画」を、のび太達は阻止することができるのか。, 雲の上が舞台となったスケールの大きなストーリーが魅力ですね。子供の頃、どんな人でも一度は空に憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか?, [{"key":"公開年","value":"1992年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 地球資源を当たり前のように使い、暮らせる生活がいかにありがたいか、それにより他の動植物にどれだけ迷惑をかけているかを押し付けではなく子供でも(勿論大人も)分かりやすいながれで教えてくれます。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61fn0NIzFmL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fpcbe-53433%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fguruguru-ds%2Fi%2F10166973%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSDE8C?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSDE8C"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-53433.html"}], 「映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士」は、ひみつ道具「気ままに夢見る機」によって、夢幻三剣士の夢の世界を旅する物語です。次第に夢と現実が入れ替わっていくという、独特の世界観を持つ作品ですね。, 少々奇妙な空気が流れる作品で、大人も楽しめるストーリー展開が特徴でしょう。武田鉄矢さんが歌う主題歌も映画の雰囲気に合っていて非常に魅力的です。, [{"key":"公開年","value":"1994年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], この頃のドラえもんの映画はセリフ回しに独特のリズム感があって好きです。最後に観たのはもう15年以上前になるかと思いますが、今でもセリフを記憶していました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61zKl1SJTlL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fyamada-denki%2F5699085017%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fyamada-denki%2Fi%2F10173780%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B071JBQYQJ?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B071JBQYQJ"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-54889.html"}], 2017年に劇場公開された「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」は、氷山で遊んでいたドラえもん達が、氷山の下層部分で氷漬けになった10万年前のリングを見つけたことで、時を超えた大冒険が始まります。, ドラえもんコミックスの18巻に収録されている、「大氷山の小さな家」が原案となった作品になります。, [{"key":"公開年","value":"2017年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], ストーリー構成、メリハリ、感動、心温まる作品でした。オリジナルの藤子・F・不二雄さんのタッチとは違う、新しい世代のドラえもん映画作品として、完成度が上がってきていると思いました。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61Jk3byVdPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F4502916%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F12122658%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B000VRXI9W?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000VRXI9W"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyu-yu-stoa%2Fz5b000vrxi9wlt.html"}], 2007年に公開された「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険 7人の魔法使い」は、1984年に公開された「のび太の魔界大冒険」をリメイクした作品になります。リメイク作品ということで、多少ストーリーや設定に変更が加わっています。, ドキドキする大冒険を楽しめるストーリーですね。ぜひ旧作の「のび太の魔界大冒険」と見比べてみてください。, [{"key":"公開年","value":"2007年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 魔法の世界のお話でいつも見ているドラえもんも未来的で摩訶不思議な所を感じるのに魔法を使っているキャラクター達にさらに斬新さを感じました!今まで見たことのない新鮮さにワクワクが止まらないお話で買って良かったでした(*^^*), ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61U%2BikXP%2BPL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988013402621%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2Fi%2F10618210%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSZQ0Q?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSZQ0Q"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-53439.html"}], 2000年に公開された「映画ドラえもん のび太の太陽王伝説」は、古代の太陽の国といわれるマヤナ国を舞台に大冒険が繰り広げられます。のび太にそっくりの姿をしたマヤナ国のティオ王子と、のび太が入れ替わって生活していくことで物語が展開していきます。, [{"key":"公開年","value":"2000年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★☆☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], これは 個人的にはすごくよかったです。ゲストキャラである傲慢なティオ王子が のび太たちとふれ合うことで成長していく様、マヤ文明のような世界観、作中に流れる主題歌も非常によいです。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/614RiHAFMcL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fbook%2F6512826%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fbook%2Fi%2F13696102%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RS7QV8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RS7QV8"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fyu-yu-stoa%2Fqyb003rs7qv8f1.html"}], 映画版ドラえもんの4作目として、1983年に公開された「映画ドラえもん のび太の海底鬼岩城」は、海底を舞台にハラハラドキドキの大冒険が繰り広げられます。物語の最後には、大人もウルっとくるような感動も押し寄せる作品に仕上げられています。, [{"key":"公開年","value":"1983年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★★☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★☆☆"}], 1983年公開の作品。音声はモノラルで、画像も現在のようなCGやアニメーション技術の無い昭和を感じさせます。ですが、それらを忘れるくらいの夢のような海底の世界観・ハラハラドキドキ感・大人も笑ってしまうギャグ・・・そしてなんといってもお決まりの友情。, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61K74DOjAoL.jpg"], [{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B01B5FCJ2K?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B01B5FCJ2K"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-54261.htmlhttps://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fguruguru%2Fpcbe-54261.html"}], 「映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団~はばたけ 天使たち~」は、1986年に公開された人気作「のび太と鉄人兵団」をリメイクして2011年に公開された作品になります。地球人を奴隷にしようとたくらむロボットから、のび太達が地球を守るために立ち上がります。, [{"key":"公開年","value":"2011年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★★☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}], 私は観てないですが、5歳と3歳の息子が観て最後涙していました。飽きる事もなく最後まで夢中で観ていました。子供達は気に入ったようです!, ["https:\/\/images-fe.ssl-images-amazon.com\/images\/I\/61xuT-0BxDL.jpg"], [{"site":"楽天","url":"https://hb.afl.rakuten.co.jp/ichiba/17b592bb.218bc1d1.17b592bd.70a9cb04/_RTcand00000002?pc=https%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2F4988013402225%2F&m=http%3A%2F%2Fm.rakuten.co.jp%2Fjoshin-cddvd%2Fi%2F10340125%2F"},{"site":"Amazon","url":"https://www.amazon.co.jp/dp/B003RSZPY8?SubscriptionId=AKIAJIORCRMJZ3NG52JA&tag=goo-contents-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B003RSZPY8"},{"site":"Yahoo!ショッピング","url":"https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3447015&pid=885732032&vc_url=https%3A%2F%2Fstore.shopping.yahoo.co.jp%2Fstarclub%2Fpcbe-53435.html"}], 1996年に公開された「映画ドラえもん のび太と銀河超特急」は、のび太達が宇宙の外れハテノハテ星群にある巨大遊園地「ドリーマーズランド」に足を踏み入れてしまうことで、物語が展開していきます。, [{"key":"公開年","value":"1996年"},{"key":"おすすめ度","value":"★★★☆"},{"key":"泣ける度","value":"★★★☆"},{"key":"ストーリー性","value":"★★★☆"}].

鉄拳7 リロイ 調整 17, Dqmsl 魔獣の森 天使のソーマ 7, ハオルチア オブツーサ 育て方 11, 神奈川県 秋季大会 新体操 結果 24, ジルスチュアート 香水 付け方 4, 今日から俺は 谷川 ギター 7, 日高光啓 何 顔 13, 未知やすえ 入院 病院 18, プロスピ 松田 バトルスタジアム 5, ランクル100 ディーゼルエンジン かからない 4, Zip 枡 アナ 休み 今日 6, ゲーテ B1 過去問 5, Dazn 2ch まとめ 9, ジャニーズ 短足 ランキング 13, 森内 智寛 読み方 17, 沖神 夫婦 妊娠 4, 欅坂46 曲名 略称 41, 斎藤雅樹 球 種 8, 飛行機 擬音 英語 15, ドロドロ 映画 邦画 7, 千と千尋の神隠し 神様 お面 7, ワイドナショー 出演 者 6月21日 18, 松風雅也 Emika Umemoto 14, 発達障害 検査 保険適用 9, パワプロ ライジングキャノン あかつき 7, Vape Steez 偽物 4, ドクターy ナレーション セリフ 7, マキシマムザホルモン F 海外の反応 8, 無双orochi2 Special キャラ 4, シェリー 河北 不仲 4, デリカ D:5 Cv1w 7, 欅坂 シングル フォーメーション 17, 登山 虫除け ハッカ油 19, ライアーゲーム 饅頭 考察 5, パルテ 通販 口コミ 7, デーモン閣下 ライダー ベルト 24, Pubgモバイル チームキル ペナルティ 24, ささみ 柔らかくする 下ごしらえ 7, Ten ノゾキミ ナレーション 誰 28, 中村江里子 旦那 身長 45, 内申 関係ない高校 埼玉 5,