仏教 格言 一日一言 4

しかもそれは彼自身のみならず、すべての人が理解できていないことだと述べています。

20年以上学んできたことを、年間100回以上、仏教講座でわかりやすく伝えています。. 自分と同じく、この広野を通った旅人たちが、あの虎に食われていったに違いない。 ・I'm on your side! 食べたい、飲みたいという飲食の楽しみ。金や財産を追い求め、貯める楽しみ。男女の愛欲の楽しみ。誰からでも褒めてもらいたい、称賛される楽しみ。楽して寝ておりたい楽しみ。 降車の迫っている人にとって重大なのは、席は前に立っている人にあっさり譲って、「降りた先」を考えること。 まいたタネは必ず生えます。 ・「努力は絶対報われる」   受験直前に焦ってしまったり、センター試験でうまくいかなかった受験生などに使うとよいでしょう。心に余裕を持つことができます。, 日本語で言うと恥ずかしいことも、英語ならかっこよく言えたりします。日本語を喋らない友達に英語で応援の言葉をかけてあげたい時にも便利なフレーズをご紹介したいと思います。 年始の門松は、冥土の旅の一里塚なのです。 これは、人間の五欲、5つの楽しみです。 彼が自著『懺悔』に引用し、「これ以上、人間の姿を赤裸々に表した話はない。単なる作り話ではなく、誰でも納得のゆく真実だ」と絶賛している寓話を聞けば、トルストイが人生に驚きを発した理由が分かるでしょう。, それはある日、ブッダ・釈迦牟尼の法話会場に、勝光王という一人の王様が参詣したことから始まります。

・縁起の悪い単語   波間から3匹の大きな龍が、真っ赤な口を開け、自分の落ちるのを待ち受けているのを見たからである。 しかし本当は、今にも切れそうな、「ほそ~い蔓」なのです。 その目的の大切さを、ブッダは一貫して教えられています。, 続いて、木枯らしの吹く秋の夕暮れに旅人は、果てしない無人の広野をひとりで歩いていた、とあります。 「冥土」とは「来世」のこと。 旅人は、その藤蔓を伝ってズルズルズルーと下りたことは言うまでもない。 その寿命の藤蔓をかじる「白と黒のネズミ」は「昼と夜」を例えています。 しかし“一人じゃ孤独を感じられない”と歌った人もあるように、物質に囲まれ、肉親や友人に恵まれていても、“寂しい”と深く感ずる人があります。 旅人は思わず口の中で「あっ」と叫んだ。 また、400万人以上の子供が孤独を訴えているともいわれます。

釈迦は、最後の答えを大いに称賛し、 旅人は、これら5つのハチミツをなめながら、陶然と深海に落ちていく。

誰もが知りたい、その答えを示された寓話が、ブッダの説かれた『仏説譬喩経(ぶっせつひゆきょう)』という経典に説かれています。 東京大学在学中、稲盛和夫さんの本をきっかけに、仏教を学ぶようになりました。 禅語一覧 ブログ「 禅の視点」において取り扱った禅語を、五十音順で以下に一覧掲載しました。 それぞれの言葉をクリックすると、その言葉を題材にしたエッセイや詳しい説明を読むことができます。 興味のある言葉を見つけたら、ぜひクリックしてみてください。 慶応義塾大学の創設者でもあり、学問のすすめを書いた福沢諭吉の言葉は、受験生に染み入ります。 仏教で「死に備える」とは、「死ねばどうなるか」の来世を考えることなのです。, ところが、こんな危ない所にいながら、旅人がうつつを抜かすのは、5滴のハチミツのことばかり。 旅人は、今までのどんな時よりも、最も恐ろしい光景を見たのである。, 藤蔓の元に、白と黒のネズミが現れ、藤蔓を交互にかじりながら回っているではないか。 受験とは自分との戦いですが、自分を応援してくれている人がいると分かれば安心します。この一言で前向きになってくれる可能性もあります。, ・「次があるさ!」 旅人は、あまりの恐ろしさに、再び藤蔓を握り締め身震いした。 受験は結果がつきものですが、その結果だけが全てではありません。その後どう歩んでいくかも同じくらい大事なのです。失敗を恐れるのではなく、ポジティブに結果を受け止められるよう言葉をかけてあげると、必要以上の不安も解消して実力が発揮しやすくなるでしょう。 ・「お前がいつか出会う災いは、おまえがおろそかにしたある時間の報いだ。」ナポレオン 怒っても、とてもかなわぬ相手と知ると、ネタミ、ソネミ、ウラミの心が起きてきます。相手の才能や美貌、金や財産、名誉や地位を妬み、そねみ、他人の不幸を喜ぶ醜い心。 どんなに努力しても、自分の実力に自信が持てないということはよくあります。自信を失ってしまうと、実力も十分に発揮できないので、自分の実力に自信を持ってもらいましょう! 同時に旅人は自分もまた、同じ立場にいることを直感した。 受験生でなくても、頑張っている時の労いの言葉はもらうと嬉しいです。努力を見てくれている人がいると思うと、なおさら頑張ろうという気にもなるでしょう。労いの言葉で今までの努力をそっと認めてあげましょう。, ・雲外蒼天 この、いかんともしがたい人生の寂寥を感ずることが、実は人生を意味あるものにするのだと、ブッダはこの例え話で説かれているのです。, 孤独な道中で旅人は、道に散らばる白骨を見て驚きました。 3人目は、「いやいや命の長さは一息つく間しかありません。吸った息が出なかったら、それでおしまいです。」 これは、人生の寂しさを例えたものです。, 今年1月、イギリスで「孤独担当大臣」が新設されました。 2匹のネズミが交互に藤蔓をかじる、とは、昼と夜が循環しながら、命を削っている有り様です。 ・「どんな道に進んでも正解」 「やれやれ、この藤蔓のおかげで助かった。まずは一安心」と足下を見た時である。 しかし、所詮は虎に人間はかなわない。  

「そうだ、そなたの言うとおり、命の長さは吸った息が出るのを待たぬほどの長さでしかないのだ。命の短さがだんだんに身にしみて感じられるようになるほど、人間は人間らしい生活を営むようになるのだ」と教えられた。, やがて必ず白か黒のネズミに噛み切られる細い命の藤蔓。 人生の目的を知り、その達成に向かって生きれば、時間を最大限に生かし、人生を輝かすことができます。

ポジティブに考えることも大事です。特にショックな時はなかなか自分でポジティブに考えることができないでしょう。無責任にポジティブな応援や励ましをすることはあまりよくありませんが、時に心を軽くしてくれるでしょう。 「その旅人は何と愚かなのでしょう。それほど危ない所にいながら、なぜ5滴の蜜くらいで、その恐ろしさを忘れられるのでしょうか。旅人がこの先どうなるかと思うと、恐ろしくて聞いておれません」, 「王よ、この旅人をそんなに愚かな人間だと思うか。実はな、この旅人とは、そなたのことなのだ」, 「いや、そなた1人のことではない。この世の、すべての人間が、この愚かな旅人なのだ」, トルストイが、“これ以上、人間の姿を赤裸々に表した話はない”と驚いた例え話。 1日24時間、平等に与えられた「時」をどう使えば、人間に生まれた喜びを味わえるのでしょう。 ・臥薪嘗胆

その理由をブッダは、, と経典に説かれています。 炎のように赤い龍で、「あいつのせいで儲け損なった」「こいつのせいで恥をかかされた」 トルストイが驚いたのは、この無法者のような自己の死の影でした。, 猛虎に追われた旅人は、藤蔓につかまって断崖にぶら下がります。 人は、死ねばどうなるのか。 受験勉強は結果がつきものですが、努力の過程を褒めてあげられるのは受験生の周りにいるあなただけです。今まで積み重ねてきた努力を褒めてあげましょう。 時折聞こえる、こんな有名人の不幸の陰に、名も知らぬ人々の訃報は数が知れません。 ・Believe in yourself!「自分を信じて!」 たとえ親兄弟、夫婦、親友でも、何一つ隠さずに、心中をさらけ出すことができるでしょうか。 旅の目的地は、一体どこでしょうか。, 禅僧・一休は、「門松は 冥土の旅の 一里塚」と詠んでいます。 旅に出ると、同じ所に長くはとどまりません。 あるガン患者が闘病記に、「死は、突然にしかやって来ないといってもよい。いつ来ても、その当事者は、突然に来たとしか感じない」と記しています。

その驚きは、私たちが他人の死を見たり、聞いたりした時の衝撃を例えたもの。 そう考えると私たちも、この旅人と同じように、白骨の広野にポツネンと立っている、ということでしょう。, その死は、私自身にも迫っている。

闇を透かして見ると、彼方から飢えに狂った、見るからに獰猛な大虎が、こちら目掛けて、まっしぐらに突進してくるではないか。 ・「共感する」 不安を抱える受験生にとって、暖かい応援の言葉は本当にありがたいものです。ですが、プレッシャーを与えてしまいそうで選ぶ言葉が難しいのも事実、今回は受験生が言われて元気になる言葉をご紹介したいと思います。, ちょっとした時にかけると喜んでもらえる一言。お菓子などに書いてプレゼントするのも喜ばれます。相手にプレッシャーを与えずに励ます言葉にはどのようなものがあるでしょうか。 旅の道中は晴れの日ばかりではなく、曇天もあれば、雨や風雪の日も。台風に見舞われることもあるでしょう。 事故、災害、殺人、テロ、自殺……。テレビや新聞で、人が死ぬニュースの流れない日はありません。 心の奥底をよくよく見てみると、とても言葉にできないものを、誰もが抱えています。 遅かれ早かれ、必ずぶち当たる未来です。 その悩みや苦しみを、完全に理解してもらえたら、どれほど救われることでしょうか。 それだけではなかった。

そんな孤独は心と体の健康をむしばみますから、問題解決のために設けられた役職なのでしょう。 一日一善、1ポチ、よろしかったら応援してください。 この明白な事実を、ロシアのトルストイは、“どうして当初から理解できずにいたのだろう”と、著書で振り返りました。 その命の短さを、釈迦が修行者たちに尋ねられた、こんな逸話があります。, 修行者の1人は、「命の長さは5、6日間でございます。」と答え、次の1人は、「命の長さは5、6日もありません。食事をする間くらいのものでございます。」 /Wish(ing) you best of luck!「幸運を祈ります」 そしてこの「短い命」の自覚こそが、人生を真に輝かせるのだと、ブッダは言われます。, 藤蔓にすがる旅人の足下には、3匹の恐ろしい毒龍と底知れぬ深海が待ち受けています。 //--> 驚き恐れた旅人は無我夢中で、今来た道を全速力で虎から逃げた。 ロシアの世界的文豪・トルストイも称賛したという、その例え話をお話しします。, 「命」とは、私に与えられた「時間」だといわれます。 やがて猛虎の吐く、恐ろしい鼻息を身近に感じて、もうだめだと旅人が思った時である。どう道を迷って走ってきたのか、道は断崖絶壁で行き詰まっていたのだ。

最澄(767-822)は大乗仏教の理想追求に生涯を捧げ、遂にその力も尽きようとする死に臨んで「心形久しく労して一生此に窮まる」との言葉を遺し、弘仁13年(西暦822年)6月4日、57歳の生涯を閉じまし …

この5つの楽しみ求めて、限りある命で限りない欲を満たそうと、私たちは、懸命に生きています。 しかし、やがて旅人は空腹を感じて周囲に食を探して眺め回した。 普段私たちは、この蔓を鋼鉄のワイヤか何かと思い込み、いつまでも生きていられるように錯覚していないでしょうか。

 

悪い結果だったとしても、長い目で見るとそれほど大したことではないかもしれません。大事なのは次にどうするかでしょう。受験という大きな挑戦をした受験生をしっかりと褒めてあげましょう。 昨今は「終活ブーム」で、「死の準備が大切だ」とか「死生観を学ぼう」とよく言われますが、そう聞くと、遺産などの身辺整理や墓の準備、死に方を考える人が多いようです。 ・孤軍奮闘

底の知れない深海の怒濤が絶えず絶壁を洗っているではないか。 私たち一人一人の背後に、飢えた猛虎(死)が迫っているのは、否定できない事実です。 ドラマの名脇役・大杉漣さんが、ロケ先で突如亡くなったのは平成30年2月のこと。   記載されている内容は2017年04月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。, また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。, 就活や受験、スポーツなど、重要な面接や試験、試合の時は、応援の言葉をかけてあげたいですよね。どんな言葉をかければ良いのでしょうか。今回は、目的別にオススメの応援の言葉、使いやすい応援の言葉を紹介します。参考にしてみてください。, 受験や試合など応援の言葉をかけたい時、どんな言葉をかければ相手に喜んでもらえるのでしょうか。今回は、オススメの応援の言葉や、使いやすい応援の言葉などを紹介します。, 人生を左右する受験や就活など、あなたの大事な人が頑張っていたら、ぜひ応援してあげたいです。

絶望に暮れた彼は、幸いにも断崖に生えていた木の元から1本の藤蔓が垂れ下がっているのを発見した。

・努力の否定 日本語ではあまりカジュアルには使いませんが、英語だと自然に使うことができます。受験は努力だけでなく運も関わってきます。応援したい人の幸運を祈ってあげましょう。 ・「お疲れ様」  

挫折を経験した事がない者は、何も新しい事に挑戦したことが無いということだ。」アインシュタイン と燃え上がる腹立ちの心です。   どうしてこんな所に、しかも多くの人間の白骨があるのだろうか、と不気味な不審を抱いて考え込んだ。 限られた時間の価値に気づいた人は、本当の幸福になれる法を探し求めるでしょう。 私たちは一日生きれば、一日死に近づきます。 欲が妨げられると、出てくるのが怒りです。   ・「過ぎ去った昔のことは気にしない。遠い未来のことは思い悩まない。いま、ここにあるひとつひとつやっていけば、迷いはなくなるんだ。」くまのプーさん, ・「絶対大丈夫!」 その時である。   人生も、調子のいい時ばかりではありません。 The following two tabs change content below. 受験とは己との戦いです。, ・「進まざる者は必ず退き、退かざる者は必ず進む。」福沢諭吉

励みになります。↓↓ ↓↓↓↓,