仮面ライダー ストロンガー 1話 5

仮面ライダーストロンガー 30話 「さようならタックル! 最後の活躍!!」 続きを読む. 今作からスーパー1まで、効果音の制作会社が協立効果からスワラプロダクション※になった。 主要キャラクターに殉職者が出るなどストーリー自体はかなりハードなものだったのだが、この茂の明るめのキャラに影響される形で、作風も全体的に快活な雰囲気が出ている。 1975年4月から12月にかけて、毎日放送ホスト・TBS系列局にて放送された、『仮面ライダー』シリーズ第5作。 ストロンガーがガンガルらのもとに飛び降りる。 電撃を帯びた強烈なパンチ、キックの前に、次々に戦闘員が倒されてゆく。 ストロンガー「俺の名は、仮面ライダーストロンガー! 仮面ライダーストロンガーがイラスト付きでわかる! 仮面ライダー第5作。 悪の秘密組織ブラックサタンによって親友を殺された城 茂は自らブラックサタンに改造され電気人間となった。そして脳改造を逃れた後、ブラックサタンに復讐を誓った!! 概要 1975年4月から12月にかけて、毎日放送ホスト・tbs系列局にて放送された、『仮面ライダー』シリーズ第5作。 「ストロンガー」のV3客演で 戦え!仮面ライダーV3 35、39話 V3アクション 35,37,39話 V3アクションの方が回数も多く、なじみだな . 1975年に放送された「仮面ライダー」シリーズ第5作『仮面ライダーストロンガー』のYouTube無料配信決定。東映特撮YouTube Officialにて配信されます。第1話は2月5日(水)21時30分より配信スタート。以降、毎週水曜日22時更新 ※平成ウルトラシリーズやアニメ作品のSEを担当してる会社。どちらかと言えばゴレンジャーのSEが多用された, 仮面ライダー 城茂 岬ユリ子 電波人間タックル ジェネラルシャドウ (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); […] (詳細は、仮面ライダーシリーズがこちら、スーパー戦隊シリーズがこちら) […], 仮面ライダーの見逃し配信動画をネットで無料視聴する安全な方法! YouTubeなどで見ると危ない理由とは?, 仮面ライダー動画&映画を無料視聴する方法!1話~最終回の全話見れるとっておきの方法をご紹介!, チクログの記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等でご紹介して頂けると嬉しいです。コピーやリライトされて文章をお使いになる場合なども、引用・参考元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼り記載してください。よろしくお願いいたします^^, 仮面ライダービルドの謎が・秘密が発覚!?昭和仮面ライダー1号2号を思わせるストーリーだった!解説します!, 仮面ライダーエグゼイドトリロジーアナザー・エンディング!の上映公開日やDVDブルーレイ発売日・値段情報!, ジオウ31話の動画とネタバレ!dailymotionより安全に見逃し配信を観る方法, ジオウ30話の動画とネタバレ!dailymotionより安全に見逃し配信を観る方法, 仮面ライダージオウ28話ネタバレ感想!黒い男の正体はスウォルツだった「オレたちのゴール2019」, 仮面ライダージオウ27話ネタバレ感想!ディケイド門矢士再登場!遂に黒ウォズが変身!「すべてのはじまり2009」, エグゼイド台詞まとめ!ガシャット・決め台詞・必殺技台詞、全部覚えて君も仮面ライダーエグゼイドマスターだ!, 【ハリー・ポッターと賢者の石】地上波初放送時間はいつ?教科書の秘密は?金曜ロードショー, ビルド台詞まとめ!決め台詞・フルボトル・ビルドドライバー・必殺技台詞を全部覚えて君も仮面ライダービルドマスターだ!, なぜか急に夜中に片付け掃除をしたくなる心理とは?実はストレスが影響してるってほんと?, 油性マジックは洗濯で落ちないどころか逆効果⁉昔の汚れも落とせる方法をご紹介!「驚愕の事実」あり, 仮面ライダービルドの意味・由来は?10という数字が隠された本当の意味とモチーフはこれだ!, クリスマスプレゼントに仮面ライダービルドかキューレンジャーかどっち?今ならビルドをすすめる理由とDXビルドドライバーの商品レビュー. 野生児を主人公とした前作と打って変わって、今回の主人公・城茂は都会派でスタイリッシュというそれまでにないタイプのヒーローとなった。また、性格も今までのライダーのような真面目一辺倒ではなく、楽観的で自信過剰という若干軽めのノリになっている。 ホーム 次のページ ». 『仮面ライダーストロンガー』(かめんライダーストロンガー)は、1975年4月5日から12月27日まで、TBS系列で毎週土曜19:00 - 19:30(JST)に全39話が放送された、毎日放送・東映制作の特撮テレビドラマ作品、および作中で主人公が変身するヒーローの名称。, 「仮面ライダーシリーズ」第5作目[1]。TBS系列となって初の作品であり、第1期昭和仮面ライダーシリーズ最終作である[2]。, 分かりやすく明快で力強い方向性が打ち出された作品とすることが目指され、西部劇のような放浪劇となっているのが特徴である[1][2][3]。レギュラー登場人物はシリーズで最も少ない[2]。, また、仮面ライダーシリーズでは東映生田撮影所で撮影された最後の作品となった[3]。, 前作品『仮面ライダーアマゾン』までの仮面ライダーシリーズは、関東地方などではNET系列で放送されてきたが、制作局の毎日放送が「腸捻転」解消のために朝日放送とネットチェンジした。そのため、本作品は関東地方などではTBS系列での放送となった。そして、TBS側の意向により、『アマゾン』に代わる新番組が急遽制作されることとなった[4]。, 東映の平山亨は「5人の仮面ライダーが活躍する」という案を毎日放送側に提示したが、仮面ライダーシリーズを初代『仮面ライダー』から担当してきた毎日放送編成局映画部長の庄野至は、「ヒーローは1人であるべき」とし、これに反対した[5][6][注釈 1]。このため、従来通り仮面ライダーは「ストロンガー」という単独ヒーローとなった。没となった「5人ライダー」の企画案であるが、これはそのまま後のスーパー戦隊シリーズの礎となる『秘密戦隊ゴレンジャー』の設定に生かされることとなった[6]。, 「『X』『アマゾン』ときて、正直手詰まりな感じがあり、ヒーローものとしての原点に立ち帰ろうと思った」と語る平山が次に提示したのが、「単純明快、痛快明朗」を目指した『仮面ライダースパーク』だった。仮面ライダーには「改造電気人間」という視覚的に訴えかける新要素を設定[2]。しかし「スパーク」という名称は商標登録されていたため、「ストロンガー」に変更された[2][7][8][9][注釈 2]。各地を放浪するというアイデアは前作『アマゾン』の初期案である『ドラゴンライダー』の初期設定を踏襲しており、デザイン画にも共通性が見られる[6]。, また、「私たちも仮面ライダーごっこがしたい」という女の子たちの意見を聞いた平山の発案により、シリーズ初の変身ヒロイン・電波人間タックルの登場も決められた。タックルも当初は女性仮面ライダーとして提案されていたが、5人ライダー案と同様に毎日放送側から却下された[6][注釈 1]。, 敵方のキャラクター「奇っ械人」にもストロンガーの「改造電気人間」同様に、「改造スプリング人間」「改造ガス人間」など、明快な特徴が設けられていたが、これを1話限りの登場で描ききることは難しかったらしく、切り捨てられた[11][12]。, 本作品は当初、全52話(4クール)での終了を予定していた。だが、初回視聴率が振るわなかった上に数字は下降を続け、それまでとは逆に関西の視聴率が関東を下回るまでに至った[2]。これは放送時間が30分早まったため、日没の遅い関西で子供たちの帰宅時間と合致しなくなったからである[7]。, 毎日放送は6月から「番組強化キャンペーン」を展開したものの、結局本作品をもって仮面ライダーシリーズの終了を決定した。これは、毎日放送の左近洋一らの、「人気のある内に終わらせよう」との意向によるものである[2][7]。, 「有終の美を飾りたい」との毎日放送側の計らいによって、最終話(第39話)は藤岡弘以下、歴代の仮面ライダーが素顔で全員客演し、原作者の石森章太郎も山田稔と共同で監督を務めるという布陣となっている[2]。各俳優のスケジュール調整には相当な無理があったらしく、揃っての撮影は1日のみであった[2]。7人の仮面ライダー全員が素顔で揃ったのはこれが最初で最後であった。予告では「仮面ライダー最終回」とアナウンスされ、シリーズの最終回を強調されていた[14]。本作品の撮影終了後、仮面ライダーシリーズ終了記念パーティーが開催された[15]。, 終了後も土曜19時台では引き続きMBS制作によるテレビ番組の放送が継続され、NET系時代末期に穴埋めとして放送された後、視聴者から再開要望が多く寄せられていた『まんが日本昔ばなし』が本作品の後番組に充てられ[2]、『クイズダービー』『8時だョ!全員集合』とともに、1970年代後半から1980年代前半におけるTBS系土曜ゴールデンタイムの看板番組として定着することになる。毎日放送・東映・石ノ森章太郎による特撮ヒーロー路線は、金曜19時台の『宇宙鉄人キョーダイン』に引き継がれた[2]。, 大学生・城茂(じょう しげる)は、悪の組織ブラックサタンの秘密を知ったことで殺された友人・沼田五郎(ぬまた ごろう)の仇を討つため、自ら進んでブラックサタンのアジトに乗り込む。そして、苦痛に耐えながら改造手術を受けて電気人間となった。自己催眠装置によって脳改造を免れて大首領への宣誓の場で反旗を翻した茂は、電波人間に改造された岬ユリ子(みさき ゆりこ)を救出し、ともにアジトから脱出に成功[注釈 3]。, 以後、茂は仮面ライダーストロンガー、ユリ子は電波人間タックルとして、各地をさすらいながらブラックサタンの奇械人と戦う。旅の途中、仮面ライダーアマゾンまでの歴代ライダーとともに戦った立花藤兵衛が加わり、3人旅となった。, ブラックサタンを壊滅させたストロンガーとタックルだったが、デルザー軍団が出現。デルザーの改造魔人を前にユリ子が命を落とし、ストロンガーはブラックサタンの科学者だった正木陽一郎(まさき よういちろう)博士によって再改造されて改造超電子人間にパワーアップした。, そして、世界各地から歴代ライダーが次々と日本に帰国。ストロンガーは彼らとともに、デルザーとの最終決戦に臨む。, 前作までに登場した仮面ライダーたち。デルザー軍団を追って海外から次々と帰国し、第35話のV3を機にストロンガーと共闘。, 城茂が両手のコイルスプリングを交差させて発生した電気エネルギーによって変身した姿。カブトムシをモチーフとした改造電気人間。黒いマスクと赤い角が特徴。電気人間の名の通り、体内に強力な高性能発電装置を備えているため、常時5万ボルトの高圧電流を体内に滞留しており[20]、そこから生み出される電気を用いた技を得意とする。コイル状に形成された高圧電流が流れる両手・コイルアームは右手がプラス電極、左手がマイナス電極になっており、これを擦過させることで体内の発電装置を作動させて変身する(そのため、茂は変身前も常に手袋を着用している)。身体にある赤いラインはアースの役割りを果たす。変身直後のエネルギー量は凄まじく、カブトアースが変身直後に余剰な電気エネルギーを火柱のように放出するアーク・フラッシュ現象が生じる。ストロンガーブーツは普段は絶縁体となっているが、電キックの際には伝導体となる。, 独特の大きな複眼「ビッグアイ」は、設定上は270度の広視界を持つとされる[21]。, 変身後に決め台詞が存在し、口上の長さから第5話以降では一部のフレーズが省略されるケースもあった。バージョンとしては、高所から敵を見降ろして一気に述べる口上と、戦闘員相手に殺陣(戦闘)を行いながら述べるバージョンがある[注釈 5]。, 第31話から登場。最強の改造魔人集団デルザー軍団から重傷を負わされ体内の電気回路を寸断された茂が、元ブラックサタンの科学者である正木洋一郎博士から超電子エネルギーを発生させる超電子ダイナモを身体に埋め込まれ、電気人間の100倍のパワーを発揮する超電子人間となった姿。チャージアップストロンガーとも表記される[41][42]。, 通常のストロンガーを遥かに凌ぐ驚異的なパワーを持ち、全ての電気技が通用せず、苦戦することが多かったデルザーの改造魔人を凌駕し、一撃で倒すほどのパワーを持つ。チャージアップ形態になってからは超電子ダイナモの影響からか、通常状態のストロンガーも強化されたらしく、苦戦することが多かったデルザー軍団と互角に戦えるようになり電気技も効くようになった。ただし、超電子の使用には1分間という時間制限があり、これを1秒でも越えると自爆してしまう危険性を持つ。超電子状態での技の使用は従来の10数倍のエネルギーを消費する。, チャージアップ時の外見はカブテクターに銀色のラインが入る、カブトショック(額の角)が銀色に変化する、ビッグアイの色が微妙に変化するなどの違いが見受けられる。「チャージアップ」の掛け声とともに一定のポーズを取ると、胸のSポイントが回転し、余剰エネルギーが放出される。, 岬ユリ子が変身するテントウムシ(ナナホシテントウ)をモチーフとした改造電波人間。電波エネルギーを動力として戦うほか、ブラックサタン奇械人や戦闘員の進撃をいち早く察知する描写が多い。キメ台詞は「ブラックサタンの奇械人と闘う、自由と平和の戦士!」(第1話)。, 脳改造に伴う身体の強化改造手術前にストロンガーに救出されたため、その戦闘能力は著しく低い[59][3]。戦闘員には太刀打ちできるものの奇械人には歯が立たず、ピンチに陥ることも多かった。ジャンプ力は垂直跳びで3m。, 変身後も基本的にユリ子役の岡田京子が演じているが[60]、岡田は殺陣に不慣れであったため、激しいアクションシーンは大野剣友会の清田真妃が代演することもあった。, 人間の耳から脳内に侵入し、肉体を乗っ取る恐るべき怪虫サタン虫を使って全人類支配を企む秘密結社。ブラックサタン大首領によって統括され、世界中に支部を持つなど組織としては原点回帰的な側面を持つ。構成員は改造手術の後、忠誠の誓いを立てる。また儀式を行う際は白、または黒の三角頭巾の長衣をまとう。, 第13話では「奇械人の墓場」に『仮面ライダーV3』のデストロン怪人ピッケルシャークの姿が見られたほか、第17話でのタイタンの復活の儀式には『仮面ライダーX』のGOD悪人軍団であるアリカポネが奇械人に交じって参列していた[2]。, 第26話で、大首領に用済みとされて怒ったジェネラルシャドウが起こしたクーデターにより、組織は内部分裂をおこして壊滅状態に陥った。更にブラックサタン大首領はストロンガーによって倒され同時に本部も爆発、ブラックサタンは壊滅した。しかしジェネラルシャドウは自身の故郷である「魔の国」から、ブラックサタン大首領すら戦慄させる恐るべき軍団を呼び寄せていた。, ブラックサタンのアジトの中心部は2008年にバンダイから発売された「ライダー昭和名鑑」で、「ストロンガーとタックルの秘密!」(第2話のサブタイトル)という彩色済みディスプレイモデルとして再現された。ストロンガーがブラックサタン戦闘員を倒したところを再現しており、アジト内のオブジェなども細密に再現されている。, ブラックサタンの擁する怪人(戦闘用サイボーグ[77][78]、読みは「きっかいじん」)[注釈 18]。人間性の徹底的な欠如が特徴で、シリーズ従来の怪人に比べて外見がメカニカルになっている[79]。本体であるサタン虫を耳などから人間の体内へ進入させて肉体を相手と同化し、寄生して人間を操ることができる。, 怪人自ら人間に抱きついてサタン虫を人間に寄生させ、「奇械人、乗り移り」の叫び声で人間に憑依することができる。乗り移られた相手は、耳たぶに黒い「★」印が浮き出る。脳を刺激することで怪人体に変身する。乗り移った奇械人が死んでも、乗り移られた人間が死ぬというようなことはなかった。, ブラックサタン壊滅後、組織に見切りを付けた、ジェネラル・シャドウが自身の故郷である「魔の国」から呼び寄せ創設した新組織。不吉を象徴する数字、13[81][82]の魔人たちによって構成される。結成初期にはシャドウを含む8人のメンバーが集結し、後に残りのメンバーが参戦することになる。シンボルマークは「蛇」を「d」に見立てたもので、ジェネラルシャドウ以外は全員このシンボルのついたベルトを着用している。, デルザー軍団のメンバーは、主に古の民間伝承に名を残す有名な妖怪や魔人の子孫や不死者が、さらに機械改造[83]された者たちで構成されている[20]。ブラックサタン大首領ですら戦慄するほど実力は凄まじく、全員がショッカーからブラックサタンの大幹部と同等の実力を持ち、ストロンガーの主力エネルギーである電気エネルギーを吸収かつ跳ね返せるため、ストロンガーの能力では歯が立たなかった。組織の規模は決して大きくはないが、実力はブラックサタン以前の歴代の秘密結社を凌駕する過去最強の戦闘力を誇る。, 最大の特徴は明確なリーダーが存在せず、組織内のヒエラルキーが基本的に存在しないこと。組織の統率性は著しく低く、登場時にジェネラル・シャドウが実力第一主義に基づき「ストロンガーを倒した者が軍団の指揮権を掌握する」というルールを提唱[20]。全員賛同のもと、団員同士の激しい競争が繰り広げられたが、ストロンガーが超電子人間にパワーアップしたことから形勢を逆転され、ジェネラル・シャドウが呼び寄せた第一陣の改造魔人たちは壊滅状態となる。, しかし、マシーン大元帥 率いる第二陣がエジプトより来日すると、大元帥はジェネラル・シャドウの指揮権を剥奪。仮面ライダー打倒よりも従来の侵略活動に重きが置かれるようになる。日本各地で破壊活動を開始するが、ストロンガーと世界各国から帰国した6人ライダーの活躍によって、作戦を次々と阻止された。第39話で、立花藤兵衛を人質に取り、再生怪人たちとともに7人ライダーに最終決戦を挑んだが全員が倒された。その直後、軍団の背後に存在していた大首領が現れ、7人ライダーと対決するが「わしは地球を捨てて、宇宙の果てに帰る」と言い残して自爆。組織は壊滅した。, デルザー軍団 大首領 と ジェネラル・シャドウについては、それぞれの個別記事を参照。, ジェネラルシャドウの計画に賛同し、日本に集結。ブラックサタンを乗っ取った改造魔人たち。ブラックサタンのクーデターではジェネラル・シャドウがリーダーを務めていたが、各改造魔人は大幹部クラスの同格であるがゆえに互いの対抗意識が強く、手柄争いの内紛が耐えなかった[20]。, ストロンガー抹殺を条件にしたリーダーの座を巡る争いの要素が加わったため、日本列島を難なく滅ぼせる歴代最高の戦力を誇る組織が、同時に最低の結束力しか持たないという皮肉な状態に陥ることとなった。, 海外で猛威を振るい、歴代の仮面ライダーと激闘を繰り広げていた魔人たち。第一陣の壊滅直後、日本列島に襲来して組織を再編。地震発生装置によるダム破壊やコンビナート爆破を行い、首都壊滅などの破壊活動に重点を置き、日本壊滅侵攻計画を発動する。, ※参考文献:『仮面ライダー大図鑑(5)』(バンダイ・1992年)、『仮面ライダーX アマゾン ストロンガー大全』(双葉社・2004年), 青年紳士タイタン役の浜田晃は、撮影の中盤から怪人態のスーツアクターを兼任するようになった。ただし高度なアクションは大野剣友会の千代田恵介が担当している[113]。, 技斗は、高橋一俊が『秘密戦隊ゴレンジャー』を受け持つことになったため、第3話より岡田勝が担当した[2]。, ★印参照:石ノ森章太郎、成井紀郎『決死戦7人ライダー』角川書店、2001年9月1日、120-121頁。.mw-parser-output cite.citation{font-style:inherit}.mw-parser-output .citation q{quotes:"\"""\"""'""'"}.mw-parser-output .id-lock-free a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-free a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/6/65/Lock-green.svg/9px-Lock-green.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/65/Lock-green.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-limited a,.mw-parser-output .id-lock-registration a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-limited a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-registration a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg/9px-Lock-gray-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/d/d6/Lock-gray-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .id-lock-subscription a,.mw-parser-output .citation .cs1-lock-subscription a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/a/aa/Lock-red-alt-2.svg/9px-Lock-red-alt-2.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/aa/Lock-red-alt-2.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:9px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration{color:#555}.mw-parser-output .cs1-subscription span,.mw-parser-output .cs1-registration span{border-bottom:1px dotted;cursor:help}.mw-parser-output .cs1-ws-icon a{background-image:url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Wikisource-logo.svg/12px-Wikisource-logo.svg.png");background-image:linear-gradient(transparent,transparent),url("//upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/4/4c/Wikisource-logo.svg");background-repeat:no-repeat;background-size:12px;background-position:right .1em center}.mw-parser-output code.cs1-code{color:inherit;background:inherit;border:inherit;padding:inherit}.mw-parser-output .cs1-hidden-error{display:none;font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-visible-error{font-size:100%}.mw-parser-output .cs1-maint{display:none;color:#33aa33;margin-left:0.3em}.mw-parser-output .cs1-subscription,.mw-parser-output .cs1-registration,.mw-parser-output .cs1-format{font-size:95%}.mw-parser-output .cs1-kern-left,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-left{padding-left:0.2em}.mw-parser-output .cs1-kern-right,.mw-parser-output .cs1-kern-wl-right{padding-right:0.2em}.mw-parser-output .citation .mw-selflink{font-weight:inherit}ISBN 4-04-853403-3。, 仮面ライダークウガ以降の作品は、本作品とは物語がつながっていないが、デザインや設定などに様々な影響が見られる。, 藤岡弘・佐々木剛(初代) | 宮内洋(V3) | 速水亮(X) | 岡崎徹(アマゾン) | 荒木茂(ストロンガー), 村上弘明(スカイライダー) | 高杉俊介(スーパー1) | 菅田俊(ZX:TVSP), 倉田てつを(BLACK→BLACK RX) | 石川功久(シン:OV) | 土門廣(ZO:映画) | 望月祐多(J:映画), 黄川田将也(THE FIRST・THE NEXT:映画)| 藤田富・谷口賢志・前嶋曜(アマゾンズ:Webドラマ), オダギリジョー(クウガ) | 賀集利樹(アギト) | 須賀貴匡(龍騎) | 半田健人(555) | 椿隆之(剣) | 細川茂樹(響鬼) | 水嶋ヒロ(カブト) | 佐藤健 (電王) | 瀬戸康史(キバ) | 桜田通(電王劇場版) | 井上正大(ディケイド) | 稲垣吾郎(G:TVSP), 桐山漣・菅田将暉(W) | 渡部秀(オーズ/OOO) | 福士蒼汰(フォーゼ) | 白石隼也(ウィザード) | 佐野岳(鎧武/ガイム) | 竹内涼真(ドライブ) | 西銘駿(ゴースト) | 飯島寛騎(エグゼイド) | 犬飼貴丈(ビルド) | 奥野壮(ジオウ), 高野八誠・加藤和樹(THE FIRST・THE NEXT:映画) | 朝日奈寛・(ゲスト)姜暢雄(アマゾンズ:Webドラマ), 要潤・友井雄亮・菊池隆則・(ゲスト)唐渡亮(アギト) | 松田悟志・涼平・萩野崇・高野八誠・高槻純・木村剛・一條俊・日向崇・(ゲスト)黒田アーサー・(ゲスト)和田圭市・(ゲスト)加藤夏希・小山剛志(声)・(ゲスト)弓削智久(龍騎) | 村上幸平・原田篤・(ゲスト)河西りえ・泉政行・(ゲスト)溝呂木賢・(ゲスト)ピーター・ホー(555) | 天野浩成・森本亮治・北条隆博・(ゲスト)黒田勇樹・(ゲスト)三津谷葉子・(ゲスト)杉浦太雄(剣) | 渋江譲二・川口真五・松田賢二・(ゲスト)片岡礼子・(ゲスト)松尾敏伸・(ゲスト)山中聡・(ゲスト)北原雅樹・(ゲスト)湯江健幸(響鬼) | 佐藤祐基・徳山秀典・内山眞人・加藤和樹・山本裕典・(ゲスト)弓削智久・(ゲスト)小林且弥・(ゲスト)虎牙光揮・(ゲスト)武蔵(カブト) | 中村優一・大塚芳忠(声)・三木眞一郎(声)・(ゲスト)渡辺裕之・(ゲスト)緑川光(声)・(ゲスト)神谷浩史(声)・(ゲスト)松村雄基・(ゲスト)古川雄大・(ゲスト)高尾日歌(電王) | 武田航平・加藤慶祐・柳沢なな・高橋優・松田賢二・熊井幸平・山本匠馬・新納慎也・(ゲスト)堀内健(キバ) | 戸谷公人・村井良大・森カンナ・デビット伊東・池内万作・牧田哲也・川岡大次郎・栗原功平・山中聡・累央・川原一馬・成松慶彦・鈴木拡樹・岡野友紀・北村栄基・水谷百輔・森陽太・岩間天嗣・坂本恵介・エンリケ・(ゲスト)入江雅人・(ゲスト)秋山奈々・(ゲスト)稲田徹(声)・(ゲスト)藤本たかひろ(声)・(ゲスト)田中大文(声)・(ゲスト)赤羽根健治(声)・(ゲスト)根本幸多(声)(ディケイド), 木ノ本嶺浩・(ゲスト)吉川晃司・(ゲスト)コン・テユ・(ゲスト)松岡充(W) | 岩永洋昭・君嶋麻耶・(ゲスト)荒井敦史・(ゲスト)浜田賢二(声)(オーズ/OOO) | 吉沢亮・(ゲスト)真野恵里菜(フォーゼ) | 永瀬匡・中山絵梨奈・相馬眞太・川口真五・高階俊嗣(声)・池田成志・(ゲスト)戸塚純貴・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)瀧澤翼・(ゲスト)載寧龍二・(ゲスト)小倉久寛・(ゲスト)陣内孝則・(ゲスト)奥仲麻琴(ウィザード) | 小林豊・高杉真宙・久保田悠来・松田岳・(ゲスト)百瀬朔・白又敦・松田凌・青木玄徳・佃井皆美・吉田メタル・波岡一喜・(ゲスト)小山力也(声)・(ゲスト)板尾創路・(ゲスト)田中偉登・(ゲスト)片岡愛之助・(ゲスト)安藤穂乃果・(ゲスト)斧アツシ(声)・(ゲスト)岩田さゆり・(ゲスト)河相我聞・(ゲスト)中村龍介・(ゲスト)鳥羽潤・(ゲスト)鷲見友美ジェナ(鎧武/ガイム) | 稲葉友・上遠野太洸・(ゲスト)綾部祐二・(ゲスト)及川光博・(ゲスト)松岡充(声)・(ゲスト)真剣佑・(ゲスト)片岡鶴太郎・(ゲスト)蕨野友也・(ゲスト)松島庄汰(ドライブ) | 山本涼介・磯村勇斗・(ゲスト)かでなれおん・(ゲスト)竹中直人・(ゲスト)八十島弘行・(ゲスト)ツネ・(ゲスト)高山侑子・(ゲスト)木村了・(ゲスト)沢村一樹(ゴースト) | 岩永徹也・瀬戸利樹・松本享恭・松田るか・小野塚勇人・甲斐翔真・貴水博之・(ゲスト)堂珍嘉邦(エグゼイド) | 赤楚衛二・武田航平・越智友己・小久保丈二・水上剣星・前川泰之・金尾哲夫(声)・(ゲスト)勝村政信・(ゲスト)進藤学・(ゲスト)趙珉和・(ゲスト)勝杏里(声)(ビルド) | 押田岳・渡邊圭祐・(ゲスト)大幡しえり・(ゲスト)多和田任益・(ゲスト)鈴木勝大・(ゲスト)入江甚儀・(ゲスト)財木琢磨・(ゲスト)菅原健・(ゲスト)中島健・(ゲスト)斉藤秀翼・(ゲスト)パパイヤ鈴木・(ゲスト)山口大地・(ゲスト)篠田諒・(ゲスト)ISSA・(ゲスト)杉田智和(声)・(ゲスト)坂井易直(声)(ジオウ), 岡田龍太郎・井桁弘恵・砂川脩弥・中川大輔・桜木那智・山口大地・中山咲月・速水奨(声)・(ゲスト)山本耕史・(ゲスト)伊藤英明・(ゲスト)福士誠治・(ゲスト)畑芽育・(ゲスト)小山悠・(ゲスト)後藤洋央紀(ゼロワン) | 山口貴也・青木瞭・富樫慧士・生島勇輝・岡宏明・唐橋充・平山浩行・(ゲスト)谷口賢志(セイバー), 5人ライダー案や女性ライダー案は事前協議の段階で没案となったため文書としては残されていない, 初期台本ではタイトルが確定しておらず「仮面ライダー◯◯◯◯◯」となっており、第2話台本では役名が「仮面ライダースパイク」と記述されていた, 作中では、第1話で冒頭からブラックサタンの作戦を妨害する茂とユリ子の行動が描かれ、第2話でストロンガーとタックルの誕生の経緯が描かれるという、, 『仮面ライダースーパー1』の時代に人工衛星を利用して、地球に帰還したとされている。, 呪いの棺の中に死者と特殊な花を入れ、手を下した者(タイタンの場合は、ストロンガーである茂)を花の棘で傷つけて、血を流させ、その血が棺の中の死者に口に入ることで死者を蘇らせる。, 第24話登場のハサミガニはジェネラルシャドウの指揮下にはなく、デッドライオンの着任が間に合えば彼の指揮下に入る予定であったことがブラックサタン大首領のセリフから覗える。また奇械人ハサミガニ自身もそのセリフを踏まえ、自分がもうすぐ着任する大幹部の指揮下にあるとジェネラルシャドウに発言している。, 書籍『仮面ライダー怪人大全集』では、改造人間ではなく機械生命体であると記述している, ドクターケイトの戦闘員は花型、ドクロ少佐の戦闘員はドクロ型、オオカミ長官の戦闘員は満月型。, 元々は前作『仮面ライダーアマゾン』の挿入歌として制作された曲で、本作品で初使用となった。, カマキリ奇械人、奇械人ハゲタカン、奇械人ブブンガー、コウモリ奇械人、奇械人電気エイ、奇械人毒ガマ、奇械人ケムンガ。その他にもキバ男爵の兜やクワガタ奇械人、奇械人アリジゴク、奇械人ドクガラン、『, サメ奇械人(声 - 市川治)、奇械人アリジゴク(声 - 大野剣友会)、カニ奇械人(声 - 大野剣友会)、奇械人メカゴリラ(声 - 沢りつお)、奇械人ブブンガー(声 - 大野剣友会)、荒ワシ師団長(声 - 池水通洋)。, エンディングクレジットでは第1話から水木と堀江の歌唱とされていた。子門ヴァージョンのレコード用フルサイズも録音されていたが、当時は発売されなかった。, 使用は第32話からだが、エンディングでの主題歌クレジットが変更されず、第36話まで先代のままとなっていた。, 平山亨『私の愛したキャラクターたち』pp.100 - 111、『仮面ライダーコレクターズ・ボックス』第4巻、朝日ソノラマ〈宇宙船文庫 特別版〉、1998年5月。, 「熊沢敏明インタビュー」、『仮面ライダーSPIRITS 受け継がれる魂II』講談社、2003年9月29日、p.126。, 『仮面ライダー 青春アルバム』p.58、『仮面ライダーコレクターズ・ボックス』第2巻、, 村枝賢一、鶯谷五郎『魂の仮面ライダー爆談!!

三井住友海上あいおい生命 女性特約 帝王切開 5, レアリア 夢 小説 4, 山形放送 山下 退社 13, バイオショック インフィニット エンディング 分岐 21, エグゼイド 変身 セリフ 9, 焼肉 北勢 閉店 5, 仲本工事 生き てる 6, 藤崎マーケット Ten 卒業 11, ハイキュー 横断幕 戸美 5, 巨人 沼田 なんj 40, 藤原基央 髪型 きのこ 12, 松田 好花 ブログ 11, Logic タイムストレッチ 音質 8, サーキュレーター 使い方 冷房 9, 夏の終わり 楽譜 無料 6, フォレスター 馬力 Na 4, 宮崎第一中学校 特待生 人数 38, ジャニーズ 名門 高校 42, ぷよクエ チュートリアル どこまで 10, 仮面ライダーファイズ 変身 番号 15, 恋愛 気持ち悪い 自分 4, 道明寺 司 いじめ 5, 空 の レストラン ラベル 7, ブライス ラディエンスプラス 開頭 15, コストコ エナジードリンク バッテリー 5, 城田優 ツイッター ジェジュン 4, 老健 入院 退所扱い 14, パプリカ ドラム 楽譜 7, 福岡 暴走族 悟空 14, ディーガ お引越しダビング Lanケーブル 4, 青森県りんご 防除暦 2019 13, シャニマス Sr おすすめプロデュース 16, 西 桜子 北洋 銀行 28, スーツ ドラマ インテリア 9, オーシスト シスト 違い 13, Sekiro 流派技 アプデ 5, 新型ハイラックス 釣り 仕様 49, 北海道 高校野球 寮 24, 既卒 就活 時期 6, た よれ ー る Remoteview 6, ジュウレンジャー 動画 パンドラ 15, ドルガバ 香水 えいと 10, Tsutaya 年会費 無料 23, Youtube 映画 恋愛 9, モンスター 売っ てる 場所 27, 劇団 ひとり キャンピングカー アドリア 12, Telephone 日本語訳 Sixtones 6, ◆ S5vfiwpp 信長 24, サザエさん 歌詞 窓を開けましょ 12, 数学 参考書 2ch テンプレ 19, 柚 希 礼音 Reon 4, セブチ ディノ ダンス 8, マリーゴールド 種 寿命 13, リチャード M スナイダー に 捧ぐ 29, Ls150 F 分解 8, 手紙 歌詞 合唱 14, Studio One ピアノ音源 4, イテウォンクラス 主題歌 Bts 19, Big 12億 結果 8, Nvr500 Vpn 同時接続数 45, リーグ戦 組み合わせ エクセル 8, 舌ピ 滑舌悪く なった 5, ファビーニョ ウイイレ 能力 7, ポケモン 初代最強 ルージュラ 13, 光明 中学校 野球部 8, 日産スタジアム 噴水 2020 20, Bts キャラクター 人気ランキング 13, 1年a組のモンスター 全 話 無料 44, ツイキャス アーカイブ 音ズレ 7, Ark ガトリング砲 バグ 15, 最強 エアガン 作り方 38, ビッケ 自転車 ホイール 18, 隣地 越境 建築確認 5, ランサム 応援歌 コピペ 34, Cubase オーケストラ 打ち込み 12, Telephone 日本語訳 Sixtones 6, ドラクエ3 ルイーダの酒場 名前 7, キャロル ファンキーモンキーベイビー Mp3 18, ラスクラ 一 周年ガチャ 8, 初音ミク 海外の反応 2020 28, ウタエット 意味 ない 5, バー ランダー 平均球速 12, インタビュー 受ける 英語 11, ヨドバシカメラ 領収書 もらい 忘れ 11, Kcb バンド 現在 21, 羽 風 苗字 7, マイクラ リアル シャワー 16, 犬 芋虫 食べる 8, Pubg 過疎 2019 24, プロスピ2019 隠しコマンド Vita 46, 東京dogs 7話 Pandora 5, 川崎ブレイブサンダース 新アリーナ 候補 地 7, 切ない 虚しい やるせない 意味 22,