伊集院 北斗 運転 5

-PETIT IDOLM@STER-』の登場キャラクター及び独自設定については「. 特典アニメ』、『DS』には登場しない。漫画『relations』ではいつもの事務服とは違う服装でプロデューサーのサポートに出かけたり、パーティー会場でドレスを着ている描写がある。また、漫画『ブレイク!』では車を運転している。漫画『Innocent Blue』『Neue Green』では少しだけ登場する。, あずさ・律子・プロデューサーに対しては「さん」付けで呼び、他のアイドルは「ちゃん」付けで呼ぶ。, 『2』では事務服の緑色が少し薄くなっており、胸元のリボンの色も彼女のイメージカラーであるひよこ色になっている。『モバイル』では、『SP』同様ナビゲート役を務めているほか、時折イベントシーンで姿を見せる。所属アイドルの中には含まれていないものの、彼女の着ボイスが配信されたことがあるほか、プロフィールに関して本人のコメントを見ることができる。それによると、事務所で事務やお茶汲み、ナビゲート役やライブのナレーションをしている他に社長の自慢話に付き合ったり、アイドルの着替えの手伝いをすることもあるとのこと。『シンデレラガールズ』『SideM』『シャイニーカラーズ』では登場せず、ナビゲート役はそれぞれ新キャラクターの千川ちひろ、山村賢、七草はづきが担当している。, テレビアニメ版においてもゲームと同様の描写がなされており、人手が足りないときには営業の手伝いをするほか、妄想する様子も再現されている。また、インカムは第13話のライブでは着用しているがゲームとは異なり通常時は着用せず、私服でも黄色のカチューシャをしている。第21話では、高木社長が行きつけのピアノバー・Unamelaで、歌手として時々歌っていることが明らかになった。, 『ミリオンライブ!』では他作品同様にナビゲート役を務めるほか、アイドル育成用のカードとしても登場する。初期段階ではボイスはついていなかったが、2013年9月9日よりボイスが実装され、一部の演出で喋るようになった。また、プロフィールに新たに特技「料理」、好み「アイドルの皆さん」が追加された。, ゲームではプレイヤーの操作するプロデューサーと高木社長、そして音無小鳥事務員以外の765プロダクションの社員は登場しない。以下は関連作品に登場した765プロダクションの社員である。, 876プロダクション(バンナムプロダクション)は『THE IDOLM@STER Dearly Stars』の舞台となる芸能事務所。765プロとはある程度の親交がある[56]。活動は基本的に全てアイドルに任せている。, 担当声優は「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!! !」横浜公演の模様をレポート - 4gamer.net, “もうこいつがヒロインでいいよ! 話題沸騰「アイドルマスターシンデレラガールズ」武内Pが人気な理由”, http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1501/11/news017.html, THE IDOLM@STER Dearly Stars 公式サイト内 キャラクター紹介, 【第23回】今井麻美のSSG:ぎゃおおおおおん! - 今井麻美のSinger Song Gamer, 【PV追加】『アイドルマスター SideM』Mobageで男性アイドルをプロデュースする新たな『アイマス』が登場, 「アイドルマスター ステラステージ」,詩花のCVを担当するのは高橋李依さん。前作からDLCの楽曲や衣装などを引き継ぎ可能, ゲームの食卓 第73回 キャラクター制作秘話をお届けする、『アイマスDS』特集第2回。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=THE_IDOLM@STERの登場人物&oldid=80115941, 4コマ漫画『ぷちます! !」2011年10月号8頁より。, ゲーム中での石川社長の「急に頭角を現してきた」、律子の「道で車に轢かれかけたアイドルがいる」、美希の「ハ…プロデューサー」という台詞や『, 『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』第2週来場者特典『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! !』内での寸劇では、ニンテンドーDSiのことを知らなかった。トップアイドルを目指す理由や出身地などは不明で、詳しい素性は黒井社長も知らない。本人の弁によると、「古都」にいた時には学校に通っていたが、アイドル活動を始めた時点で既に通っていない模様。なお、「古都」の詳細も不明。『シアターデイズ』における出身地も、「京都府?」となっている。, 相手の名前を呼ぶ時は、フルネームまたは「殿」付けで呼びかけることが多い。また、親しいアイドル仲間に対しては呼び捨て。, 初めて961プロダクションのホームページにプロフィールが掲載された際は趣味が「ひとりになること / 月を見ること」と設定されていたが、後に「天体観測 / 舞台鑑賞[注 20] / 歴史[注 8]」に改められた。その理由は『SP』ストーリープロデュースで明らかになる。, 『ワンダリングスター』のヒロインたちは当初貴音に対して、亜美・真美は「仲良くなりたい」、雪歩は「尊敬」、伊織は「キャラが被るのがムカつく →昔の私を見ているようだ」という思いを持つ。, なお、誕生日と血液型が貴音役の原と同じだが、この設定は声優オーディション前に決定されており、原に合わせたものではない。ただし、原は事前に配られた資料でその設定を知り、この役をやりたいと思ったと述べている[27]。, 響同様、元はアーケード版の没キャラクター[4]で、キャラクターデザインと「タカネ」と言う名前だけが存在していたが、『SP』でリファインされ登場が決定した。没デザインでは金髪に設定されていたが、美希と重複するため、リファイン復活時に銀髪に変更された[28]。瞳は臙脂色。アーケード版登場予定時の設定は「北欧系クォーターでドイツ語に堪能な令嬢タイプ」「17歳・血液型はB型」。, 『DS』では765プロ所属のアイドルとして登場し、以降の作品では最初から765プロ所属という設定になる。凉の正体を見抜いている。, 『2』で765プロ所属のアイドルとして初めてプロデュース可能となる。初期能力値は、ボーカルとビジュアルが高め。『SP』ではビデオカメラを扱ってみせたが、『2』では横文字と機械を苦手とする描写が明確になっている。その他髪の一部が肩の前に出ており「目があまり良くない」という設定が追加されていて、テレビアニメ版でも踏襲されている。, テレビアニメ版では、TV出演で気に入ったカエルの着ぐるみを持ち帰ろうとするなど、コミカルな姿を見せることも多い。食欲旺盛な描写も多く、特にラーメンに対しては並々ならぬこだわりを見せている。また、公式プロフィール以外の素性や経歴は一切不明とされるため、劇中のネットやマスコミでは、「どこかの王族」「実は宇宙人」という説(渋澤記者曰く「バカ話」)も浮上しているとされる。, 本人の語るところによると出身地は「古い都」であるらしい。テレビアニメ版で「京都」ではないような描き方がされ、貴音の発言の中で一部「くに」とも表現されていた。, 漫画『The world is all one !』では、千早共にユニット「花鳥風月」を結成している。, 詳しい家族構成は不明であるが、『2』『ミリオンライブ!』において妹がいる事が明らかになっている。なお、『ミリオンライブ!』で本人が語ったところによれば、妹の現状を把握していない模様[注 24]。爺やと呼ぶ人物もおり、貴音の世話係をしている。彼が貴音の肉親であるかは不明。, 『SP』から追加された新キャラクターで、『パーフェクトサン』でのライバルキャラクター。「Project Fairy」として、美希と貴音と共に961プロからデビューする。歌よりもダンスを得意とする。自信家で楽天的だが、少し寂しがり屋な性格の少女。沖縄県出身で、単身上京している。小麦色の肌をしており、浅葱色の瞳、アホ毛が2本、長い黒髪をリボンでポニーテールにしている。耳が鋭い[29]。『アイドルマスター』シリーズで出身地が明確に設定された初めてのキャラクターである。, 前述の通り本来は明るい性格であるが、黒井社長の方針により公の場ではクールなキャラで売り出している。自分をスカウトした黒井社長に対して強い敬意を持ち、絶対の信頼を置く。そのため彼に吹き込まれ、プロデューサーを変態だと思い込んでいる。地元にプロデューサーとよく似た兄がいるが、仲は悪く、それも響がプロデューサーに敵意を向ける一因となっている。口癖は「…だぞ」、沖縄弁で「なんとかなるさ」の意味である「なんくるないさ〜」。動物好きで自宅に沢山のペットを飼っているが、時々ペットの餌をつまみ食いする悪癖があり、怒ったペットたちに度々逃げられている。何故かプロデューサーは響のペットたちにかなり懐かれている。暑がりであり、スポーツは主にインドアスポーツが好きらしい。小学校の頃は卓球部の部長をしていたことがあるとのこと。また、一人暮らしをしている関係上、家事全般も得意としている。趣味は編み物、卓球、散歩[注 8]。, 『パーフェクトサン』のヒロインたちは当初響に対して、春香は「プロデューサーへの誤解を解きたい」、やよいは「お持ち帰りされそう →(兄妹仲が良くないと知ると)家族と仲良くして欲しい」、真は「得意分野(ダンス)では絶対負けたくない」という思いを持つ。 その他増加分: 一時的増減: 現在値: str con pow dex app siz int edu hp mp 初期 san アイ デア 幸運 知識 !』では亜美の替えの衣装を着てピンチヒッターを務めたことがある。, 『シンデレラガールズ』においては亜美同様運の要素が絡んでくるが、プレイヤーが使用できる。ただし能力は亜美とは逆の守りに寄った能力設定となっていて(レア版カードの能力設定。Sレア版カードでは亜美が守りに寄り、真美が攻めに能力が寄る)、プロフィールでは亜美とは逆の左利きと記載されている(『ミリオンライブ!』も同様。しかし、アニメ版では右手で箸を持っている描写がある。)。, テレビアニメ版では竜宮小町結成の経緯が変更されたため、デビューの経緯もゲーム本編と異なり、特に目立った設定はない様子。竜宮小町結成後は単独での活動も増えたが、依然として双子での活動は多い。, 漫画『The world is all one !

趣味はスポーツ全般、ぬいぐるみ集め[注 8]。, 直情系で身体を動かすことが大好きだが、少女漫画を読むことや可愛い物集めも好きで、虫が苦手という小心でお調子者な一面もある。アイドル活動をしていることを父には内緒にしている。女子校に通っており、校内でも女子生徒に大人気の様子だが、本人は同性に非常にモテることに困惑している。空手道場に通っていたことがあり、黒帯初段の腕前。ダンスが得意なため、それに関わる台詞も多い。解散コンサートに臨む際、唯一歌ではなくダンス(振り付け)を意識して臨む。, レッスン用のジャージをプライベートでも着用。レッスンの時は上着を脱いでタンクトップ姿になる。良いことがあると「へへっ、やっりぃ〜」と喋るのが特徴。気合を入れる時は相手と拳骨をぶっつけ合う。, 基本パラメーターは幾分ダンス突出傾向があるものの、やや高めのレベルでバランスが取れており、テンション管理も比較的容易な方である。, 亜美・真美につけられた愛称は「まこちん」。呼称は律子同様、あずさ・小鳥以外は呼び捨てである。名前が「菊池真」と誤記されやすい(公式サイトでも誤記されたことがある)。, 『DS』では涼のコーチ役を引き受けるが、涼が男であることは律子から知らされておらず、完全に女として扱っており、王子様をやるのが悲願と言った涼に対し、全然似合わない役だと評している。, 『2』では髪が少し伸びている。これはバンダイナムコゲームスの坂上プロデューサーによると女の子っぽく見られようとして起きた変化であるとのこと[20]。ダンスイメージの初期値トップの座は我那覇響に譲ることとなった。ケンカで手が出やすくなっており、ケンカを止めに入ったプロデューサーは何度か気絶させられることとなる。, テレビアニメ版でも「王子様じゃなくて、お姫様になりたい」と愚痴をこぼしたり、あるいは生放送で自分が「女の子らしい」と考えたフリフリの服を着て登場した際には観客から無表情でドン引きされた一方で、男物の衣装を着て男装した途端に女性の観客から大歓声が沸き上がったりするなど、外見と内面のギャップに悩んでいる様子が描かれる。プロデューサーとの交流を通じて、ファンの夢のために本気で王子様をやることを決心するが、それでもなお、戸惑いは消えないようである。, 『ミリオンライブ!』では趣味であった「ぬいぐるみ集め」が好きなもの「ぬいぐるみ」へと変更され、新たに特技「空手」「ダンス」が追加された。『シアターデイズ』では新たに出身地「静岡県」が追加された。, 所属アイドルの中で最年少の双子の少女。『1st Vision』『DS』では双子であることを利用して亜美と真美が時々入れ替わり、「双海亜美」として活動しており、それを知っているのは765プロダクションの関係者のみである。そのため、ゲーム中でも双子合わせて1キャラクターとして扱われる。一人称はそれぞれ「亜美」「真美」であるが営業、あいさつの一部では「私」になる。, 初期パラメーターはダンスがやや高いものの、全体的には最弱クラスである。しかし、テンション管理は容易。, 父親は医者で、母親との馴れ初めも父親が受け持った患者とのこと。プロデューサーのことを「兄ちゃん」と呼び、メールでは「兄(C)」と書く。また、事務所メンバーの大半を愛称で呼んでいるが、千早・あずさには名前の後に「お姉ちゃん」と付けて呼ぶ。口癖は「んっふっふ〜」。, 『2』では、それぞれ自身の名前で活動し、別のキャラクターとして扱われる。そのため亜美と真美を同じステージに立たせることが可能になった。前作に比べ身長が大きく伸びたが、これに関して、開発者はインタビューで「成長期だから」と述べている。, アーケード版では亜美が姉で真美が妹[21]、Xbox 360版以降は真美が姉で亜美が妹と設定されており[22]、『2』・テレビアニメ版でも同様[23]である。『キャラ☆メルフェブリ』には、「真美は姉に当たる」「妹に比べて責任感が強い」「(亜美は)真美に比べてよりフリーダムな性格」と記載されている。, 『ミリオンライブ!』では亜美・真美共にタイプがビジュアル型へと変更された。趣味であった「モノマネ」が特技へと変更され、新たに好きなもの「遊ぶこと」が追加された。『シアターデイズ』では新たに出身地「東京都」が追加された。, 真美と共に悪戯好きだが悪気はなく、無邪気。趣味はメール、モノマネ[注 23][注 20]、エコ[注 8]。亜美は主に暖色系の服を着て、髪を向かって左側で結んでいる。これ以外では見分けることが至難なため、髪型を変えられると親しい人でも判らなくなる。彼女の歌う「エージェント夜を往く」に関するエピソードは、担当声優の下田麻美の項を参照。, 漫画『ブレイク!』では真美と共に追加メンバーとして遅れて登場。姉妹同時に表舞台に登場するようになっている。なお、この作品では双子揃って響を「響さん」と呼んでいる。, 『2』では「竜宮小町」のメンバーとして登場し、プロデュース不可となった[17]。竜宮小町に入った理由は「面白そうだから」。私服の配色が『無印 - L4U!』『SP』『DS』における真美と逆転し、私服が寒色系に変更された。なお、『モバイル』のエリアゲームでは他の竜宮小町のメンバー同様にプレイヤーキャラクターとして選択が可能。また、PS3版のエクストラモードでも一時的にプレイヤーキャラクターとして選択が可能になった[18]。髪型は『1st Vision[独自研究? ?サンデー」にて765アイドル唯一の単独コーナー「響チャレンジ」を受け持つ[32]。, 漫画『The world is all one ! 『ステラステージ』では961プロに所属していたJupiterが自分の元から離れてしまったことを根に持っており、その失敗から娘の詩花に対して過去の誤ちを繰り返すような想いをしたくないと望んでいる。, 我那覇響、四条貴音、星井美希の3人。詳しくは各人の項目を参照。『SP』の最後に765プロへと移籍する。『DS』以降の作品では最初から765プロダクション所属のアイドルとして登場。, 黒井が水面下で準備していた男性ユニット「Jupiter」のリーダー。茶髪のミディアムヘアにアホ毛が生えている。傲岸不遜で口が悪くぶっきら棒だが、仕事熱心でプロ意識が強く、曲がったことが大嫌いな熱血漢。アイドルの世界は個人の実力が全てと考え、仲間との馴れ合いを嫌う等、冷徹な態度を貫こうとするが、根は単純で、北斗と翔太にはよくからかわれている。ただ、冬馬の方も彼らを嫌っているわけではなく、互いの仲はそれなりに良い。, アイドルとしての実力は、黒井が公言するだけのことはあって非常に高く、あるフェスでの竜宮小町との対戦で、彼一人で圧勝してみせたほど。そのためエクストラモードにおいては竜宮小町の乗り越えるべき壁となって立ちはだかり、プロデューサーの指導を受けたメンバーが雪辱を賭けてIUで対決することとなる。亜美・真美に付けられた愛称は「あまとう」。ストーリーでは春香と多く関わっている。, テレビアニメ版・アニメコミカライズ版でも性格や思想はゲームと同様。当初は黒井社長の言葉を真に受け、765プロのことを「汚い手を使う会社」と思い込み、765プロのアイドルやプロデューサーに対して強い敵意をむき出しにした態度を取っていた。後に実際には黒井が765プロに対して裏で妨害工作を行っていたことを知り、彼に対して怒りを露わにするようになる。最後は一向に態度を改めない黒井を見限り(コミカライズ版ではこの時に黒井を殴ろうとして掴みかかり、北斗と翔太に制止されている)、765プロのプロデューサーにこれまでの自分の不当な敵意を謝罪した後、北斗・翔太と共に一からやり直すことを決意して961プロを去る。その後インディーズ活動に転じてからは、765プロの「団結力」や「仲間との絆」を源とする姿勢を見習うようになるなど心境の変化を見せた。劇場版においても態度自体はあまり変わっていないが、アリーナライブには3人で姿を見せており、315プロ移籍のきっかけの一つとなっている。, 漫画『Jupiter』において、母親が死んで父親と2人暮らしであったという設定が明らかになっている。また、アイドルになった経緯も描かれており、友人に唆されて参加したボーカリストコンテストでグランプリをとり、その実力を黒井社長に買われてアイドルにスカウトされたとしている。, 黒井社長に北斗と翔太を紹介され、「Jupiter」を結成するが、父親の転勤でアイドルをやめさせられそうになる。その際に黒井社長が父親を説得してくれたことでアイドルを続けている。黒井社長が「Jupiter」を売るために汚いことをしていると知り、喧嘩別れのような形で事務所を辞める。その後「ゴールドプロダクション」に移籍するが、黒井社長への恩義から、事務所移籍後にメッセージを送っている。, 女性に免疫がなく、見つめあうだけで照れてしまうほど初心。ファンを大事にしており、ファンのためにより良いパフォーマンスを見せようとした結果、怪我をしてしまうといったところもある。, 『2』では765プロのプロデューサーからよく名前を間違われる。「天ヶ崎竜馬」や「鬼ヶ島羅刹」、「ピピン板橋」など。また、漫画『D@YS OF Jupiter』では「ピピン」と書かれたTシャツを着ている。『SideM』でも、冬馬をイチオシユニットに含めると、プロデューサーに名前を間違えないように釘を刺してくることがある。, 『SideM』では315プロ所属アイドルとして登場。元961プロ所属アイドルとなっている[69]。新たにプロフィールに、出身地:神奈川、特技:スパイスからのカレー作り、右利き、靴のサイズ:25.5cmが追加された。『シンデレラガールズ(アニメ版)』では、第1話に登場した電車の中吊り広告や背景のポスターにおいてその姿を見ることができ、第9話ではクイズ番組の問題に「全国制覇!!」の煽り文句と共に、シルエットで登場した。ユニット名のロゴデザインは『SideM』と同じ。, 黒井が水面下で準備していた男性ユニット「Jupiter」のメンバーで、最年長かつ最も背が高い。髪型は金髪のソフトモヒカン。趣味はピアノ、バイオリン、デート。女好きなプレイボーイで、女性には優しく接する。男性にもそれなり。物腰が柔らかく淡白な性格で、感情的になることは少ないが、軽薄でキザな言動が目立つ。挨拶時の台詞は、「チャオ☆」。亜美・真美に付けられた愛称は「ほくほく」。ストーリーでは真と多く関わっており、初対面にもかかわらず彼女に話しかけ、ナンパをしたりしてくる。, テレビアニメ版及びアニメコミカライズ版でも性格や思想はゲームと同様。女好きな一面はあまり描写されていないが、ダチョウをナンパする描写がある。冬馬同様、当初は黒井社長の言葉を真に受け、765プロを信用しておらず、春香達を憐れむような態度を取っていた。ジュピターの中では冷静で常識的な態度が目立ち、黒井の妨害工作を知って怒りを見せる冬馬を諫めたり制止した一方で、961プロを辞めることを決意した冬馬に対しても「ここまでこじれては仕方がない」「(自分たちはどうするのかと聞かれ)決まっている」と理解を示した。劇場版にも登場し、相変わらずな冬馬を「素直じゃない」と評した。, 漫画『D@YS OF Jupiter』では家族構成が明らかになっている。父親はバイオリニストで母親はピアノ教師、妹は将来を有望されたフルート奏者であるなど、音楽一家である。北斗自身もピアニストを目指していたが、高校生の頃に腱を痛めてしまい諦めた。, アイドルになる前は961プロ所属のモデルであり、黒井社長に「Jupiter」のメンバーとして集められ、アイドルになった。, 『SideM』では315プロ所属アイドルとして登場。元961プロ所属アイドルとなっている[69]。新たにプロフィールに、出身地:京都、特技:高速ネコふんじゃった、右利き、靴のサイズ:26.5cmが追加された。「S.E.M」の舞田類と同じ大学のテニスサークルに所属していたことが判明している。, 黒井が水面下で準備していた男性ユニット「Jupiter」のメンバーで、最年少かつ最も小柄な体格。緑がかった少し長めの髪に黒いヘアーバンドを着用している。バック宙返りができるほど運動神経が高く、常に活動的。無邪気で素直そうな印象だが、実際は小生意気かつ強かな面があり、思ったことははっきりと口にするタイプ。悪戯好きで、冬馬を弄って楽しんでいる。ファンからは「しょうたん」と呼ばれている。ストーリーではやよいと多く関わっている。黒井のことは「黒ちゃん」と呼んでいる。趣味は寝ること、親孝行。, テレビアニメ版及びアニメコミカライズ版でも性格や思想はゲームと同様で、当初は黒井社長の言葉を真に受け、黒井が765プロに対して裏で妨害工作を行っていたことを知るまでは、765プロを何処か信用していない一面が多かった。アニメ版では冬馬が黒井に愛想を尽かした際には「潮時」と語り、アニメコミカライズ版でも激怒して黒井を殴ろうとした冬馬を「黒井を殴っても何にもならない」と制止。一からやり直す決意をした冬馬に「一蓮托生」と、その考えに理解を示している。小生意気な一面はあまり描写されていない。劇場版にも登場し、冬馬の発言の真意を春香に伝えている。, 3人の姉がいる。アイドルになった理由は、北斗のファンである2番目の姉が北斗に近づくために勝手に応募したから。, カナヅチで泳げず、学校の水泳の授業は泣き落としで出ていない。学校では髪を下ろして目立たないようにしている。プロフィールにある親孝行は適当にかいた嘘であるなど、腹黒い面もある。育ち盛りなのか大食いである。甘いものが好きと言う描写もあるが、嫌いと言う描写もあるため、どちらなのかははっきりとしない。, 『SideM』では315プロ所属アイドルとして登場。元961プロ所属アイドルとなっている[69]。新たにプロフィールに、出身地:東京、特技:バク転、左利き、靴のサイズ:24.5cmが追加された。, 年齢:不明(詩花よりは年上) / 身長:不明(169cm以上) / イメージカラー:青紫, 『ONE FOR ALL』から登場するライバルアイドル。アイドルランクはランクの枠を超えた「オーバーランク」であり、勝ち負けよりも観客を楽しませることを考えてステージに立つ「ナチュラルボーン・アイドル」。, ドラマCD『765プロが行く!トップアイドルのお仕事見学』では961プロ所属アイドル・苗字がカミイズミ(漢字表記不明)であることが語られている。玲音が961プロ所属である設定はゲーム中では語られず、ドラマCDのみで語られていたが、『マストソングス』では玲音の楽曲は961プロのものとして分類されている。, 『ミリオンライブ!』にも登場。イベント「アルティメットライブアリーナファイナルリーグ」のライバルとして登場する。, 『シアターデイズ』にも登場。新たに実装されたゲストコミュの第一弾である「絢爛と顕る伝説の来宴」で実装された。属性は後述の詩花と同様Exとなっている。ただし詩花とは異なり『シアターデイズ』への実装に伴うプロフィールの追加は行われていない。詩花とは旧知の仲であり、彼女からは「お姉さま」と呼ばれている。, 年齢:17歳 / 身長:158cm / 体重:43kg / スリーサイズ:B82/W53/H80 / 血液型:A型 / 誕生日:9月16日 / 趣味:オルゴール集め・ロボのおもちゃ, 『ステラステージ』から登場するライバルアイドル。オーストリアからの帰国子女であり、楽都ウィーンで一通りの音楽を経験して育ったので、音楽に対する基礎が備わっている。またバレエやファッションモデルの経験もある。アイドルという存在を知ったことで、それを志し、さらに上をめざすために、アイドル大国である日本へと渡ってきた。, その正体は黒井社長の娘であり、父親のアイドル孤高主義を改めさせるために自ら961プロに所属したことが判明する。, 『シアターデイズ』にも登場。イベント「プラチナスターツアー ~ Blooming Star ~」で実装された。属性はExとなっている。新たにプロフィールに、利き手:右、特技:クロール、好きなもの:アイドル活動が追加された。, ゲーム本編やテレビアニメ版では黒井社長以外の社員の描写はないが、漫画『The world is all one !

地縛少年花子くん アニメ化 いつ 放送 8, ドラクエウォーク ガメゴン ドラクエ3 4, Ff14 ディスコード 募集 15, 名城大学 学務センター 電話番号 52, 富士山 金剛杖 処分 9, Cocoar2 再生 できない 7, ニッパツ三ツ沢球技場 座席 おすすめ 5, スウェーデン ゴミ 地下 9, A Melody You And I 歌詞 10, Summer Roll 意味 4, トヨタ ヤリスクロス 価格 15, 書斎 リビング 一角 7, 削板軍覇 能力 考察 17, 5g 特許 日本企業 4, お菓子の家 ドラマ 動画 8, すとぷり 小説 怪我 15, タクティクス ゲーム 作り方 19, 狩猟免許申請書 記入 例 北海道 6, 土星 冥王星 スクエア 相性 26, 山形放送 山下 退社 13, ヲタクに恋は難しい ネタバレ 9巻 12, 藤原聡 似てる 芸人 6, 大切な宝物 英語 子供 7, Pso2 キャラクリレシピ 初期 14, 盛岡一高 進学実績 2020 12, ミノルタ α7 説明書 5, 重岡 大 毅 身体 弱い 10, エッジ ワース カイパーベルト とは 4, 密接 意味 類義語 6, 読売新聞 飯塚恵子 プロフィール 7, 高木豊 パワプロ 能力 31, 君は1000 カルロス トシキ オメガトライブ 10, 傘村トータ 一周年メドレー 歌詞 10, 工藤静香 全粒粉 クッキー 9, 大田区 台風19号 浸水 5, 電車 忘れ物 何日後 11, ウイイレ2020 デブライネ 確定スカウト 4, エアソフト97 福袋 いつ 8, 芸能活動 高校 公立 11, 白猫テニス エレノア パンツ 21, 株式会社エール おもちゃ 不良品 15, クリエ 舞台 評判 6, 四方 八方 肘鉄砲 4, 赤西 仁 鉄板焼き 4, Pixiv 小説 傍点 52, キャノン ようこそ Ts6330 23, ボンビーガール 不動産 炎上 どこ 11, 日能研 スカラシップ 2020 5,