千秋楽 取組 発表 初 場所 4

朝乃山 10勝5敗.

前頭筆頭 若隆景 (1勝4敗) 前頭筆頭 霧馬山 (1勝4敗) 押し出し. 前頭二 大栄翔 (3勝2敗) 関脇 御嶽海 (3勝2敗) 寄り切り. 大相撲初場所星取表・千秋楽 2020/1/26 18:07 . 新型コロナウイルスに関する情報について. 取組速報 更新 11月場所 11月12日(木)の取組 . 1950年代以降、関取は15日連続、取的は15日中原則7番の取組で固定されている。, 大相撲の歴史の中ではさまざまな制度の変遷があり、取組の編成方針についても一様ではないが、現行のルールの大前提としては、, 取組は取組編成要領等に基づき、本場所の進行と並行して、審判部による取組編成会議で編成されている。会議の構成委員は、審判部長・審判部副部長・審判委員のうち進行中の取組に勝負審判として出場していない者及び副理事で、これに行司が書記として出席する。, 取組編成における決まりは、取組編成要領(1971年(昭和46年)7月施行)に表記されている(以下、原文のまま)[1]。, 幕内の取組編成は、初日、2日目の分は初日の2日前に[2]、3日目以降の分は前日の午前に決定して発表する。令和時代になって以降は、千秋楽の分は14日目の全取組終了後に編成される。平成時代までは、14日目の夕方に編成されていた。十両の取組編成は、初日の分は2日前に、2日目以降の分は取組とほぼ同時進行で編成される。, 原則として幕内下位および十両の力士は初日は同地位の力士と対戦するように組み、おおむね序盤戦は番付の近い者同士で取組を編成する。逆に横綱・大関は序盤戦に関脇以下の力士と対戦し(初日は原則として横綱と小結が対戦するのが慣例となっている)、千秋楽に同地位の力士と対戦することを慣例としている。, すなわち、最上位の東横綱は千秋楽が西横綱、14日目が東大関、13日目が西大関という具合になる。横綱対役力士、大関同士の対戦は原則として組まれることになっているが、幕内下位の力士が好成績を挙げて優勝争いに絡んできたときは、終盤にその力士を横綱や三役と組ませ、横綱、大関同士の取組の一部を飛ばす処置をとる(「割を壊す(崩す)」という)。また、幕内の優勝争いの展開によっては、横綱・大関同士の対戦順を入れ替えて、千秋楽まで優勝争いが続くよう配慮する場合がある。, 土日にあたる初日、7日目、8日目には注目の取組(人気力士同士の対戦や、注目力士が横綱・大関と対戦する等)が組まれることが多い。大関同士の取組や横綱-大関戦は、通常は早くても中日(8日目)以降に割が組まれるが、横綱・大関の人数が多いときなどは7日目以前に組まれることもある。1972年(昭和47年)1月場所から翌1973年(昭和48年)11月場所まで、序盤から横綱、大関同士の取り組みが組まれた(エピソードの項参照)。, 昭和の天覧相撲では、昭和天皇が威勢の良い相撲を好んだためもあり、1975年(昭和50年)5月場所8日目の前頭筆頭富士櫻-小結麒麟児戦など激しい突っ張り合いが期待される取組を組むことが恒例になっていた。, 幕下以下の力士は、通常1場所7番しか相撲を取らず、2日間のうちいずれか1日の出場となる。原則として、初日か2日目に1番相撲、3日目か4日目に2番相撲を取り、12日目まで同様に6番相撲までを取り、7番相撲は13日目-千秋楽のいずれかに取る。偶数日の幕下の取組終了後に、翌日・翌々日の2日分の取組をまとめて編成し、13日目以降の分は12日目に3日分をまとめて編成する。全勝力士を多く出さないようにするため、幕下以下の取組編成は、原則としてスイス式トーナメント方式を取り入れている。, 1番相撲は東西の同地位の力士同士を対戦させ、初日は奇数枚目同士(幕下東筆頭vs幕下西筆頭、幕下東3枚目vs幕下西3枚目、…)、2日目は偶数枚目(幕下東2枚目vs幕下西2枚目、幕下東4枚目vs幕下西4枚目、…)を原則としている。2番相撲以降は、原則として互いに番付の近い相星(同成績)の力士同士を対戦させる。即ち、2番相撲は1勝同士、1敗同士が対戦する。3番相撲は、2勝同士、1勝1敗同士、2敗同士が対戦する。以下同じく、休場者・部屋などの関係で原則通りの取組が組めない場合を除いて機械的に決められる。, これにより全勝力士の人数が番数消化に連れて半数ずつ減って行き、最終的に全勝力士(7戦全勝)は各段毎に1人前後に収まり、当該力士がその場所の各段優勝、若しくは優勝同点となる。ただし、全勝者の番付が離れ過ぎている場合には、星違いの対戦を組むこともある。ほぼ毎場所7戦全勝力士が複数出る三段目や序二段より枚数が少ない幕下や序ノ口では、全勝力士が消え、6勝1敗の多人数(幕下では7-9人程度、序ノ口では3-5人程度)で優勝決定戦を行うことも稀にある。優勝決定戦の有無は千秋楽の進行に影響を与えるため、6番相撲を終えて優勝の可能性がある力士の7番相撲は全て13日目に組まれる(但し、平成に入ってから一時期6戦全勝力士の7番相撲を13日目、14日目、千秋楽に分散させていたことがあった)。, 休場者の発生により幕内の出場力士が奇数となったときの穴埋めや、いわゆる入れ替え戦などで、幕内下位力士対十両上位力士の取組が組まれることがあり、これは幕内の取組として扱われる。また同様の理由で、十両下位力士対幕下上位力士の取組が組まれることがあり、これは十両の取組として扱われる。十両対幕下の場合、十両力士と対戦する幕下力士は、12日目までの偶数日では番数が1番前倒しになる(奇数日には翌日の幕下の取組編成は行わないため、偶数日の十両の取組に出場する幕下力士は、前日(奇数日)の幕下の取組に出場した力士から選ばれる)。幕下以下でも同様に、幕下対三段目、三段目対序二段、序二段対序ノ口の取組があり、いずれの場合も上の方の地位の取組として扱われる。全出場者が奇数になった場合は、序ノ口下位で対戦する日をずらしたり、八番相撲を取らせたりして調整する。関取の13日目・14日目での休場により、幕下上位で八番相撲を取らせる場合もある。江戸時代には、番付上の表記で2段違う力士の対戦(上段対三段目など)もあったが、現在ではこのような対戦は組まれない。, 1位は北の湖の29連勝(栃光戦)、2位は朝青龍の28連勝(琴光喜戦)、3位は白鵬の25連勝(栃ノ心戦)である。, 現在、本割では同じ部屋に所属する力士および4親等以内の親族との対戦は行われていない。なお優勝決定戦においては、同部屋や親族でも対戦させる。, 番付には、東と西という区別がある。元々は興行を行う際、現在のような単一の相撲集団ではなく興行ごとに複数の相撲集団を招いて対抗戦の形をとった。その際江戸時代までは天子のいる西方が尊ばれたことから元方(もとかた、地元側、ホーム)を西方とし、寄方(よりかた、遠征側、ビジター)を東方に置いた。そして唐の影響から左方が尊ばれていたため土俵において正面から見て左を西、右を東とした。このことは谷風と小野川の取組を描いた図で確認できる。江戸時代から明治時代にかけては漠然とした東西対抗制で、組替時を除いて力士が東と西とを行き交うことはなく、番付の昇降も東西それぞれで行われ、東西の同じ側同士の対戦はなかった。江戸時代においては各地方の相撲集団やお抱え大名が実質的な所属先となっており相撲部屋に所属することは興業に出場するための形式的な条件に過ぎず、それ故お抱えが異なれば同系統や同部屋であっても割が組まれる場合もあった。[3]また、東と西との2枚の番付を作っていた大坂相撲とは違って、東西を1枚にまとめた江戸相撲では、土俵上の東西そのままに東が右側に配置されていたが、最初は東西の間に優劣はなかった。明治維新後に天皇の住まいが東京になったことから土俵上の東西が入れ替わり現在と同様に正面から見て左が東、右が西と変わった。1890年5月に、横綱免許を受けていた大関・初代西ノ海嘉治郎が張出大関にさせられることに抗議した結果、番付上に初めて〈横綱〉が明記されたとき、東に張り出されたことから、横綱を東方におくようになったことで、東が優位という印象が明確になっていった。, 1909年の夏場所に、国技館が開館したときに、幕内に団体優勝制度ができた。番付の東と西とで対抗戦をして、勝ち星の多いほうに優勝旗を授与し、翌場所の番付を東に配置することにしたのである。これを東西制と呼んだ。優勝旗は勝った側の関脇以下の幕内力士のうち最優秀の成績をあげた者が優勝旗手の栄誉を得ることと決められた。これは好評を呼び、当時の好角家の間でも、〈出羽海びいき〉〈連合(非出羽方)びいき〉という区別もできた。ただし、東西の戦力バランスの関係や、横綱が片方に偏らないように、ときどき東西の組み替えも行われた。なお、このシステムは幕内だけで、十両以下に関しては下記に述べる系統別総当たり制で東西の区別もなかった。, 1932年の春秋園事件の結果、脱退者が多く、幕内力士の人数が少なくなったために、春場所から東西制を中止し、一門による系統別総当たり制を幕内でも実施するようになった。, しかし、出羽海部屋の幕内力士が増加し、公平な取組をつくることが難しくなったので、1940年1月場所から、ふたたび東西制にもどし、団体優勝と旗手の制度を復活させた。しかし、それでも東西のバランスをとることはむずかしく、配置換えも何度もおこなわれ、伊勢ヶ濱部屋や朝日山部屋の力士が東西に振り分けられることさえあった(同部屋の力士同士の対戦はなかった)。, 戦後、大相撲の人気回復のために、優勝決定戦や三賞制度を導入すると同時に、取組の多様化を進めるために、1947年11月場所から、系統別総当たり制に戻した。, しかし、立浪部屋と時津風部屋が一門としては別なのに、師匠同士が兄弟弟子(羽黒山政司と双葉山)というだけの関係で対戦がないことや、二所ノ関一門が次々と分離独立していったことから、再び取組が硬直化して不公平感が生じてきたので、1965年1月場所から、完全な部屋別総当たり制を実施し、現在に至っている。, 1962年(昭和37年)11月場所12日目、幕下で長谷川勝敏 - 四季の花範雄戦が組まれていたが、叔父と甥の血縁関係(四季の花の姉が長谷川の母親)に当たるという理由でこの取組が削除されるという出来事があった。両力士の6番相撲は14日目に、それぞれ別の力士と組まれた。ちなみに、以前より宮城野(四季の花の師匠)から2人を対戦させないように審判部に申し入れが出されていたものの、両者は2回対戦しており(1回目は1961年(昭和36年)9月場所初日、2回目は1962年(昭和37年)3月場所3日目。結果は四季の花の2戦2勝[4])、「血縁者同士は対戦しない」という不文律はこの取組を境に定着したものと推察される。, その後も不文律(審判部の内規)として入門時の申請に基づいて兄弟などの取組は回避してきたが、2009年1月場所において光龍忠晴と翔天狼大士が互いに親戚関係だと訴え、追跡調査をする事例が発生したことから、入門時点で親戚関係も明記させることになり、2009年1月29日の理事会決定に基づき、取組編成要領に「4親等以内」と明文化された[5]。その後光龍と翔天狼は2010年1月場所で対戦している。, 優勝決定戦における同部屋・兄弟による優勝決定戦の代表的な例としては、1995年(平成7年)11月場所の若乃花勝 - 貴乃花光司がある。, 取組編成要領及び慣例に基づき、取組編成会議で決定した取組は、下位の取組から順に行われるよう、その日の取組表が編成される。, 具体的には、対戦する両力士のうち上位の者を選び出し、その選び出された力士が下位から順に並ぶよう取組順は決められる。このため、上述の段違い対戦が必ずしもその段の取組の最初に組まれるとは限らない。力士が同地位の場合、奇数日は東が上位、偶数日は西が上位として扱われる。同地位に3人以上の力士が在位する場合、初日と千秋楽は下位から順に、2日目~14日目は前日の取組順が最後だった者が最初となり他の者が順次繰り下がるローテーションを繰り返す。, 呼出による力士の呼び上げは、奇数日は東方から、偶数日は西方から呼び上げる。番付が東の力士は東方に、西の力士は西方に割り振られ、東同士、西同士の対戦の場合は番付下位の力士が反対側の方に移る。, 中入りの時間が長いときは、「顔触れ言上」といって土俵上で立行司または三役格行司が、土俵上で翌日の取組を読み上げる。, 地方巡業などでは、勧進元や観客の要望に応える形で組まれる取組も多く、こうした取組は「お好み」と呼ばれる。本場所で見ることのできない同部屋対戦や、地元出身の注目力士と横綱、大関との取組などが好まれる。, 相撲 1982年7月号 89〜91頁 戦後新入幕力士 長谷川戡洋の巻(上) 佐竹義惇, 大関若嶋津は前1984年7月場所で15戦全勝しこの9月場所に横綱昇進を目指したが、この敗戦が響いて綱取りは絶望となった。, "千秋楽結びで德勝龍VS貴景勝 平幕力士登場は48年ぶり3度目 横綱対大関の取組消滅", https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=取組&oldid=79706511, 第5位までは全て2010年代に幕内上位にて活躍した両者によって記録されたものであり、それ以前は武蔵丸-貴ノ浪の58回が最多であった。昭和時代は北の富士-清國の52回が最多である。このような記録は対戦した両者の年齢や新入幕場所が近く、かつ両者が同じようなスピードで出世して10年以上に亘って幕内の上位に定着し、ほとんど休場せずに出場し続けなければ達成できないものであり、長年の活躍の結果でもある。, 本場所が番付下位の力士の取組から進行する原則は、江戸時代から現在まで変わっていない。しかし、現在と違って屋外での興業だった時代、天候が打ち出しまでもつか不安があるような場合、役力士の取組を前倒しで行ったり、最初から前半戦と後半戦それぞれの最後に役力士が登場するような割が組まれることもあった。, この場所、横綱北の富士が全休し、大関大麒麟も5日目から休場したため、結果的に大関以上同士の取組はこの一番だけで、千秋楽結びの一番は、大関清國と関脇長谷川の対戦になった。, 11月場所 初日 ○輪島 - 大麒麟●、 3日目 ●清國 - 琴櫻○、4日目 ○清國 -, 上記の取組の中でも横綱栃ノ海-大関北葉山戦は序盤戦に4番(2日目3番、4日目1番)と最も多く組まれた。, 1992年11月場所、番付通りなら千秋楽結びの一番は東大関小錦に西大関曙となるはずだったが、小錦が2日目から休場。そのままでは史上初の外国出身力士同士の千秋楽結びの一番は見送りとなるはずだったが、西張出大関霧島も中日8日目から休場(翌場所で関脇に陥落)、結果的に曙と東関脇, 2019年3月場所、前相撲で同部屋同士の対戦が行われた。本来、同部屋同士の対戦は前相撲であってもご法度とされているが、この場所の9日目に, 2019年7月場所では、4大関休場となり大相撲史上初の出来事となった。さらに、千秋楽では、番付通りなら、これより三役に関脇, 2019年11月場所、横綱鶴竜が場所初日になって腰椎すべり症のため休場を届け出た。初日の小結朝乃山戦は鶴竜の不戦敗となったが、2日目の取組は割り返しが行われ、大関豪栄道をはじめ中入り後の21番中12番が変更された。それによって、本来2日目に鶴竜と対戦予定だった前頭筆頭の隠岐の海は、対戦相手が豪栄道へ変更され不戦勝とはならなかったが、豪栄道が2日目から休場となったため結果的に隠岐の海は不戦勝となった。また、2日目は関脇以上の出場力士が全員敗れる事態となり、令和元年5月場所以来3場所振り2回目の出来事となった。さらに、5日目までに全勝力士が消えるという平成13年9月場所以来約18年振りの非常事態にも陥った。そして、中日には角番の大関髙安が取組直前にギックリ腰のため急遽休場を発表した。取組直前に休場を発表するのは大相撲史上初の珍事となった。.

看護師 資格 社会人 9, あなた は 質問が あります か 英語 5, 日向坂46 雑誌 酷評 14, フック船長 手 名前 14, ホームルーム 最終話 ネタバレ 11, Windows10 日付と時刻 一部の設定は組織によって管理されています 18, オードリー オールナイトニッポン バイト 5, ウイグル 美人 結婚 43, 飛行機 擬音 英語 15, 明石家さんま 家 系図 9, おっさんずラブ 2話 Pandora 15, ジオライン 重ね着 夏 29, アンス ファティ だ 20, Pso2 アトラ Sop 8, タバコ 便意 ダイエット 18, コウノドリ 木南晴夏 ネタバレ 34, Ark プテラ 遅い 13, ワンオク Dvd 2019 4, 工作 家 作り方 7, 魔裟斗 ブアカーオ 判定 4, 不滅 英語 発音 4, 福士 蒼 汰 インスタ女王 5, ヨドバシカメラ 領収書 もらい 忘れ 11, 熱中症対策 首 冷やす 31, 夢占い 知らない異性 好意 16, スピンバイク ハイガー 音 7, 1998 オール ジャパン バスケ 18, キムタク マックcm 髪型 10, 給湯器 エラー 88 解除 方法 11, ドクターエア 3dスーパーブレードスマート 使い方 23, フクロウ 森の賢者 理由 14, サガフロ2 岩荒野 マップ 20, 綾瀬西高校 と ー ま 6, 娘 松坂慶子への 遺言 17, Frecious Dewo ニードル 下がらない 17, 盛岡南 高校剣道部 ブログ 26, 語尾に ぜ をつける 心理 4, サントリーニューオールフリー Cm 曲 4, Cocoチャンネル アンチスレ Part58 12, フジミ 信濃 レビュー 5, 楽天ブックス マイ ページ 17, Tbsラジオ 採用 大学 6, 下町ロケット あらすじ 2015 5, 仮面ライダー スーツ 破損 21, マスク 酸欠 疲れる 4, 楽天銀行 宝くじ 高額当選 共同購入 11, テスラ 補助金 神奈川 4, 歌舞伎町シャーロック アイリーン 死亡 6, 地方公務員 退職金 30年 6, ラッド バンプ 嫌い 15, 韓国 子役 ブサイク 25, リアルプレイヤー 旧バージョン 日本語版 9, メジロ 餌 配合 5, ガッキー しゃべ くり 動画 18, ニッポン放送 社員 年収 10, Pixiv 人気 小説 13, 犯人像 と は 9, 僕のいた時間 7話 Pandora 4, クローバー 花 イラスト 5, 藤井美菜 結婚 相手 6, 松田聖子 郷ひろみ 共演 動画 4, 回転寿司 代替魚 一覧 51,