国産車 性能 比較 5

0-200: 22.7秒, 国産SUV最速クラスの車です。ちなみにフォレスター XT 2.0も0-100で6秒中盤の加速性能がありますので、動画を下に張り付けておきました。, 希少なロータリーエンジンを搭載しています。動画では出足で若干失敗しているのが勿体ないですが、日本では中々試せない100km/h以降の加速性能がわかります。, 排ガス不正問題で騒ぎになり、DSGの耐久性を含めて信頼性の面では気になるところですが、走りの完成度は高いクルマです。, 2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載しており、最高出力310ps(最大トルク40.8kg・m)を発生させます。最高速度は270km/hです。, 別の動画では、平地で275km/hほどに達しており(メーター読み)、下りで290km/hまで到達しています。, 0-100: 5.7秒 (公式 5.9秒) ここでは、このサイトで登録している国産車・日本車の中から、人気車種や新登場の車、最高出力、車両価格、ランニングコスト、燃費、パワーウェイトレシオ、発進加速、馬力単価、リッター換算馬力、(計算上の)最高速が大きい車、時速100kmでの回転数など、さまざまなランキングで最も優れていた自動車を表彰しています。, ●国産車・日本車のうち、アクセス数が最も多かった人気車種は、スズキの5人乗りハッチバック、ZC33S型「, ●国産車・日本車のうち、最も発売時期が新しい車は、2020/06に発売されたダイハツの4人乗り軽SUV、LA900S型「, ●国産車・日本車のうち、最も最高出力が大きい車は、日産の4人乗りクーペ、R35型「, ●国産車・日本車のうち、最も最大トルクが大きい車は、日産の4人乗りクーペ、R35型「, ●国産車・日本車のうち、最も年間維持費が安い車は、マツダの4人乗り軽ハッチバック、HB36S型「, ●国産車・日本車のうち、最も年間維持費が高い車は、トヨタの8人乗りSUV、FJ80G型「, ●国産車・日本車のうち、最も新車価格が安い車は、日産の5人乗りハッチバック、K10型「, ●国産車・日本車のうち、新車価格が高い車は、レクサスの2人乗りクーペ、LFA10型「, ●国産車・日本車のうち、最もWLTCモード燃費が良い車は、トヨタの5人乗りハッチバック、MXPH10型「, ●国産車・日本車のうち、最もJC08モード燃費が良い車は、トヨタの5人乗りセダン、ZVW51型「, ●国産車・日本車のうち、最もパワーウェイトレシオが低い車は、レクサスの2人乗りクーペ、LFA10型「, ●国産車・日本車のうち、最も発進加速が良さそうな車は、日産の4人乗りクーペ、R35型「, ●国産車・日本車のうち、最も1速ギヤの速度が伸びる車は、レクサスの2人乗りクーペ、LFA10型「, ●国産車・日本車のうち、最も最高速度が伸びる車は、レクサスの4人乗りオープンカー、URZ100型「, ●国産車・日本車のうち、最も100km/h回転数が低い車は、レクサスの5人乗りセダン、VXFA50型「, ●国産車・日本車のうち、最もパワーバンドが広い車は、日産の5人乗りセダン、ZV37型「, ●国産車・日本車のうち、最も1L換算馬力が大きいNA車は、マツダの4人乗りクーペ、SE3P型「, ●国産車・日本車のうち、最も1L換算馬力が大きいターボ車は、マツダの2人乗りクーペ、FD3S型「, ●国産車・日本車のうち、最も1馬力の値段が安い車は、三菱の5人乗りハッチバック、CA4A型「, ●国産車・日本車のうち、最も航続距離が長い車は、ホンダの5人乗りセダン、CR7型「. 国産SUV人気ランキングBEST10 現在発売されている国産SUV24車種の販売台数で比較しています。2018年は、スズキXBEEとマツダCX-8を追加しました。 1位 トヨタ・C-HR トヨタ・新型C-HR 5人乗り … ! 0-200: 21.0秒, 0-100: 5.5秒(公式 5.2秒) 0-150: 5.4秒 https://www.youtube.com/watch?t=1&v=zKNd2uaGCZo, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=-6_0umPp0pc, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=jF8fbqyCeJ0, https://www.youtube.com/watch?v=zVFhDRSGIVE, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=CDL84geNe7k, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=_hpSNir8Jwk, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=C8T0uuYQ-ZQ, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=gBeSfB0dU5Y, https://www.youtube.com/watch?t=1amp;v=ws2elOek2EQ, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=wgBsddCZqiI, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=syNUWfJkX0Q, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=rj-GZv-1jyM, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=Z9TN_pktBzc, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ylHzUGa0MrY, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=yI0_4FHexF4, https://www.youtube.com/watch?v=-A070iRLgtk, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=7RPMTX4kgrI, https://www.youtube.com/watch?v=qAjMqGGeLsM, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=BFNJgAL5j50, https://www.youtube.com/watch?v=Sk0c18rj-hA, https://www.youtube.com/watch?v=ZvRlmeIqVkw, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=yXrSPRSMgSM, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=-lEddqouvcU, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=sjdu3U6GUNM, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=gC43i7Xlqqw, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=WUuDUOeD3j4, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=vnUO9UcxQdM, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=gi–n5til9o, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=-HG7LJwHMw4, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=UwlaUfvasFQ, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=mrbQI1q2D6s, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=BvjHdaw2OpU, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=_8AVQRUYTcs, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=lOEfpXb9gSQ, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=pSX02_r-kgE, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=2GX8kW5OtLE, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=__OJMhgvcas, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=RXvKz6rPtb4, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=ghxLOese5EM, https://www.youtube.com/watch?t=&v=outcwzDaxcA, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=AzS6flWJmCc, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=TZPgl9yHoPs, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=vlZDpjq9DCs, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OzVfLD9zpTw, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=_tVlCbY5-Po, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=rkQHqLTNsg4, https://www.youtube.com/watch?v=TDOz6dIM3Pc, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=OI2PEGD7bNo, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=w3iMF78wtuE&t=11s, https://www.youtube.com/watch?v=AItzeT0J7pw, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=g9S-xnboigI, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=QjcLmcrqaUo, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=4Q_go-5sqLQ, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=64PWxeHSLf0, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=5l19X6xrlJc, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=w42pwF68qqs, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=FH4OQY29f0s, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=_vJDwu05fx0, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=d2NVhXwOBTU, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=GJ7LdZxyXh0, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=wFetSrDqEeY, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=5xp7eQ92HPM, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=L2eraoIUCms, レンジローバー・イヴォークの評判・試乗レビュー:扱いやすいプレミアム・コンパクトSUV!, 7.1秒:メルセデス・ベンツ C250 ブルーエフィシェンシー クーペ (2013), 6.7秒:レクサス RC200t Fスポーツ (2016), RX450h AWD (2014), 6.6秒:アウディ A3 スポーツバック 1.4 TFSI (2015),BMW 320 i セダン (2014), 6.5秒:BMW X1 xDrive20i (2016), レクサス LX570 (2015), 6.1秒:スバル フォレスター 2.0XT (2014), アウディ A6 2.0 TFSI (2016), BMW X1 xDrive28i (2016), 5.6秒:アウディ A4 2.0 TFSI クワトロ (2017),アウディ Q7 3.0 TFSI (2017), BMW X6 xDrive35i, 5.4秒:レクサス GS 450h / 350 Fスポーツ (2013), ホンダ S2000 (2006), 5.3秒:BMW X3 xDrive35i (2015), BMW X5 xDrive35i (2016), レクサス LS460 Fスポーツ, 4.7秒:アウディ A6 / A7 3.0 TFSI クワトロ (2016),BMW 340 Mスポーツ, ポルシェ マカン S (2015), 4.6秒:BMW M135i (2015), BMW X6 xDrive50i (2015), 4.4秒:ポルシェ 718 ボクスター S (MT) (2017), BMW 435i クーペ (2014), BMW M235i (2014), 4.3秒:レクサス GS F (2016),BMW Z4 sDrive35i (2011), 4.2秒:BMW 650i クーペ (2016), BMW 750i (2016), BMW M2 (2016) , ポルシェ カイエン ターボ (2015), ポルシェ ケイマン GTS (2015) , ポルシェ マカン ターボ (2015), 4.1秒:BMW アルピナ B3 ツーリング / B4 Biturbo クーペ / B5 (2014), 4.0秒:ポルシェ マカン ターボ パフォーマンス (2017)、アウディ A8 4.0 TFSI クワトロ (2016), ポルシェ パナメーラ GTS (2013), 2.4秒:ブガッティ・ベイロン 16.4 グランスポーツ ヴィテッセ (2013). 2秒台のスーパーカーをさらに表示, 加速の速い車は、動画を眺めているだけでも楽しくなりますよね!かくいう私も常に速い車をチェックしています。, 速いクルマといえば飛ばすイメージがあるかもしれませんが、実際に速いクルマに乗ってみると、余裕が生まれますのであまり飛ばす気にならなかったりします。, かくいう私も、普段は左車線(走行車線)でクルージングしながら、追い越していくクルマを眺めて楽しんでいます。, それでも、誰にも迷惑がかからないところでアクセルをひと踏みする瞬間が楽しいと感じています。, ちなみに、加速性能は車種によっても大きく差が出ます。車種別の最速クラスのクルマを0-96.6km/h順に並べると、, この記事がお役に立ちましたら応援・シェアをお願いします。皆様からのレスポンスが何よりの楽しみです。, いつも楽しく拝見しています。 本ブログにお越しいただきありがとうございます。Dr. }, 煽られたときの対策 ー 高級セダン・クーペは、軽やコンパクトカーと比べて煽られない?. 0-150: 12.5秒 Please reload the CAPTCHA. display: none !important; Time limit is exhausted. 0-250: 14.8秒, 既にご存じの方もおられると思いますが、この車は3000万円クラスのスーパーカーを凌ぐほどの性能を持っています。2013年モデルについては、0-100 km/h加速で2.6~2.7秒という結果が得られています。, 2015年モデルはニュルブルクリンクで世界記録を達成しています。ゼロヨン競技でもポテンシャルが優れています。, 同価格帯のレクサスRC FやBMW M4、ジャガーFタイプ Rクーペなどの中では、とびぬけて走行性能が高いスポーツカーです。, https://www.youtube.com/watch?t=1&v=PCsMz3_Mkyk, EV(電気自動車)であるテスラSの最上位アップグレードモデル(セダン)です。Motor Trendのテストでは、0-60 mph テストにおいて全テスト車の中で最速となる2.28秒を記録しています。, 1億オーバーのプラグインハイブリッドカーである、ポルシェ918やラ・フェラーリ、マクラーレンP1ですらこの記録に及びません。出足はもはや、EVが最速ということですね。, EVは発進直後から最大トルクを発生するため、出足の加速が抜群に良いです。ちなみに0-30 mph(0-48 km/h)は何と0.87秒を記録しており、まさにアッという間に到達するレベルです。, R35 GT-R ニスモに価格とスペックが拮抗しているスポーツカーです。スペック上ではコルベットZ06の方が軽く、エンジンパワーとブレーキ性能も優れているのですが、レース場ではGT-Rが勝利しています。, 2015 日産GT-R ニスモ VS コルベットZ06 【モンスターマシンの性能比較】, 最高出力1500ps/6700rpm、最大トルク163kg・m/2000rpmを出力する、一般道を走ることができるモンスターマシンです。, 動画の加速テストでは、路面状態がベストではなく出足こそホイールスピンが強めに発生していますが、時速160キロまで約5秒、時速360キロまで約16秒を記録しています。, 約3000万円のスーパーカーです。ターボ搭載車が上位を占める中、自然吸気エンジンを搭載しています。, Car And Driverのテストデータでは、0-60 mphにおいてNA最速となる2.5秒を記録しています。, ご参考:ランボルギーニ ウラカンの試乗レビュー: 憧れのスーパーカーをレンタカーで体験! 0-150: 12.6秒 0-200: 13.0秒 0-250: 21.3秒, 世界最高峰の高級車として評判の高い、メルセデスベンツ・ベンツSクラスの超高性能モデルです。素のモデルよりも乗り心地が良いらしいです。, メルセデスのハイパフォーマンスモデルであるAMGシリーズの加速ランキングについては、以下の記事が参考になると思います。, ハッチバック(コンパクトカー)最速クラスの車です。Motor Trendの0-60mphで4.3秒を記録しています。, ちなみに同じハッチバックのライバルであるメルセデス・ベンツ A45 AMG 4マチック(4WD)は、0-100km/hで4.0秒を記録しています。, 最高240馬力、最大35.7kg・m/2100-400rmpを出力する1.7リッターのターボエンジンを搭載していおり、車両重量が1050kgとかなり軽量なのが特徴的です。, 0-100: 4.1秒 Time limit is exhausted. 0-250: 24.5秒, 未来から来たようなルックスのハイブリッド車です。両ドアがガルウィングのように開く仕様になっていて、空を飛べそうな感じがします。, ポルシェのオープン・スポーツカーです。新型になって、水平対向の6気筒NAから4気筒ターボとなり、低回転でのトルクがパワーアップしました。, クーペタイプのケイマン 718 S(スポーツクロノ付き)は3.9秒を記録しています。, ニュブルクリンクの4ドアセダン最速タイムを記録したスポーツセダンです。日本では2017年10月14日から発売されています。, 1480kgのボディに、560馬力/8700rpm、48.9kg・m/7000rpmを出力するV10エンジン(NA)を搭載しています。, 高回転タイプであり、エンジンサウンドは「天使の咆哮」と呼ばれるほどの最高の一台です。最高速度は325km/hに達します。, SUV最速クラスのクーペのような車です。2トンを軽く超える車両重量を物ともせず、加速力だけでなく旋回性能や旋回性能もSUVの中では飛びぬけて優秀です。, メルセデスベンツがポルシェ911と対抗するために世に送り出したハイスペックマシンです。, 最新のオープンモデル「GT C ロードスター」は、0-96km/hにおいて3.0秒を記録しています。, 人気北米誌『Motor Trend』のベスト・スポーツカーコンテスト(2015)では、名立たるスポーツカーを抑えて堂々の1位を獲得しています。, 追記:AMGシリーズの加速ランキングを作成しました!動画リンクも貼り付けてありますので、AMG好きの方はぜひご覧ください。, 最大550馬力(最大トルク69.3kg・m/3500rpm)を出力するハイパフォーマンスクーペです。北米の自動車誌『Motor Trend』のテストでは、0-60 mph(0-96.6km/h)で3.6秒を記録しています。, またAWD(4輪駆動)のモデルでは、0-60 mphで3.3秒を記録しています。高揚感溢れるエンジンサウンドが最高に良いです。, ポルシェの最高級セダンです。ラグジュアリーカーの中ではトップクラスの走行性能を誇ります。ドライバーとして運転も楽しみたいという方におすすめですね。, SUV最高の加速力を誇る電気自動車です。さらに馬力アップのP100Dもラインナップに追加され、0-60 mphで驚愕の2.8秒を記録しています。, 0-100: 3.0秒 安全なセダン top5をクルマ専門家が紹介。それぞれの安全性や最新の安全装備について比較。購入時に注意したいポイントもまとめました。2020年に安全&人気のセダンはどの車でしょうか? 【画像ギャラリー】国産ワゴン最強決定戦!! 近年、人気が上がってきているSUV。外車のSUVもたくさんありますが、トヨタやホンダなどの国産メーカーからも迫力のあるSUVが販売されています。最近は、特にオンロードでも乗りやすいクロスオーバータイプが人気ですが、コンパクト・ハイブリッドなど特徴もまちまちで、どれにしようか迷ってしまいますね。, こちらでは、国産SUVの選び方とともに、人気の高いおすすめ車種をランキング形式でご紹介していきます。昔ながらの頑丈な四駆のSUVから、おしゃれでかっこいいシティタイプまでランクイン!ぜひ、自分に合った車種をチェックしてみてくださいね。, 通勤や買い物など日常的な使用がメインで、かつSUVらしい見た目のかっこよさが欲しいなら、クロスオーバータイプがおすすめです。ワゴンなどの乗用車をベースに、SUVらしい見た目をプラスしたタイプも多く、日常使いとしてぴったりの仕様になっています。, ハイブリッドなどの低燃費性能や、操作性に優れたものもたくさんありますよ。ファミリーカーとして探している方で、ミニバンはありきたりすぎる!と思っている方も、クロスオーバータイプなら、気に入る車種が見つかるかもしれません。, 本来のSUVならではの走行性の高さや頑丈さを重視したい方は、クロスカントリータイプがおすすめです。ラダーフレームを使用した最も昔ながらのタイプで、山道や足元の悪い悪路でも、安心して走ることのできる力強い車。四駆で、排気量の高いものが多いのも特徴です。, その分、どのような悪い環境でも走行できますが、悪路に合わせた作りになっているため街乗りとしては乗り心地が悪い、舗装路でのハンドリングがよくないというデメリットがあるとも言えます。年間を通してアウトドアに出かける方などは、本格的なクロスカントリーをチェックしてみると良いかもしれません。, クロスカントリータイプが好きだけれど、悪路はあまり走行しないというのであれば、シティタイプもおすすめです。クロスカントリータイプをルーツに持つため、その迫力や見た目のカッコよさはそのままに、街中でも乗りやすいように燃費や操作性を向上させたタイプになっています。, 乗用車をベースとして作られたクロスオーバーでは少々物足りないという方は、こちらをチェックしてみると良いかもしれません。二輪駆動と四輪駆動から選べるものも多いですよ。どこまで走破性にこだわるか、自分の乗り方に合わせて選ぶといいですね。, 一口にSUVと言っても、大きなものから小さなものまでさまざまです。使用環境に合わせてチェックしましょう。, 広々としたSUVが欲しいなら、やっぱり大きめのものをチェック!3列シートで7名乗りのタイプや、荷物がたくさん積める広々とした室内のものがあり、大人数での外出が多い方や、アウトドアでたくさんの荷物を積むことが多い方などにもおすすめです。, また、先述した通り、最近のSUVはファミリーカーとしても人気。ファミリーカーとして選ぶ際、運転の苦手なママは大きめタイプに苦手意識がある方も多いですよね。そんな時は、外観はコンパクトで居住空間は広いものを選ぶと、運転もしやすいのでいいですね。, 狭い道をよく通る方や運転にあまり自信がない方は、小回りの利きやすいコンパクトタイプのSUVをチェックしてみましょう。SUVは基本的には大型のボディで迫力のあるものが多いものの、見た目のカッコよさは好きだけど大きすぎる車は苦手、という方には小回りの利きやすいSUV車がおすすめですよ。, 国産のSUVは、海外のものと比べてコンパクトタイプが充実しているのも特徴。一般的に日本の道はSUV発祥の地であるアメリカに比べると狭いので、コンパクトタイプを選ぶことで、どこに行くにも臆せず乗ることができますね。, 大きな車体のSUVの場合、初めて運転するなど慣れていない方は、万が一の事故を防いでくれる安全性能も確認しましょう。近年になって特に注目されだしたSUV車は、最新モデルが多いのも特徴。そのため、自動ブレーキや誤発進抑制機能など、最新の安全性能を備えた車種が多くあります。, 運転席からの目線が高いSUVは、見晴らしが良いと言われているものの、車両周囲の死角も多くあります。特にファミリーカーとして選ぶ際には、安全性は外せないポイントですね。各メーカーでそれぞれの安全性能を搭載しているので、必要な性能を基準に車種を選ぶのも良いかもしれません。, ここからは、人気の国産SUVをランキングでご紹介していきます。なお、編集部独自で2020年6月30日時点にランキング付けし、価格はガソリン車・ハイブリッド車などを含めた最安値を記載しています。, SUVとクーペを融合した独自のフォルムを持つ、ホンダのヴェゼル。運転する人は楽しく、また助手席や後部座席に座る方は快適にくつろげる広い室内空間も魅力です。ハイブリッドタイプとガソリンタイプがあり、ハイブリット車なら最大27.0km/Lという低燃費も嬉しいですね。, アグレッシブとエレガンスを融合したスタイリングが魅力的なRV。レクサスならではの快適な室内空間や、安定した走行性能、先進の安全性能を備えたSUVです。価格は高めですが、高級感のあるラグジュアリーなSUVを探している方におすすめですよ。, 街乗りもしやすいサイズ感で、日常使いにぴったりなSUV。視界も広く、運転しやすいのが嬉しいですね。広々としたカーゴルームも特徴で、5人乗車時でもゴルフバッグが乗せられるサイズ。スバルの安全テクノロジー アイサイトが搭載されていて、安全運転のためのサポートもしてくれますよ。, アウトドアやオフロード走行で活躍する本格的なSUVが欲しい方におすすめの、ランドクルーザー プラド。大きな迫力のあるボディーとトルクフルな動力性能で、悪路も力強く走れます。パワーと燃費性能を両立しているので、日常使いもOK。自然の中はもちろん、市街地での走行も快適です。, ファミリーにもぴったりな、大きめサイズが魅力の一台。どのタイプも3列シートで、ゆったりとくつろげそうですね。7人で乗ってもみんなで話ができる、静かな空間にもこだわっています。, ガソリン、ガソリンターボ、クリーンディーゼルの3つのエンジンから選択可能。ディーゼルエンジン車なら、キャンピングトレーラーなどをけん引することもでき、憧れのアクティブライフも可能にしてくれます。, SUVに乗りたいけれど大きすぎる車はちょっと、という方におすすめなのがトヨタのライズ。コンパクトサイズですが、堂々としたエクステリアで迫力があり、1.5Lクラスのトルク搭載で力強く走ってくれます。, 小回りがきいて扱いやすく視界も広いため、道の狭い市街地での運転にもぴったり。ラゲッジスペースも広々としていて、アウトドアや旅行から普段の買い物まで、幅広く活躍してくれるでしょう。, マツダのクロスオーバーSUV CXシリーズにはいくつか種類がありますが、その中でも中間的な位置づけにあるCX-5。ガソリン車とディーゼル車から選ぶことができ、特にディーゼル車はハイパワーで低燃費な点が魅力です。, コックピットは、理想的なドライビングポジションで運転に集中できる設計。ロングドライブでも快適なシートを採用していて、ゴルフやアウトドアなどあらゆる場所へ出かける方にもぴったりです。, 冒険心をくすぐるようなデザインが魅力のスバルのフォレスターは、ファミリーカーとしての需要も高いSUVです。開口部が広々としているので大人も子供も乗り降りしやすく、チャイルドシートなどの積み下ろしもラクにできますよ。, また、日本の狭い道でも走りやすいサイズ感なのに、室内が広々としているのも魅力。大容量のカーゴルームで、荷物もたっぷり積みこめます。SUVならではのカッコいいデザインや走破性と、日常でも扱いやすいポイントを両立させたおすすめの1台です。, オフロード向きの力強いSUVが欲しい方におすすめの、トヨタのRAV4。路面状況に合わせて走行モードを3つから選択でき、滑りやすい道や凹凸の多い道などの悪路でもパワフルに走ることができます。, ラゲッジスペースは約580Lと大容量で、ゴルフやウィンタースポーツ・キャンプなど、荷物が多い時でも積み込みがラクラク。低燃費なハイブリッド車も用意されているので、ロングドライブが好きな方にもぴったりです。, クーペを思わせるエレガントなフォルムと、上質なインテリアが魅力的な、大人のためのSUV。イルミネーションや調光パノラマルーフ、フルオートエアコンなど、快適なドライブを実現してくれる機能が満載です。, ガソリンとハイブリッド、2WDと4WD、さらに加速がよく燃費性能に優れているターボエンジンタイプもラインナップされていて、自分の使い方に合ったものを選べるのも嬉しいですね。, 走行性能も快適性もデザイン性も妥協しない、高級感のあるSUVが欲しいという方におすすめの1台です。, その力強い走りとおしゃれな見た目で、ワクワク感を与えてくれるSUV。でも、ちょっぴり価格が高いのも否めません。以下の記事では、手の届きやすい価格帯の中古の人気SUVをご紹介していますよ。少々型が落ちても、存在感はばっちり!気になる方は、ぜひチェックしてみて下さいね。, 【狙い目車種はどれ?】中古SUVのおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】, いかがでしたか?主流は、迫力のある車体と、低燃費・低価格を両立したクロスオーバータイプが占めていることが分かりますね。悪路走破性が加わったクロスカントリーもあるので、自分の使用環境に合ったSUVを探してみてください!, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。.

阿部勇樹 嫁 画像 6, カイリュー りゅうせいぐん Hgss 7, Gジェネ ジェネシス おすすめキャラ 5, イタリア語 アモーレ 意味 8, 蒼穹のファフナー スロット 回想 37, ヤクルトレディ 給料 計算 24, アルインコ 振動マシン Fav4218k 4, 赴く 尊敬 語 8, スカイ ランタン 材料 11, V6 アメージパング 動画 4, Ai ランキング 人工知能 4, 松村北斗 静岡 テレビ 8, 夏休み 英作文 例文 4, サンムーン ヤミラミ 育成論 8, スピンバイク 試乗 東京 9, Windows シャットダウン 遅らせる 5, シールエクステ 前髪 薄い 31, 告白 セリフ集 女→男 アニメ 5, レモン ダンサー 紅白 8, 桐谷健太 桐谷美玲 親戚 5, こうの早苗 マンスリーキルト 2019 4, 横尾渉 自宅 住所 8, 常磐線 車両 歴代 34, 富山 習い事 大人 5, ドヒドイデ 構築 Usum 6, クリープハイプ ベース かっこいい曲 27, 樹脂粘土 フィギュア 目 4,