蛭子 漫画 なんj 10

16: 風吹けば毛無し 2020/07/23(木) 22:52:28.87 ID:xqlAG+vj0 >>14 蛭子さんが人殺しのような目で先生を見てたわ . マジで嫌い. [ 2020/10/07 06:37 ] ... ・漫画 (311) ・VIP (3419) ・なんJ (7066) ・佳子さま (465) ・つぼみ (380) ・当ブログについて (1) アンテナサイト様. だめぽアンテナ ワロタあんてな 2GET にゅーもふ にゅーぷる 勝つるあんてな! NEWS SELECT キタコレ(゚∀゚)!! matomeja ヌルポあんてな おまとめ ぶろにゅー … このリストが漫画選びに役に立つと嬉しいです。 面白そうな漫画があれば是非手に取ってみてください。 おすすめ「完結済み漫画」に関する記事はこちら. 1: 風吹けば毛無し 2020/10/18(日) 15:39:02.93 ID:jmBa2UL10... 1: 風吹けば毛無し 2020/06/13(土) 20:17:32.25 ID:pDqWtqEv0... 1: 風吹けば名無し 2020/02/06(木) 09:47:40.84 ID:ps1x7j1u0... 1: 風吹けば毛無し 20/10/27(火)16:49:58 ID:N7B 高校卒業後に地元の看板店に就職した後は店の同僚と漫画 ... 」が蛭子を出演させるようになり、以降、バラエティ番組やドラマ等でテレビタレントとしても活躍するようになった。 本人曰く、テレビに出るのは生活費を稼ぐためとのことだが、「漫画を描くよりもタレント活動のほうが遥かに なんJ PRIDE : 蛭子能収「人生に勝ち組、負け組なんてないですよ」 蛭子能収「人生に勝ち組、負け組なんてないですよ」 2015年07月08日08:00 Category : TV/タレント | 漫... 概要を表示 蛭子能収「人生に勝ち組、負け組なんてないですよ」 2015年07月08日08:00 Category : TV/タレント | 漫画/書籍 | コメン … 一番面白い野球漫画、なんJ民の10割が一致するwywywywywy マナブ 2020年9月26日 1 : 風吹けば名無し : 2020/09/25(金) 23:21:24 ID: k4P0AgNl0.net 1: 風吹けば名無し 2019/07/21(日) 06:01:27.81 ID:R9ZHh5ZD0 蛭子能収 「私は鳥や動物に対して全然愛情がない。一度だって犬がかわいいとか猫がかわいいとか思ったことがありません。 … *1 以前大竹まことは大竹側に過失が一切ない交通死亡事故を起こしており、このやり取りは大竹が謹慎から復帰した直後のことだった。, 1947年、熊本県牛深市(現在の天草市)で漁師の息子として生まれ、長崎県長崎市で育つ。, その頃劇団週刊乾電池の柄本明に劇団のポスターを依頼されたことで知りあい、劇団の役者としても活動を始める。漫画家のはずなのに俳優活動をしているのはそのためである。, 「スーパージョッキー」では本業の芸人である松村邦洋に匹敵するほどの無茶振りで体を張らされ、あらゆる場面でボロボロにされては視聴者の笑いを誘っていた。, 一方で大の愛妻家としても知られ、先立たれた前妻とその後に再婚した現妻がいるが、そのどちらも深く愛している。, ギャンブル以外にも映画を見ることも好きで、ハッピーエンドでは必ず泣いてしまうほど涙腺が緩い。ただし山崎貴相手に「泣ける映画が面白い映画という訳ではない」と直に言ったことも。, 声や顔付きは良い人っぽそうなうえに、バラエティ番組でしょっちゅう酷い目に遭わされるため憐れみを誘うキャラ。, 作風は「暴力と狂気にまみれたシュールでグロテスクなナンセンス不条理ギャグ漫画」とされている。, というか、自身の親の葬式を済ませた後、似たような考えを持つ兄とそのままパチンコに出掛けてしまった, なお、そんな蛭子がその死を本気で哀しんだのは、先立たれた前妻のみ(ただし、この逸話はソースがいまいち不明), 動物に興味がない・動物に癒されたことはない・人と動物は気持ちが通じ合わない・気持ちが通じ合うとすれば、それは人間の思い込み, 誘われても断れる友達以外は必要ない。友達はすごく窮屈な存在で、オレの自由を奪うことが多い。友達なんていらないですよ。, TV番組「中居正広のミになる図書館」の企画、美デッサン大辞典にて、サモトラケのニケのデッサンをさせたところ、片隅に勝手にニケの生首らしきものを描き、スタジオを凍りつかせる, 息子の友達が自分のプリンを勝手に食べ、その子を漫画内で殺害する(現実とは違って漫画の中だったら自由に人が殺せるので)。, 路線バスの旅で、夜中、店が見つからず撮影も許可してくれた店で出てきたエビフライを「海老がちっちゃい」と言い店主を激怒させる。しかも店主のほうが悪いと言う。, 武井壮が坂上忍に感謝の手紙を読んでいる際、1人だけ爆笑。他の人が悲しそうな表情をしているのも演技だと思っている。, 番組には本人出演のはずだったが、同時間に撮影することになったネプリーグのほうに出演する。, ツアー前に「絶対に不謹慎な笑い方はするな」・「まっすぐ歩け」と注意されたにもかかわらず、わざとジグザグに歩いた上にいつもの癖で笑ってしまったために警備している兵士にぶん殴られた, 勝っちゃんの持ち込みの水曜日のダウンタウンひどかったなあ……。 -- 名無しさん (2017-08-08 20:32:30), ↑ Q.ギャラが安いと仕事の手を抜く? A.あ、そういう事はないですね 安くても高くても大体手を抜いてます のやりとりで笑った -- 名無しさん (2017-08-08 20:39:40), 印象を聞くと芸能人も一般人も大体「人間のクズ」という答えが返ってくる人 -- 名無しさん (2017-08-08 20:48:06), 悪人とか屑ってより、純粋に狂人ってイメージがある -- 名無しさん (2017-08-08 21:00:20), 全然違う人と頭では理解してるんだけど、顔を見ると毒蝮三太夫氏が頭をよぎる -- 名無しさん (2017-08-08 21:19:41), この価値観は実にガロ系の人っぽい感じだよな。ぶっちゃけ蛭子よりも自殺した同じガロ系のねこぢるや山田花子のほうが凄まじい価値観持ってると思う。 -- 名無しさん (2017-08-08 21:46:51), クズとか悪人じゃなくて純粋に狂ってる -- 名無しさん (2017-08-09 01:02:09), 狂人とかサイコとか言われ放題で草 -- 名無しさん (2017-08-09 02:32:56), 「競輪に熱中する一方で競馬にのめり込まない理由→動物に興味がないから」いや、そのりくつはおかしい -- 名無しさん (2017-08-09 07:36:03), いや、公営全部やってみると分かるけど競馬が一番わかんないのよ。人や機械ほどはっきり調子が分からんし。そういう意味じゃバクチ経験は豊富なんだよ、懐に余裕があるから賭け方が儲けようとしてないだけで -- 名無しさん (2017-08-09 07:45:13), 悪人ではないけど クズいサイコパス -- 名無しさん (2017-08-09 07:47:55), 番組の企画で孫と一緒にいても楽しくなさそうだった -- 名無しさん (2017-08-09 07:58:42), この人狂人からは妙に評判いいのよね -- 名無しさん (2017-08-09 09:38:01), 絵が上手くないというより「下手に見える絵柄」って感じ。意外と構図とかは的確な印象がある -- 名無しさん (2017-08-09 12:09:36), ギャンブル好きだけど、借金せずに手持ちの範囲内でやってるので1億損しても全く痛くないんだよね -- 名無しさん (2017-08-09 20:06:19), サラリーマンを掛け持ちしながら漫画を描いていた頃は、嫌いな上司への憎しみを原動力にして、人を殺しまくったりするような漫画を描いていたらしいねww -- 名無しさん (2017-08-10 00:02:01), 葬式で笑ってたという件はビートたけしは母の葬式でコイツに笑われた事にブチキレたんだよね確か -- 名無しさん (2017-08-10 03:47:10), 確か不用意に一般の人が近づくと不幸になるとも言われてるんだよね。ある意味では伝記とかに載るような大昔の偉人っぽくもある -- 名無しさん (2017-08-10 05:23:12), 親の葬式でパチンコ行ったってのは葬式が終わった後じゃなくて葬式中じゃなかったっけ? -- 名無しさん (2017-08-11 11:40:05), 葬式みたいな真面目な場所で笑っちゃうのは、別に人が死んだのが楽しいからじゃなくて、失笑恐怖症だから -- 名無しさん (2017-08-11 18:32:08), 名前を見るだけで不快になれる奴 -- 名無しさん (2017-12-29 10:32:41), 三又又三とどっちがクズだろうか? -- 名無しさん (2017-12-29 13:33:33), 蛭子は言動にオブラートがないだけで共感できて笑えるクズだけど三又は笑えん -- 名無しさん (2018-07-15 21:29:28), 誘われても気軽に断れる友人以外はいらないって割と分かる -- 名無しさん (2018-07-15 21:32:07), 違反書き込みを削除 -- 名無しさん (2018-10-12 17:46:56), 大物芸人達は此のクソ親父を簡単に使うけど萩本欽一なら使わないだろう! -- 名無しさん (2019-03-29 15:07:14), 似たタイプでも未だ見栄晴の方がマシでは・・・萩本欽一と言うアキレス腱が存在してる以上、下手に周囲に反抗出来ないし! -- 名無しさん (2019-03-29 15:09:49), 軽度の認知症に…。 -- 名無しさん (2020-07-13 11:58:51). 毎日投稿、「いいね!」の数も気になる。どうしたらいいのか, 「世の中の人は田中君のこと、そんなに見てないよ。」悩みを打ち明けたアンガ・田中に、蛭子能収が出した驚きの答え, 蛭子さんの自由が一番「尊敬できる父」=蛭子能収 毎日新聞 2016年6月12日 東京朝刊, @btf「自由自在(蛭子能収)と臨機応変(根本敬)の勝敗なき勝負展」その顛末〈根本敬・記〉, 蛭子能収と根本敬の「やり直し展」が明治神宮前のGalaxy-銀河系で開催 CINRA.NET 2013年4月22日 13時18分, http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/16/kiji/K20161116013735240.html. なんJ. ぞうさんの箱. 蛭子 能収(えびす よしかず、1947年10月21日 - )は、日本の漫画家、タレント、エッセイスト。ファザーズコーポレーション所属。, 1947年(昭和22年)10月21日熊本県天草市生まれ。長崎県長崎市育ち。長崎市立戸町中学校卒業。長崎商業高等学校卒業後[1]、地元の看板店に就職するも、つげ義春の『ねじ式』に衝撃を受けて1970年に上京し、看板屋・ちり紙交換・ダスキンのセールスマンなどの職を経て『月刊漫画ガロ』(青林堂)1973年8月号掲載の入選作『パチンコ』で漫画家デビュー。その後、3年間の休筆期間を経て伝説的編集者の高杉弾と山崎春美の依頼により1979年に伝説的自販機本『Jam』(ジャム出版)でプロの商業漫画家として再デビューする。その後、ニューウェーブ自販機本『HEAVEN』での執筆を契機に官能劇画誌などの媒体にも進出し、アンダーグラウンドなエロ本を中心に数多くのエロ劇画や不条理漫画を発表する。以来特異な作風で注目を集め、元祖ヘタウマ漫画家としての地位を確立する。, 1981年、初単行本『地獄に堕ちた教師ども』を青林堂から上梓、これを機にダスキンを退社して漫画家として独立する。1980年代後半からは柄本明との出会いを契機として芸能界でのタレント・俳優活動に比重を移し、1987年に劇団東京乾電池の公演「台所の灯」に出演して以降『笑っていいとも!』(フジテレビ)へのレギュラー出演やテレビドラマ『教師びんびん物語II』(フジテレビ)への出演を皮切りに数多くのテレビ番組に出演している。また芸能活動と並行して狂気と毒をはらんだ前衛的で難解な漫画作品を精力的に発表し続け、商業的な成功には恵まれなかったが、日本漫画に新たな表現の地平を切り拓く[2]。, 呉智英の『現代マンガの全体像』で手塚治虫、大友克洋、楳図かずお、水木しげるらと並んで評価された漫画家の一人であり、2019年春に府中市美術館で開催された「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」では歌川国芳、萬鉄五郎、アンリ・ルソーら歴史的な美術家と並んで作品が展示された。, 現在は青林工藝舎の漫画雑誌『アックス』にて特殊漫画家の根本敬と共に「隔月蛭子劇画プロダクション社内報」を連載中[注釈 1]。, 主な著書に漫画で『地獄に堕ちた教師ども』『私はバカになりたい』『私の彼は意味がない』『私は何も考えない』『なんとなくピンピン』『家族天国』『蛭子能収コレクション』、エッセイで『正直エビス』『ヘタウマな愛』『こんなオレでも働けた』『ひとりぼっちを笑うな』『蛭子能収のゆるゆる人生相談』など多数。, 1947年(昭和22年)10月21日、熊本県牛深市(現熊本県天草市)生まれ[3]、長崎県長崎市戸町育ち[4]。5歳上の兄と8歳上の姉がいる末っ子。, 少年時代は貸本劇画誌『影』や『街』を愛読しており、山森ススムや辰巳ヨシヒロの劇画を好んで読んでいた[5]。映画にも関心を持ち、勅使河原宏監督の『砂の女』など前衛映画も進んで鑑賞した[6]。, 中学2年生の時に、不良グループに強制的に入らされ、いじめを受けていた[7]。使い走りや持参した弁当をご飯と梅干しだけの日の丸弁当に無理矢理交換させられたり、学校で事件が起こると濡れ衣を着せられていた。家に帰るとノートに嫌ないじめっ子を殺す漫画をひたすら描いて、学校の不満などを発散させていたと語っている[8]。この頃の将来の夢は「どこかの会社の事務員になること」であった[9]。, 長崎商業高等学校時代は兄の勧めで美術クラブに所属する。そこで初めてグラフィックデザインに出会い、横尾忠則、宇野亜喜良、粟津潔、亀倉雄策、佐伯俊男に大きな影響を受ける。グラフィックデザイナー志望であったが、高校卒業後に地元の看板店に就職[7]。当初からいずれは会社を辞めたいと思っていたと言い、看板店の同僚が主宰する漫画サークルに参加する。看板店には1965年から4年半勤務し、看板設置などをしていたが[10]、漫画サークルで『ガロ』1968年6月増刊号「つげ義春特集」を読み『ねじ式』に感銘を受け「大阪万博を見に行く」と嘘をつき1970年に無断で上京する。, 上京後は出版社や映画会社に勤めようとするが高卒を理由に断られ、再び看板屋の職に就く[11]。看板屋では事ある毎に自分を執拗に怒鳴りつける先輩のしごきに耐える寮生活を送り、憤慨した蛭子は先輩の同僚を残酷に殺す漫画を描くなど、創作活動に当時の不満をぶつけていた。この看板屋時代の先輩を残酷に殺す漫画は『ガロ』1974年3月号掲載の『仕事風景』(青林工藝舎刊 『地獄に堕ちた教師ども』に収録)にて確認できる。, またこの頃からATG(日本アート・シアター・ギルド)関連の非商業的な前衛映画を数多く鑑賞し、映画監督に憧れて青山にあるシナリオセンターに1年ほど通っていた時期もあるが[11]、非社交的な性格から集団制作に馴染めず「誰とも喋った記憶がない」ほど孤独な日々を過ごしていたという[7][12][13]。また卒業制作に書いたシナリオも「起と承しかなくて転結がない」と講師に酷評される[7][12]。ほどなく映画監督への道を諦め、最初から最後まで一人で作業が出来る漫画家に転向。劇画雑誌『ヤングコミック』(少年画報社)に持ち込みを行うが落選する[14]。, 1973年春、憧れの雑誌であった『ガロ』の発行元である青林堂に持ち込みを行う[13]。投稿1作目の『狂気が彷徨う[15][16][17][18][19][20]』は編集長の長井勝一にストーリーは評価されたものの、絵が技術不足であるという理由で落選する[13][21]。その後、蛭子は苦手なGペンをやめて製図ペンに乗り換え[22]、3か月後、青林堂に2作目となる原稿を持ち込み、ついに長井に才能を見出される。, 『月刊漫画ガロ』(青林堂)1973年8月号掲載の入選作『パチンコ』でプロの漫画家としてデビューを果たす[3]。このデビュー作はタイトルが「パチンコ」であるがパチンコは一切出てこず、「パチンコに行こうとしても行けずに百貨店を彷徨う男」を描いた奇妙なストーリーに仕上がっており、実際に見た夢に創作を交えて漫画にしている。, 憧れていた『ガロ』で漫画家デビューを飾ったことについて蛭子は「ガロに入選するのは夢だったから、この時の喜びが今までの人生の中で一番嬉しかった。入選の通知を開けて狭い六畳のアパートで女房と一緒に飛び上がって喜んだ」と回想しており[13]、奮発して100グラム50円の豚肉を50グラムだけ買ってカレーを作り二人だけのお祝いをしたという[23]。, しかし、青林堂の経営難により原稿料が支払われることはなかった。蛭子によれば、青林堂に2作目(入選作)を持ち込んだ帰り間際、事前に編集長の長井勝一から「もし『ガロ』に入選して載ったとしても、原稿料は払えないんだけど、それでもいいですか」と説明を受けており、蛭子は入選を期待して「ええ、お金なんて、いいです」と言って青林堂を後にしたという[13]。後に長井は蛭子がノーギャラでも『ガロ』に漫画を描き続けてくれたことに感謝の弁を述べている[24]。, 70年代は蛭子にとって不遇の時代であり、漫画家を諦めかけていた蛭子にチャンスをもたらした名物編集者の高杉弾(メディアマン)から1979年に原稿を依頼されるまで彼の世間での知名度は皆無同然であった。, 私生活では、長女の史英が生まれた1972年に結婚[26]。その後はちり紙交換の職に就くが、1974年に長男の一郎が生まれたのを機に漫画を趣味と割り切り、有限会社ダスキン練馬のセールスマンになる。しかし、金銭的には困窮しており、生活苦から生活保護を受給するに至った[27]。, サラリーマン時代の自身については、「どんな時でも目立たずに、自己主張なんてことは一切せず、何もかも上司の言いなりに動く会社員でしたね。まぁオレの性格が意見とかそういうのが言えないから、めんどくさい業務とか残業なんかも頼まれると断りたいけど断れないんですよ。心の貧しい生活を強いられている、それがサラリーマンだと思っていたんですよね」と回想している[21]。, その後、糸井重里と湯村輝彦が共作した不条理漫画『ペンギンごはん』シリーズに刺激を受けるが、漫画では収入を一銭も得る事ができず、デビューから2年程で寡作になり、1976年7月号掲載の「愛の嵐」を最後に沈黙。以降『ガロ』での執筆は1981年6月号掲載「地獄のサラリーマン」まで5年間途絶えることになる。次第に蛭子は職業漫画家に限界を感じるようになり、郷里の長崎に帰る決意を固める[24][28]。, 1979年頃、初代『ガロ』編集長の長井勝一に別れの挨拶を述べるため神田神保町にあった青林堂を訪れる[24][28]。しかし、蛭子の才能を惜しんだ長井は「単行本を出版して応援するから、あと一年頑張ってみて売れなかったら帰ればいい」と説得し[24][28]、蛭子は安堵した様子で青林堂を後にしたという[24]。後に長井は「俺も蛭子さんの才能はただものじゃないと思ってたから、あのとき力になれて本当によかったと思っているよ」と回想している[24]。, 1979年、高杉弾(メディアマン)と山崎春美の依頼により、伝説的自販機本『Jam』4号(1979年6月号)掲載の『不確実性の家族』にて再デビューを果たす[7][11][29][30][31]。またこの時に漫画家としての収入を初めて得る[11]。なお同誌では「天才漫画家・蛭子能収 Jamでカムバック!」という異色の触れ込みで紹介され、蛭子を編集長の高杉弾に推薦した山崎春美からは「天才漫画家の呼び声高くガロ以来久々に再登場したダスキンのセールスマン。生活の地獄より抽出されたかと見まごう極致の作品には、世紀末自暴自棄の止揚が見られる。とか何とかなにせ解釈不能」と評された[32]。, それ以降も『ガロ』3代目編集長の渡辺和博[注釈 2]との交代を挟みつつ隔月で同誌に作品を発表。後継誌『HEAVEN』(アリス出版/群雄社出版)でも引き続き連載を持つ[11]。また支払われた原稿料も1頁4000円と高額であり、当初は半信半疑だった蛭子も銀行に振り込まれた16頁分の原稿料6万4000円を手にして「プロの漫画家として人生をやり直すことができるかもしれない」と希望を抱き始める[34]。1980年1月には『Jam』終刊号(特別ゲリラ号)に自身の代表作となる『地獄に堕ちた教師ども』を発表する。, なお漫画家人生の転機となった『Jam』という雑誌は、創刊号で当時人気絶頂だった山口百恵のゴミ漁りを決行し、学校の答案用紙(妹28点・百恵67点)から使用済み生理用ナプキンまで「芸能人ゴミあさりシリーズ」と題して大々的に公開した伝説の自販機本として知られ、その他にもパンク・ロックやドラッグ・カルチャーの紹介に加えて皇室、臨済禅、神秘主義、現代美術、カルトムービー、接写ヌード、プロレス、オカルト、ビートニク、スーフィズム、サイケデリック、ニュー・ウェイヴ、フリーミュージック(英語版)までカウンターカルチャーを縦横無尽に取り上げ、それまでの雑誌の常識を蹂躙するパンクな誌面を展開したことから今日に至るまで神話のごとく語り継がれている[35][36]。しかし当の蛭子本人は雑誌の内容を全く理解できず「自分の漫画が認められたことは大いにうれしかったが、その本は中味も何が何やら、さっぱり訳が分からないので、どうせ自分はこんなところでしか扱われないのさ、という自分に対して嘲笑のうずを巻いた。しかも、その本は自動販売機でしか売られていない、と言った。しかし、だからこそ自由な本造りができるんだ、とも言った。自動販売機の本なんか私は見たこともなかった。あんな自動販売機で本を買っている人の姿なんて見たことがない。しかし『Jam』という本には(当時『ガロ』編集長の)渡辺和博さんの漫画が載っていた。これだけが唯一、私には救いだった」と当時置かれた心境を回想している[31]。, また高杉と山崎の第一印象についても「ヒッピーらしき風貌の人と、目の釣り上がったインテリらしき若い二人連れで、私が今まで付き合っているサラリーマン風な若者とはまるで違っていて、私は何やら胡散臭いなと思った」と回想するなど[31]、決して好印象を与えるものではなかったというが、蛭子はこの二人の編集者に対して「オレの漫画に初めてお金を払ってくれた人生の恩人」「『ガロ』に作品が掲載されたものの、まったくの無名だったオレをプロの漫画家にしてくれた」と感謝しており、のちに蛭子は「そこで初めて原稿料らしい原稿料をもらったんですよ。隔月でキチンと締め切りもあったし。それでこの二人を信用するようになったんです。その二人に『会社を辞める』ということを話したら、『それなら他の編集者も紹介しますよ』と言ってくれて、出会いが広がっていって、定期的に漫画の収入が入るようになったんです。だから『Jam』の編集さんに会っていなかったら、漫画家になってなかったかもしれないんで、すごく感謝しているんです」[11]「私は、この高杉弾と山崎春美という二人のおかげで、ついに夢であった漫画の仕事へ就くことができたのである。そして不当に扱われている自動販売機の本がいとおしくなった」[31]と述懐している。, 1981年には初単行本である『地獄に堕ちた教師ども』が青林堂から刊行されるのを機にダスキンを退社して漫画家として独立する。, その後、高杉弾(メディアマン)[37]、山崎春美[38]、単行本『地獄に堕ちた教師ども』の装丁を手がけたイラストレーターの湯村輝彦[39]らによる仕事や編集者の紹介もあり、三流劇画誌『漫画ピラニア』『漫画ラブ&エロス』『漫画カルメン』『漫画パーキング』やアリス出版の自販機本『EVE』『ガール&ガール』『ルーシー』『特写最前線』のほか『Jam』『HEAVEN』の系譜を受け継いだ群雄社の自販機本『フォトジェニカ』『スノッブ』『コレクター』など書店に並ばないアンダーグラウンドなカルト系自販機雑誌で数多くの連載を持ち、後に「自販機本漫画界の大御所」と評されるが[30]、これら雑誌はいずれも国立国会図書館に所蔵されておらず、その活動の全貌はつかみがたい。また、1970年代後半から1980年代中頃にかけて川崎ゆきお、宮西計三、平口広美、ひさうちみちお、近藤ようこ、根本敬と幻の名盤解放同盟、山野一、丸尾末広、杉作J太郎、マディ上原らガロ系の後輩漫画家も続々と自販機本や三流劇画誌に進出する。, 1982年には山崎春美からの依頼でスーパー変態マガジン『Billy』(白夜書房)3月号で「スーパー変態インタビュー」[注釈 3]に顔出しで応じ、妻の流産を喜ぶ新進気鋭の異端漫画家としてメディアに素顔を公開するようになる[7]。同年、長井勝一の著書『「ガロ」編集長』(筑摩書房)の出版記念パーティーで特殊漫画家の根本敬と因果的邂逅を果たす[40]。, この頃からニューウェーブ系漫画家の一人として『ガロ』以外に『宝島』『漫金超』『平凡パンチ』『ビックリハウス』『アリスくらぶ』『ペリカンクラブ』『季刊コミックアゲイン』『月刊スーパーアクション』などの媒体へも進出。つげ義春やATG映画に影響されたシュールで不条理なギャグ漫画や暴力的なモチーフを多用するダークな漫画を描くようになる。絵は決して上手とは言えないながらも「ヘタウマ」という作風で注目される。, 1983年には巻上公一のニュー・ウェイヴテクノポップバンド「ヒカシュー」のシングル『私はバカになりたい』のジャケット画を手がける。これを契機に恐悪狂人団、殺害塩化ビニール、ザ・ゲロゲリゲゲゲ、ハイテクノロジー・スーサイドなど日本を代表するハードコアパンクバンドやノイズミュージシャンのジャケットを手がけるようになり、オルタナティヴ・ミュージックシーンでも蛭子の存在が認知され始める。また「じゃがたら」を率いる江戸アケミからもジャケット画の依頼を生前に受けていたが、その数日後に江戸が自宅で事故死したため、実現することはなかった[41]。, 1985年には田口トモロヲのロックバンド「ばちかぶり」のインディーズ1stアルバムのジャケット画をナゴムレコード主宰者のケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)の依頼で手掛ける[注釈 4]。これはナゴムレコード初の黒字レコードとなり(ナゴムはそれまでレコードを出す度に何十万円もの赤字を出していた)、これによりナゴムの自主制作音楽界での認知度は一気に上昇[42]。そろそろナゴムをやめようと思い始めていたケラは同アルバムのヒットによってレーベルを続けていく決意をする。後にケラは「このレコードが爆発的に売れて、そこからインディーズブームなんて言葉が出来て、ナゴムレコードっていうのを背負っちゃったんだな自分はって思い始めた」と回想している[43]。, 1980年代中頃、劇団東京乾電池の柄本明から劇団ポスターを依頼され、劇団に出入りするようになる[44]。その後、柄本からの依頼で劇団東京乾電池の公演『台所の灯』(1987年5月15日・こまばアゴラ劇場上演)に出演する[45]。, これがフジテレビプロデューサーの横澤彪の目に留まり、1987年に『笑っていいとも!』(フジテレビ)に文化人枠でレギュラー出演する。, 俳優として舞台活動もこなし、テレビドラマ『教師びんびん物語II』(フジテレビ)への出演を皮切りにテレビ番組に本格的に進出し、特異なキャラクターを活かした芸能活動に比重を移して数多くのバラエティ番組に出演している。, 特にタレントとしての代表作であるテレビ東京系のバラエティ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』シリーズでは、リーダー役の太川陽介やゲストの女性タレントと共に日本各地の路線バスを乗り継いでいき、行き当たりばったりの珍道中を展開し、タレントとして再注目される契機となった[46]。数多くのテレビ番組に出演する一方で、タレントの仕事はあくまでアルバイトとしている。, 1997年、青林堂の内紛騒動で『ガロ』が休刊。その後、青林堂から分裂した青林工藝舎が新たに創刊した漫画雑誌『アックス』で特殊漫画家の根本敬や青林工藝舎の高市真紀らと共作活動を行う(後述)。, 2003年に短編映画『諫山節考』で映画監督としてデビュー[45]。この作品は元々シンガーソングライター・諫山実生のプロモーションビデオとして作られたものである。監督第2作目は2007年の『歌謡曲だよ、人生は』の「いとしのマックス/マックス・ア・ゴーゴー」(脚本も兼任)。, 2008年には『ガロ』の後輩漫画家で蛭子ウォッチャー[注釈 5]の第一人者でもある特殊漫画家の根本敬からの依頼で、漫画共作ユニット「蛭子劇画プロダクション」を結成し、青林工藝舎の漫画雑誌『アックス』を拠点に現在も活動中である。メンバーは蛭子能収、根本敬、安部慎一(現在は脱退)、マスクベビー(湯村輝彦の息子)。担当編集者は青林工藝舎の高市真紀[注釈 6]。, 2010年には根本敬の依頼で国際特殊機関「ハッテンバプロダクション」を結成する[47]。メンバーは蛭子能収、特殊漫画家の根本敬、パリ人肉事件で全世界を震撼させたカニバリストの佐川一政[注釈 7]。これは「蛭子漫画が世界的に無名未評価でいいのか[48]」という根本の考えから、漫画家としての蛭子能収や佐川一政をアーティストとして海外に売り込む目的で旗揚げされたアート集団である[47]。, 2011年には故郷・長崎の長崎歴史文化博物館において初の個展『えびすリアリズム -蛭子さんの展覧会-』が開催された。, 2014年にはエッセイ『ひとりぼっちを笑うな』を上梓。本書では「小さな頃から“分相応”的なものに自分らしさを感じ“他人に害を与えない”ことを一番大事に考えてきた」と述べ、つながりや絆を必要以上に大事にする現代社会の風潮に懐疑的な立場で独自の持論を述べた。この「内向的な人間のための幸福論」として刊行された著書は15万部を売り上げるヒットとなり、活字本ながら蛭子最大のベストセラーとなった[注釈 8]。, 2016年には長編映画初主演となる任侠映画『任侠野郎』が公開。同年10月には青林工藝舎より『地獄に堕ちた教師ども』が35年ぶりに復刊された。, 2019年春、府中市美術館で開催された「へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで」で現代のヘタウマ漫画家の代表として作品が展示された。, 2020年7月9日放送のテレビ東京系「主治医が見つかる診療所2時間スペシャル」で、軽度の認知障害と診断された。レビー小体病とアルツハイマー型認知症の合併症であるという。蛭子本人は「今後の活動についてもできる限り続けていきたい」と話している[50][51]。, 「ガロ系」と呼ばれる日本のオルタナティブ・コミック作家のなかでも、特殊漫画家の根本敬・山野一・平口広美と並び極北に位置する最も過激な作風の不条理漫画家である。読む人を選ぶ非常にシュールな作風であり、不条理ギャグやギャンブルについての4コマ漫画、あるいは暴力的なモチーフを多用して内面のダークな世界を描き出す精神分裂的な作風で知られている。, 根本敬[52]・山田花子[53]・大槻ケンヂ[54]・山野一[55]・花くまゆうさく[56]・福満しげゆき[57]・巻上公一[58]・水野しず[59]・武内享[60]・遠藤ミチロウ[61]・柄本明[62]など数多くのアーティストに多大な影響を与え、1980年代のアングラ・サブカルチャー界を席巻した事でも知られている。, 独特の絵柄と他の追随を許さないエキセントリックな世界感を持っており、漫画の特徴を一言でいうと「暴力と狂気にまみれたシュールでグロテスクなナンセンス不条理ギャグ漫画」というようなものになる。作品は狂気と悪意に満ちており、日常の不満や歪んだ欲望に不気味な絵柄が相まって謎の緊張感が常に漂っている。登場人物は平凡なサラリーマンである事が多く[63]、いずれも尋常でない汗をかいている。背景の舞台装置には何故かストーリーに関係なくUFOやドクロが置かれ、ストーリーの内容も「因果で陰鬱なプロット」「意味のない掛け合い」「オチのない結末」などが多く、救いのないオチがほとんどで、もはや言語解説不可能な域に達している。特殊漫画家の根本敬は漫画家としての蛭子能収を「狂気を内側から描いている人」と述べており、内面からの狂気を描いたブラックな作品が多い。呉智英は蛭子漫画について「被害者意識と憎悪とが混じりあった悪夢のような作風は、余人の追随を許さない」と評している[64]。また早くから「ヘタウマ」というジャンルを確立した一人でもある。, 後輩漫画家の山田花子は蛭子を「感じたまま、ありのままの自分をさらけ出して描いている本物の作家」と評価しており、漫画評論家の清水生も「蛭子は漫画において人間の本性を妥協なく露出している。蛭子漫画の恐ろしさはここにある。人間は家族でも夫婦でも恋人同士ですら憎んだり嫉妬したり裏切ったりする。蛭子は人間のあるがままの姿を直視し、それを彼流の手法でデフォルメして描き出す。彼の漫画に虚勢や見栄や気取りは通用しない」と述べている[65]。これについて蛭子は「僕は文句を言ったりする勇敢な人より、つい何も言えずに我慢しながら生きている人が好きなんですよ。だからサラリーマンでも、一流会社で悠々とやってる人じゃなくて、低賃金のところでヒーヒーしている人をね。描いたりするのがね。弱い人間っていうのは、やっぱ魅力ありますよね」と語っている[66]。, この様な作風のためメジャー誌での連載経験は皆無に等しく、主な執筆活動の場は、青林堂の『月刊漫画ガロ』や青林工藝舎の『アックス』など、極めて自由な創作が行えるマイナー志向の超カルト的サブカルチャー雑誌を中心に活動しており、アウトサイダー・アートに対応した“特殊漫画家”と呼ぶべき存在でもある。単行本は絶版や品切のため入手困難な状態が長年続いていたが、2016年に青林工藝舎から処女作品集『地獄に堕ちた教師ども』(1981年・青林堂)が35年ぶりに復刊された。, また初期作品の評価が高く『ガロ』副編集長の白取千夏雄は「青林堂から刊行された初期の『地獄に堕ちた教師ども』から『なんとなくピンピン』あたりまでの作品は本当に凄いと思っている。中でも初期3冊目くらいまでは鬼気迫る作風で、今読んでも『天才』だとさえ思う」と述べている[67]。特殊漫画家の根本敬も「特に最初の単行本『地獄に堕ちた教師ども』と2冊目の『私はバカになりたい』は本当に凄いなァと何度読んでも感心し、そして深く胸に突き刺さった」と告白しており、「こんな漫画、絶対俺には描けない」と密かにコンプレックスを抱いていたことを明かしている[68]。, 自由な創作が行えるアンダーグラウンドには思い入れがあり、「暗いジメジメしたところのほうがやはりおもしろいですよ。そんなジメジメしたところでしか出ない美しさというものがアンダーグラウンドにはあるんです。それは本音の美しさですね。日の当たるあっちのほうは飾られた美しさです。オレはやっぱり地下活動、アンダーグラウンドが好きですね」といった発言[69]があることから大衆・万人に受け入れられる作品づくりにはあまり興味がない模様である[注釈 9]。コラムニストの野々村文宏も「この人の漫画に一般受けもへったくれもないと言うべきだろう」と評しており[70]、それゆえ漫画のファン層は非常に限られているが、その強烈な個性を露出した表現は他の追随を決して許さないものである。, 漫画を描く際は、自分が見た夢をもとに漫画にするという特殊な技法で描いている(同じガロ系作家のつげ義春、逆柱いみり、山野一、ねこぢるも同様に「夢の世界」を再現したシュールな漫画を描いていた)。しかし、後に夢をあまり見なくなってからは、何となくネタを絞り出すようになったという[71]。, 「夢をもとに漫画を描く」という創作方法は、20歳のときに読んだつげ義春の漫画作品『ねじ式』に大きな影響を受けている。自著でも、「この世の中にこんな漫画があるのかって驚きましたね。とってもシュールな漫画なんですよ。不思議でヘンテコな世界だけど、芸術作品のような漫画にとにかく衝撃を受けてオレも漫画を描き始めました。それまではピストル殺人事件など素直な漫画を描いてたけど、この漫画を見てからはわけのわからない漫画を描くようになりました。それでようやく漫画で食えるようになったのは30歳半ばの頃。ずっと漫画家になりたいとコツコツやってきたから“生きがい”は見つかったと思いますよ。テレビの仕事は儲かるけど“やりがい”はありません。『ねじ式』のような作品を描いてみたいから今でも原稿料が出ない雑誌でも連載を持っているんです」と、漫画家人生を左右する程の衝撃を『ねじ式』から受けた事を幾度となく述べている[72]。, また漫画では本心を描くので現実に怒りを感じる相手は「漫画の中で徹底的に殺す」[73]と話しており、実際の人物に配慮して特定できないように描いている[74]。かつて息子をいじめていた同級生が冷蔵庫のプリンを勝手に食べた挙句、息子の顕微鏡を強引に借りていった事に憤慨した蛭子は、漫画『家族天国』の中で同様のシチュエーションを描き、この同級生らしき人物を最後にバットで殴り殺すオチを描いている[75]。また学歴コンプレックスがある蛭子は東京大学出身の編集者と打ち合わせをした際も同様のシチュエーションを描き、日本刀でその編集者を惨殺する漫画を描いている[76]。, 漫画家活動初期は、そのキャラクターが知られていないこともあり、難解な前衛漫画を描く謎の天才漫画家として同業者やマニアックな読者に「この人は天才なのかキチガイなのか、あるいはその両方か、もしかしたら美大くずれの物凄いインテリなのかもしれない」と恐れられていた逸話がある[77]。根本敬は『ガロ』のパーティー会場で蛭子と初めて会った際の印象について「神経質そうなさ、おっかない人を想像してたわけですよね。それで蛭子さんと実際に会って嘘だろ!って。やたら腰の低いペコペコばかりしている人畜無害そうなおっさんが実は蛭子さんだったというね」と大ショックを受けたことを自著『因果鉄道の旅』で回想している[注釈 10]。, 三流劇画誌『漫画大快楽』『漫画ピラニア』編集長の菅野邦明も、常識や倫理性を無視した過激極まりない不条理な漫画の内容から「蛭子能収という人はキチガイなのだろうか?」と怖がっていたという。インタビューの中で菅野は「蛭子さんに仕事を依頼したい一方で、最初は本人に会いたくなかったですね。やっぱりこの人キチガイじゃないかと思ってて。ちょうどその頃、あるパーティーに蛭子さんが渡辺和博さんと一緒に来てたんです。そこで紹介された蛭子さんは、作品からは想像もつかない、礼儀正しく大人しい人でびっくりしました」と、その落差に衝撃を受けたことを回想している[79]。, 青林工藝舎社長で『アックス』編集長の手塚能理子も「蛭子さんって作品と本人にものすごいギャップがあるというか。まあ、本当は最終的には無いんだけど、作品と作家本人の印象が全然違うじゃないですか。まだお目にかかる以前は、青白い顔した怖い人なのかと思っていたんですけど、会うと全然漫画とイメージが違う人で、『誰、この人?』みたいな感じでした」と語っている[28]。, しかし、蛭子の言う「素人の時代」の波に乗り、気付いたらテレビに出始め「正体不明の不条理漫画家」から「さえない面白おじさん」として世間一般にキャラクターが知れ渡ると、描いている漫画と本人とのギャップのせいか、本業であるはずの漫画が売れなくなってしまったという[80]。後に、そのキャラクターのおかげで「漫画家としての知的な印象がテレビ出演後は消えた」とインタビューで自虐したことがある。根本敬も「もっぱらアーティストとしての評価はおざなりで、特異なテレビタレントとして名高いが、それを惜しむ声も高い。しかし、肝心のアーティストとしての高い評価には本人はあまりにも無自覚であり無防備である」と述べている[81]。, 蛭子本人も「本当は自分の顔とか姿を人前に晒したくなかった」と述べており、「最初に舞台に出たのは柄本明さんから出てくれって頼まれたから。オレはホントは出たくなかったんですよ。それでテレビの依頼も来るようになって…。だけど、人から頼まれたことを断るのもイヤなんですよ。仕事にしたって、せっかく頼まれたら普通は断らないでしょ。ホントは一般の人に埋もれて普通に過ごしたかったんですよ。正直なところ、どうしてオレがテレビに出ているのか未だに不思議で仕方ありません」とテレビに出て顔が売れてしまった事には否定的なコメントを寄せている[82]。, また、テレビに出て顔が広まると、見ず知らずの他人から日常的にいたずら電話されたり、不良に絡まれたり、競艇場で頭を叩かれたり、家の玄関にうんこを投げ入れられるなど嫌がらせを受けるようになったという[83]。これについて「オレは芸能人の中でも特に絡まれやすいみたいで…だから本当はテレビに出たくないんですよ。それでもテレビに出るのはお金がいっぱい貰えるからです。オレは漫画家だし、社交的なのが本当に苦手なんで、テンションが高い芸能界の人との付き合いも苦痛で…ホントは変装なんかせず堂々と顔を晒して歩きたいんですよ」と複雑な感情を打ち明けている[83]。, その一方で、「テレビ出演のギャラと比べても漫画の原稿料は格段に安い。『スーパーJOCKEY』での熱湯風呂のギャラは20万円だった。1日2本撮りなので2回熱湯に入るだけで40万円になる。こんな労働があるのかってすごくびっくりしましたよ。ある時、同級生に『お前あんな情けない仕事するなよ』と言われたが、僕は彼らの月給分をたった1日で稼いでいるのだからやめられるわけがない」とテレビの仕事に対する独自の持論を語っている。, 1973年のデビューからアバンギャルドな不条理漫画を一貫して描いてきたが、インタビューで「オレの描く漫画は不条理漫画って呼ばれてますけど、きっと『宝島』で『不条理でポン』っていう4コマ漫画を描いてたからでしょうね。でも、オレの中ではまったく不条理ではなかったんですよ、ただやみくもにわけのわかんない漫画を描いていただけで、不条理っていう言葉にはまた別の意味があると思ってましたから。周りもオレの漫画を勝手に深読みしてくれたけど、ほとんど何の考えもなしにあっけらかんと漫画を描いているんです。私の漫画は意味がない」と述べている[29][84]。, 因果者・電波系人間探訪の権威にして特殊漫画大統領の根本敬[注釈 11]は1982年に蛭子と邂逅して以来、蛭子ウォッチャーと称して定点観測やフィールドワークを長年続けている。また根本は著書や講演などを通して蛭子の恐怖伝説を広く一般に普及させた蛭子研究家の第一人者としても知られており、「うわべの素朴でお人好しなキャラクターとは裏腹に、その無意識、深層、いや存在の根源においてこれほどしたたかな奴は世界中探してもいない」[85]「普通のおっさんに見えるが実はあれは余りの異常さが一回りして普通の地点に戻った普通さで、一般人が知らずに接すると必ず痛い目に遭う」[67]とも語っている。, 一方で当の蛭子本人は自身の伝説について「まったく気にしませんね。だってオレの事をタダで宣伝してくれるんですから。それをテレビ局の人が見て次の仕事やお金につながるかもしれない。伊集院光さんや水道橋博士さんも、オレのことを『芸能界一のクズ』とか『芸能界一恐ろしい男』として、ラジオやテレビで宣伝してくれるんですよ」と肯定的に述べており「噂はどう転ぶかわかりません。逆に楽しんでいればいいんです」と一蹴している[86]。実際に蛭子の噂を聞きつけた勝俣州和は、TBSテレビのバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』に「蛭子能収を超えるクズそうそういない説」として検証企画を持ち込み、蛭子のクズエピソードがオンエアされている。, また根本は蛭子について「知的装飾の欠如した言動に特徴があり、物事の本質しか突かぬ」と分析しており[81]、実際に蛭子は褒め言葉のつもりで大林素子に「セックスしたことあるの?」と尋ねて「何故かすごく困った顔をされた」という感想を述べている[87]。また自著『正直エビス』でも「公明党は宗教政党」「いじめで自殺に追い込んだ子供たちは死刑にすべき」など歯に衣着せぬ過激な持論を展開しているが[88]、これについて蛭子は「オレが常日頃から思ってることですから全然過激だとは思ってないんですけど」と述べており、インタビュアーに対して「どのへんが過激に見えましたか?」と逆に聞き返している[89]。これについて根本は蛭子の本質を無意識過剰[90][91]と評し、「蛭子能収は蛭子能収という宇宙に住む蛭子能収という宇宙人だ。たかが漫画如きが、つまる、つまらないといった次元の話など蛭子宇宙の内部では全く問題にならない」とも語っている[92]。また根本は「蛭子さんは動物性原理の塊であり、自意識やプライドなど人間的な意識がものすごく乏しい。自意識欠如の無意識過剰な人物であるが、そうでありながらも芸能人であり、高額所得者で社会的には成功者である。この常人には超えがたい矛盾を易々かつ無意識に乗り超え、日々生活していることが蛭子さんのすごさのひとつである」[78]「蛭子さんはテレビで人気者ですけど、テレビって自意識過剰の固まりみたいな世界でしょ?そこに蛭子さんのような無意識過剰な人間がポンッと入ったんで注目されたんだと思う」[12]とも分析している。, この様に一般的な価値意識に左右されない自由奔放な発言や振る舞いで、物事の本質や核心をストレートに突くことが多く、自分の考えを包み隠さずに本音で話すので顰蹙を買うことも多々ある。これについて伊集院光は「人間は全員、素っ裸になれば蛭子さんとそれほど大差がない。社会通念に沿って何かそれを言わないようにしようとか、オブラートに包むとかあると思うけど、蛭子さんはそれを包み隠すことがなくむき出しなんですよ。真剣勝負の戦いに武器を持たずに素っ裸で来て、斬った者が負けるような感じが蛭子さんにはある」と解説している。なお蛭子ウォッチャーの吉田豪は蛭子について「馬鹿正直な合理主義者」と評しているほか[93]、雑誌『HEAVEN』副編集長の野々村文宏は「すべての自称芸術家は社会的にもうひとつの顔としての“世間体”を演出している。ところが一介のダスキンのセールスマンとしての蛭子能収には、まったくといって良いほどこの“世間体”が欠落していたし、もともと蛭子能収という人格のなかには“世間体”を作り出すこころのメカニズムが欠如していたかもしれないのだ。市民生活のなかに芸術家の顔を持ち込めなかったのはこのためである」と解説している[70]。, こうした建前や他人を意識しない言動が目立つため、エキセントリックなテレビタレントとして世代を問わず広く認知されているが、本人としては「自分が特別な存在であるなんて思ったことがない。子どものころから“目立ちたい”という発想もほぼ皆無でした。クラスにも目立ちたがり屋の子がいましたが、そういった“目立ちたい”という振る舞い自体がよくわからなかった。オレね本当に普通なんです。“オンリーワン”じゃなくて“ワンオブゼム”でいい、みんなの中の一人でいい」と述べている[94]。, 兄と姉の三人兄弟の末っ子。最初の妻との間に儲けた1男1女と、現在の妻の連れ子である義娘の計3人の父[149]。, 愛妻家として広く知られており、前妻と死別した際「人間って誰かを幸せにしたり喜ばせるために生まれてくると思ってるんですよ。で、一番身近な誰かって、結局は家族でしょう。女房は俺を幸せにするために生まれてきた。そして俺は女房を喜ばせるのが運命だった。そういうことではないですかね」と著書『ヘタウマな愛』で述べた事がある[150]。, 奥さんと仲の良い秘訣については「一緒の布団で寝ること」とのことで「俺は夫婦が別々の布団で寝ることが、別れの始まりだと思ってたから、布団を別々にするのだけはタブーにしていた。だからどんなにケンカしても、それだけはしなかった。背中合わせでもいいから、夫婦は同じ布団で寝なきゃいけないと思う」「激しい夫婦ゲンカをしても、同じ布団で寝れば肌も触れ合う。そうすると自然と仲直りしているんですよ」と語っていた[151][152]。そんな不遇の時代を支えてくれた最初の妻は2001年に肺高血圧症で逝去。前妻の死によって寄り添う相手の居ない「本当の孤独」に襲われたことを述べている。, 寂しさのあまりマネージャーや周囲の女性に必死でアプローチをかけたが、すべて失敗したという。その2年後の2003年4月に雑誌『女性自身』のお見合いパーティー企画で19歳年下の女性と知り合い、3年半に及ぶ交際の末、2007年1月に再婚。再婚を機に、それまで住んでいた埼玉県所沢市を離れ新居を構えた。この再婚相手の女性の娘は「蛭子さんの娘」としてテレビにも出演している(また後輩漫画家の杉作J太郎率いる男の墓場プロダクション製作の映画にて「希和」の芸名で女優デビューも果たしている)。, 両親は徳島県海部郡日和佐町(現・美波町) 出身[153]。父親の蛭子鹿之助(1905年 - 1969年)は漁師[154]。漁業の町である日和佐は、えびす信仰が根強く恵比須や戎といった地区名が数多く残っている[155]。しかし、日和佐で蛭子を名乗ったのは蛭子一家だけだったという[155]。鹿之助の生涯についてはNHK総合のドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』で詳しく取り上げられたことがある[156]。, 長男の蛭子一郎(1974年 - )はKID所属の元ゲームプログラマーで、現在はノイジークローク所属のサウンドデザイナー[157]。一郎の名前は俳優で歌手の荒木一郎から取られている。かつて日本テレビのバラエティ番組『スーパーJOCKEY』に出演し親子で熱湯風呂に入らされたこともある[158]。, 海と山と島の自然が見える故郷・長崎には思い入れがあり、実家があった場所に女神大橋の橋脚が完成したことについて、「自然の中に鉄骨がある風景はあんまり好きじゃない。島がいっぱいあって、夕日がきれいな景色とかは、ずっと大切にしてほしい」とコメントしている[159]。, 子供の頃から笑ってはいけない場面で笑ってしまう失笑恐怖症を患っており、小学校の国語の時間で教科書を朗読する際にも必ず笑ってしまい、ほかの生徒達が面白がって笑ってくれても、段々と白けていき、静かな教室で自分の苦しい笑い声と先生の怖そうな顔が目立って冷や汗をかいたという[160]。, 病院でも笑う癖があり、歯科医院の治療で顔を真っ赤にしながら笑いを我慢していると思わず涙がこぼれ、看護婦に「痛かったですか?」と勘違いされたことがある[160]。眼科で治療に臨んだ時も、目医者が頬に目薬を一滴落としただけで思わず二、三分間も笑い続けた[160]。親戚が亡くなった際にも仲が良かった親戚の女の子と葬式の一番後ろに着いて、ずっと二人で笑っていたという[156][160]。この時から常に「親の葬式の時は果たして笑わないでいられるだろうか」「どれほど深刻ぶる事が出来るのだろうか」と悩んでいたと単行本『私はバカになりたい』(1982年・青林堂)の「あとがき」で述べている。, 出演するテレビ番組でも、悲しい場面で笑ってしまい、生放送だったため、CMに切り替えられたことがある[152]。きたろうは以前に蛭子と共演した際、蛭子が「きたろうさんが刑事役をやるのがおかしい」と笑ってばかりでNGを連発してしまい、ひどい目に遭っている[161]。競走馬のテンポイントの感動シーンでも、ひとり爆笑して雰囲気を壊したことがある[162]。また、雑誌の企画で杉作J太郎の包茎手術の様子を漫画に描くため手術現場に同行した際にも「あそこがキノコ雲になってる」と終始爆笑していたことが明かされている。, 蛭子自身も「結婚式も葬式もパーティも“式”そのものがすごく苦手で特に葬式は極力行かないようにしている」と述べており[163]、知人の葬式でも「参列者全員が神妙な顔をしている」「笑ってはいけないシリアスなシーンにいる自分が滑稽」ということがおかしくて笑ってしまい、そのため「笑う悪魔」というニックネームを付けられたこともある。, 1992年に投身自殺した山田花子の自宅に弔問した時も、仏壇に向かって焼香する際に笑いを我慢することに耐えきれず、肩を震わせて嗚咽を漏らしていたという(横で見ていた特殊漫画家の根本敬とマディ上原も蛭子につられて笑いそうになった)[164]。後に蛭子は「線香を上げてるときに、オレの後ろには山田花子さんの両親がいたんだけど『頼むからそこからオレを見たら泣いてる風に間違えてくれ』と思っていた。きっと、向こうの両親にはオレが悲しんで泣いてるみたいに見えたと思う」と回想している[85][165]。, この悪い癖のため、逸見政孝の追悼番組で出演を拒否されたこともあった[164][166]。この出演を見送らせたディレクターは1994年に交通事故死しており[167]、ビートたけしも同年交通事故を起こし頭蓋骨の陥没骨折や顔面麻痺の重傷を負っている。たけしは事故の前に蛭子のサイン本を貰っていることから「呪われているんじゃないか」とも語っている[168]。1999年に逝去したビートたけしの母の葬儀に参列した時も笑顔で葬式を過ごし、北野家の遺族達を激怒させたと言う[163]。, 交通事故死した自身のファンクラブ会長の遺体と霊安室で対面した際には、棺の中に自著『なんとなくピンピン』が収められているのを見て笑いが止まらなくなったという逸話がある[12][85]。また根本敬の証言によれば『なんとなくピンピン』のサイン本を貰った人間のうち4人が交通事故に遭っており、そのうち2人は死亡している[12]。サイン本を貰っていたみうらじゅんもタイでバイク事故に巻き込まれ、麻酔も打たずに手術を受ける羽目になったという[12]。これらのエピソードから根本は「直接ではないが間接的には何人も殺している」とも語っている[85]。また根本の担当編集者であった白取千夏雄も「蛭子さんを『理解せず』付き合うと、死ぬこともあるので注意が必要だ」と警鐘を鳴らしていた[67]。, 自身の母親の葬式でも終始笑顔で、親類にたしなめられたという。26年ぶりに再会した実兄も母親の葬式を笑顔で過ごし、葬儀終了後に2人でパチンコに出掛けようとしたという[169]。ただし、最愛の元妻が亡くなった時は唯一涙を流して悲しんだ[163]。その後、「オレは両親が死んだときでさえ泣かなかった。人でなしと思われるかもしれないが、人前で変に感情をあらわにするなんて、恥ずかしいことだと思っていた。でもこの時は生まれて初めて本当の孤独というものを知ったのかもしれない」と語っている[170]。, 2020年7月、マネージャーや妻から「最近もの忘れの症状が進行している感じがある」という意見から「主治医が見つかる診療所」(テレビ東京、2020年7月9日放送)に出演し、認知症治療の専門病院で検査を実施。レビー小体病とアルツハイマーの合併症であることが判明した[171]。, この他、1994年8月に出版された朝伊達宙也の『マンガ麻雀入門』(永岡書店刊 ISBN 978-4-5222-1235-6)の監修及び本文解説文章執筆や本書内の写真出演もしている。, マガジン・ファイブ『蛭子能収コレクション 映画編』(2004年)-「砂の女」の章より。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第二章 『自己主張』はしない」の中「運も実力のうち」より。, 根本は蛭子が世間一般に認知される以前から、蛭子の動向を観察しており、エビス・ウォッチャーの第一人者としても知られ、蛭子の本質(, かつて「俺が音楽でやりたいと思ってたこと全部やられてた」と大きな衝撃を受けた事を述べている。, 日刊サイゾー、2009年4月26日『えびすビンゴ』出版記念インタビュー、蛭子能収流・今を生き抜く処世術, 『ひとりぼっちを笑うな』では「笑い話じゃなく、それはもう死活問題です。一時期よりもファンはすっかり減ってしまって、あの時は本当に困りましたよ」と述べている。, 2015年3月10日発行『実話ナックルズ 漫画BAD2 ミリオンムック』(ミリオン出版)「不道徳漫画列伝 第2回 社会の異常性を描く天才 蛭子能収」183頁。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第一章 『群れず』に生きる」の中「いじられキャラになる」より。, 「蛭子さんと意見は一緒なんだけど、本人の前だとその意味と似てることを言ったり言葉とか探すじゃん、絶対。なのに蛭子さんはダイレクトに言って…思いっきり言って、とんでもない空気になったみたいです」, 青林堂『月刊漫画ガロ』1997年3月号「特集・僕と私の脳内リゾート―ブレイン・リゾーター高杉弾とメディアマンのすべて」56頁。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第四章 『孤独』と『死』について」の中「血のつながりは信じない」より。, 青林堂『月刊漫画ガロ』1992年8月号「山田花子に捧ぐ」の中「それでは山田花子さんさようなら」より。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第一章 群れずに生きる」の中「趣味のグループは楽しい」より。, 単行本『私はバカになりたい』(青林堂刊)に収録された「普通の人々」という作品の中で「幸福そうに見える家族や恋人同士を次々と襲っては自分の不幸を他人にも押し付ける意地汚い連中がウヨウヨしている。一寸でも幸福そうなところを見られたら全員惨殺と言う事になる」という台詞が登場している。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第三章 すべては自由であるために」の中「芸能界で好きな人」より。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第二章 『自己主張』はしない」の中「わざと隙を見せる術」より。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第二章 『自己主張』はしない」の中「楽屋あいさつはしない」より。, 蛭子能収『私はバカになりたい』(青林堂刊)あとがき「私のイヤーな性格について暴露する二、三の事柄」より。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第一章 群れずに生きる」の中「葬式が〝喜劇〟に見えてしまう」より。, 『ひとりぼっちを笑うな』(角川oneテーマ21)-「第四章 『孤独』と『死』について」の中「本当の『孤独』を知った前妻の死」より。, 田中は蛭子の回答を受けて、憤慨しつつも救われた気持ちになったという。その後、田中は蛭子を“心の師匠”として尊敬する様になり、田中は蛭子と共演した際に番組内で再三感謝の弁を述べた。しかし、蛭子は田中に相談された事を憶えていなかった。この模様は, 山崎春美のスーパー変態インタビュー「女房の流産を心底喜んだ!?

青森県 建設業 等級 24, 猫 てんかん 軽度 13, バイオ ハザード Re3 ロングバレル 5, バカテス ネタバレ 雄二 6, オドぜひ 村瀬 スタッフ 5, 筋トレ 後 ヤクルト 7, ニグロパーマ パンチパーマ 違い 31, The Stem Cell ドンキ 50, パク ソンウン パーク サングウー 5, Tnt Psa Charge 11, 僕を信じろ アラジン 英語 6, ケンタッキー 国産 嘘 25, ガンダム 40周年 オフィシャルブック 感想 5, 漁港 車 中泊 7, リーボック 広島 閉店 6, Miyavi ファンクラブ 会員数 10, 庶幾の唄 フルート 楽譜 6, 町田くんの世界 動画 フル 4, モンスター 売っ てる 場所 27, 山縣亮太 プロフェッショナル 動画 4, 溺れるナイフ 見解 漫画 14, アミ 小さな宇宙人 購入 15, ウイニングポスト ダンスパートナー 産駒 5, 中国 ことわざ お金 29, ウイラニ綾華 退団 理由 25, 言葉 連想 アプリ 4, アクスタ サイズ ジャニーズ 46, ホンダ エレメント 車中泊 5, 星野仙一 墓 場所 8, サッカー スキルアップ スクール 広島 5, 青い海の伝説 シーズン 2 34, キングヌー Mステ トーク 32, 沖縄 ヤドカリ 食べる 8, Apple Pencil 第1世代 互換 9, エクストレイル オーテック 評判 8, 多 部 未華子 愛用コスメ 5, ハルメク 雑誌 評判 23, フルート 盛り上がる 曲 11, キングヌー ファン 芸能人 11, ニックネーム 英語 作成 9, Archer C6 壁掛け 7, ヒプマイ ファン 呼び方 大阪 15, Dtv すべての視聴履歴 消す 4, 中島美嘉 ファンクラブ 継続 4, Zpg Pro Handheld 4, Mozu 1話 Dailymotion 43, ずるい 人 中国語 5, 千本桜 紅 蓮華 22, L Et M わたしがあなたを愛する理由、そのほかの物語 ネタバレ 6, 足立梨花 インスタ 削除 9, 北総線 定期 Suica 4, 宇宙を駆けるよだか ロケ地 遊園地 12, 互いに素 証明 ユークリッド 23, しくじり先生 Dvd Amazon 6, ミラブル 頭皮 におい 48, 夢の島 思念公園 地球ネコ 58, 乃木坂 寮 清澄白河 20, Pso2 ファレグ 称号 12, 死命 ドラマ 感想 20, ビクター ラジカセ 修理 8, Ncis La シーズン10 ネタバレ 10, 読売テレビ 森 アナウンサー 休み 6, カウプ指数 計算 エクセル 32, Kinki Cp 数字 3文字 9, ガンプラ プラ板 ディテールアップ デザイン 14, カーテンフック クリップ 100均 7, オンヘヤ 韓国語 意味 7, あつ森 ふくろう 意味 30, Youtube Pc画面 録画 12, サイコだけど大丈夫 Netflix 何時から 14, 朝日放送 アナウンサー 学歴 14, 植松晃士 お ぐ ねー 8, レミントン 替 銃身 9, 歯 漢字 成り立ち 5, Previous Month Last Month 違い 4, 熱中症 後遺症 脳 45, Give コマンド エンチャント 統合版 14, フォトショ パース グリッド 4, クリケ Tシャツ しっかり生地 41, アーカンソー 州立 大学 著名 な 卒業生 11,